トイデジ VQ1005 とクローズアップレンズ

携帯電話のカメラなどに使われる、接着型の Jelly Lens にクローズアップレンズがある。
f0070279_23193792.jpg

下図の様に、VQ1005 にも装着する事が出来るが、超接写になり使い方が大変微妙である。
f0070279_2323282.jpg

そこで、どんな感じで撮れるかを試して見た。これはマクロ改造後の VQ1005 で撮った、1.4×8×2cm の
ミニチュア電車の画像である。
f0070279_23283688.jpg

色と試して見ると、レンズ前から、2.5cm あたりにピントが来るらしい事が判った。
f0070279_23285542.jpg

更にマクロモードで撮った、左のマイクロSDのUSBアダプターをクローズアップレンズで撮って見た。
f0070279_23243840.jpg

25mm の治具を使うと、ここまで接写が可能である。左の上下に治具のケリが見えている。
f0070279_23325091.jpg

続いて、VistaQuest の取扱説明書(70mm×100mm)を接写して見た。
f0070279_23374682.jpg

ここまでクローズアップ出来た。
f0070279_23383098.jpg

クローズアップレンズは、本体を遠景モードにして着装したものである。
治具は、目薬のプラスティックケースを加工して、レンズに被せて2.5mmの位置に開放端を設けたもの。
これで、本体のマクロモードで、25mm 程度に近寄れ、超接写には、クローズアップレンズで 2.5mm まで
近寄れる事になった。
[PR]
by pcog1212 | 2009-12-20 23:49 | デジカメ | Comments(0)


<< ファイナライズしてない DVD... トイデジ VQ1005 のマクロ改造 >>