Windows7 導入まで (5) アップグレードの実行

Windows7 のアップグレード・パッケージを開封すると、下図の様になっている。
[1]にプロダクトキーのシールが貼ってあり、[2]にインストール用のDVDが2枚入っている。
f0070279_23305055.jpg

これは、32ビット用と64ビット用の2枚になっているので、インストールする時は注意したい。
今日は、Vistaパソコンに Windows7 をアップグレード・インストールした。これにより、Vista の環境をその
まま引き継ぐ事が出来るが、新規インストールより時間が掛かる。
先ず、Vista から起動して、 のインストールDVD を挿入する。
インストール画面が表示されたら「今すぐインストール」をクリックして、画面の指示に従う。
Vista の最新の更新が行われていない場合は、更新する。
インストール種類を選択する画面では、「アップグレード」を選択する。
後は、自動的にインストール作業が進むが、アップグレード・インストールの場合は相当時間が掛かる。
何度か再起動されて、インストール終了後、 のセットアップになるが、アップグレード・インストールの場合は
Vista の環境が引き継がれる。
今回は、Vista にあまり大きなソフトは入れてなかったので、約1時間20分で完了した。
但し、Vista と XP を DualBoot にして XP 優先にしてあったので、再起動時に必ず手動で切り替える必要が
あった。
いままで、Vista が働いていた環境なので、問題なく移行出来ている。但し、メールソフトだけは、7 に移行する
前に、Windows Live Mail をインストールして置く必要がある。
[PR]
by pcog1212 | 2009-10-27 00:02 | Windows7 | Comments(2)
Commented by okko at 2009-10-27 08:13 x
まだ、アップグレード版をかうのは 先になるとおもいますが・・・・

その時の参考になるので、こうやって詳しく書いていただくとうれしいです。

ネット環境は なにも変更しなくてもいいでしょうか?
Commented by pcog1212 at 2009-10-28 23:54
okkoさん 「アップグレード」インストールをすると、ネットも含めて Vista の環境がそのまま引き継がれるので
何も変更する必要はありません。入れていたソフトなども、そのまま使えました。


<< 最近の CPU の種類 デジカメ動画を youtube... >>