初心者講座(2)USBメモリーについて

USBメモリーとは、USBフラッシュメモリーもしくはUSBフラッシュとも呼ばる、コンパクトサイズの携帯に便利な
メディアで、データやプログラムを保存したり、手軽に持ち運ぶことが出来るものです。
最近のパソコンには、従来使われて来た、フロッピーディスクドライブが付いていませんので、その代わりとして
このUSBメモリーが良く使われる様になりました。
 使い方は簡単で、起動しているパソコンのUSB端子に挿入するだけで、「ペコン」と言う音がして認識され、
下図の様なメニューが出ます。この時に上の枠内の文字(ドライブ名)を覚えて置きます。図では(N)
f0070279_23583845.jpg

メニューの赤丸の「フォルダを開いてファイルを表示する」をクリックすると、USBメモリーに入っているファイル
が表示されます。それがワードのファイルなら、Wクリックするとワードが起動して編集する事が出来ます。
保存する時に、上書き保存にするとUSBメモリーのファイルが書き換えられる訳です。
全ての作業が終わって、USBメモリーを取り外したい時は、画面右下の取り外しアイコンをクリックします。
f0070279_0112635.jpg

下図の様に表示が出るのでこれをクリックします。
f0070279_0141454.jpg

しばらくすると「安全に取り外すことができます」と表示されるので、USBメモリーを抜けば良いのです。
[PR]
by pcog1212 | 2009-04-23 00:20 | 初心者講座 | Comments(0)


<< 初心者講座(3)USBメモリー... JTrim で画像を縮小する >>