デスクトップパソコン電源ユニットの交換

先日来、電源ユニットのファンから異音が発生し出した。取り付け捻子を締め付け直すと収まって
いたのが、いよいよ止まらなくなってきたので交換する事にした。
現在の電源ユニットのスペックを確認して見ると下図の様なものである。
f0070279_23483713.jpg

 次に外形寸法を測って見ると、ATX 2.0 の標準らしく、幅150×奥行き140×高さ86mm
だった。
そこで、P工房へ行って見ると、標準規格でも、随分色々な種類のユニットが出ている。結局、
現在、430W なので、500W にしておけば、安全だろうと、玄人志向のものにした。
電源コネクター類を外して、ユニットの4本の捻子を外し、この機種の場合は天板にも1本捻子
止めしてあるのを外して、ユニットを前方にずらせて取り外す事が出来た。
尚、交換作業の実際については、下記のURLに詳しく記載してあるので参考にした。
http://www.atmarkit.co.jp/fpc/pcmainterepair/pcmr007/pcmr007_03.html
比較的、短時間で作業は終了し、接続・組み立て後、電源を入れて見ると非常に静かになって
いて、ASUS の AI SUITI で見ても温度は低いままで、安定して使えている。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-31 00:10 | ハード・ウエア | Comments(0)


<< DVDオーサリング・ツール D... .pps と言う拡張子のファイ... >>