Windows7 導入(7) MSVCR71.DLLが見付かりません Satellaite K31

先日、発売された Windows7 Professional Upgrade 版をノートパソコンに Install して見た。
東芝の Satellaite K31 で、Core 2 Duo P8600 2.4GHz、RAM=2GB に、HDD=SATA 80GB は、
250GB のものに換装し、Windows Vista business が入っている。Office ソフトは入れず、ブログ更新
に必要なソフトしか入れて無い。メールソフトは Vista に Thunderbird をインストールして、現在の構成を
MozBackup で保存して置いた。ここにアップグレード・インストールした訳である。
Windows7 の DVD を挿入し、WindowsVista から起動すると、Windows の更新をさせられた上に、
Acronis True Image と Toshiba HDD Protection のソフトを削除する様に指示された。
作業後、改めて Windows7 のアップグレード・インストールを始める。何回か再起動したが、1時間30分ほど
で完了した。
 早速、Windows7 を起動して見ると、「MSVCR71.dll が見つからないため、このアプリケーションを開始
できませんでした。Windows をインストールし直すとこの問題は解決される場合があります」とのメッセージ
が出る。そのまま起動はするのだが、メッセージは自動的には消えない。
調べて見ると、MSVCR とは、Microsoft C Runtime Library で、VC++のランタイムである事が判った。
MSVCR71.dll をマシン内で検索して、見付かれば、Windows\system32 にコピーしてやれば解決する。
見つからない場合は、以下のサイトから入手できる。
http://www.dll-files.com/dllindex/dll-files.shtml?msvcr71
小生の場合は、System32 に旨く入れなかったので、System にコピーしたが、これでも問題なく回復した。
 尚、上記マシンにインストールした Windows7 のパフォーマンス評価は、この様なものであった。
f0070279_23404232.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2009-11-09 23:41 | Windows7 | Comments(0)


<< Windows7 導入(8) ... Windows7 導入(6) ... >>