Windows Live メールで写真付きメールを送る。

 Windows Live メールで、写真付きメールを送る場合は、従来のメールソフトと違って、直接に写真データ
ファイルを送らず、Windows Live のサーバーに保管されます。
 メールには、これらの写真を縮小した画像(サムネイル)が表示されています。このサムネイルをクリックして
「開く」を押すとサーバーからダウンロードして見る事が出来ます。又、「保存」を押すとサーバーからファイル
をダウンロードして保存する事が出来ます。
サーバーに保存されるのは、30日間なので必要な画像は保存して置く必要があります。
 又、スライドショーをクリックすると、複数の画像を連続してスライドショーして呉れます。

作成する時は、ツールバーの「新規作成」から「写真付きメール」をクリックします。メッセージ作成画面と共に
「ピクチュア」フォルダがひらくので、添付したい写真のあるフォルダを開きます。
写真を選択し「追加」を押します。写真をすべて選択したら、「完了」ボタンを押し、メッセージ作成に移ります。
f0070279_073939.jpg

既にさきほど選択した写真のサムネイルが表示されている。サムネイルの装飾様に色々なツールが用意して
あり、木枠の横の>>を押すと、。「インスタント 写真」「メタリック」「ピン」「スポットライト」「ギザギザ」があります。
上図は、スポットライトを選択した様子です。この装飾はサムネイルにのみ適用されます。
又、写真にタイトルを付けることが出来ます。タイトルを付けたい写真にマウスポインタを持って行きます。
写真の下に「ここをクリックしてテキストを追加します」が表示されるのでここをクリックして、テキスト ボックス
にタイトルを入力し、テキスト ボックスの外側をクリックするとタイトルが入ります。
この他にも、オートコレクト(露出と色を調整)、白黒(カラーを白黒に変換)、回転(写真を90度回転する)など
のツールが付属しています。
従って、Windows Live メールでは、デジカメで撮影したままの大きいファイルを送る事が出来るのです。
但し、1通につき 500MB まで、1ケ月500枚までの画像を送ることが可能です。
届いた写真付きメールは、HTML形式で開く必要があります。テキスト形式では適切に開く事が出来ません。
[PR]
by pcog1212 | 2010-01-19 00:21 | メール | Comments(0)


<< 手の小指の関節が痛む(ヘバーデ... 画像をWクリックすると ado... >>