「RamPhantom3 FREE」が公開された。

IO DATAの直販部門 io PLAZA から、パソコンが早くなる仮想ディスクドライブ(RAMディスク)を作成する
「RamPhantom3」の無料体験版、「RamPhantom3 FREE」をダウンロードする事が出来る様になった。
この無料体験版は、バックアップ機能はないものの、インターネットエクスプローラや FireFox のキャッシュ
を 256MB まで RAM Disk で引き受けてやって呉れるので、インターネットのブラウズが大変早くなる。
f0070279_2333660.jpg

「RamPhantom3 FREE」のダウンロードは、こちら から可能である。
ダウンロードしたファイルは、RamPhantom3 Free_102.exe 5,249KB 。これを実行すると、自己解凍
されて、RamP3Free_102 と言うフォルダ内に、RamPhantom3Free.EXE 4,951KB と readme.txt
及び Manual フォルダが生成される。
インストール方法や設定方法などの取扱説明は、この Manualフォルダの中にある、index.htm をクリック
すると読み出せるが、RamPhantom3Free.EXE を実行するとインストール出来る。
インストールが終わると再起動されて、RamPhantom3 ユーティリティと言うプログラムが登録されるので、
起動すると、下図の様に現在の RAM の状態が表示される。
f0070279_1144549.jpg

RAM_DISK の設定には、左下の「プロパティ」をクリックする。全般のタグではRAMディスク容量を設定する
事が出来るが。Free版では、最大 256MB の制約がある。
f0070279_1171239.jpg

オプションにドライブレターの設定があるので、固定したい場合は、ここで設定して置く。
又、起動時に RAMディスクを有効にするとか、タスクトレイのアイコン表示もここで設定する。
次のバックアップは、Free版では対応していないので、インターネット一時ファイルのタブを開く。
f0070279_1115150.jpg

「インターネット一時ファイルをRAmディスクに設定」で使用しているブラウザにチェックを入れ「OK」を押す。
これで、RAM_DISK の設定が出来たので、再起動すると、新たな HDD として RAM_DISK が認識されて
いる。マイコンピュータで確認して欲しい。
現在、CPU=ATOM330,RAM=2MB,OS=WindowsXP のマシンにインストールして見たが快適に働いて
いる。又、OS=Windows7,RAM=2MB のマシンでも良好に働いている。
この RamPhantomFree を使って、自分のマシンで使えるかどうか試して見るのが良いと思われる。
[PR]
by pcog1212 | 2009-07-16 11:25 | ソフト | Comments(0)


<< 4年前のノートパソコンに入れた... DVDのコピーガード解除 >>