古いパソコンをリカバリーしたが起動しない

2001年製の Sony Vaio PCV-LX33/BP デスクトップパソコンである。WindowsXP の初期製品だが、
最近、起動時に英文のメッセージが出て、F1を押さないと起動しなくなっていた。
そこで、リカバリーディスクを使ってリカバリーし、アプリケーションのリカバリーが済んでも、再起動すると、
F1を押さないと継続して呉れない。Windows のアップデートをしていると、遂にシステムエラーが出て、
全く起動しなくなってしまった。
これは、HDDの故障かと見当を付けて、同じ容量の別のHDDに換装した。この型のマシンの換装方法に
ついては、http://www.bunkai.jp/index.html を参考にした。
その上で、出荷時の状態にリカバリーして、WindowsXP SP2 も入れ、Office も入れて使う事が出来て
いる。
そこで、取り外したHDD Maxtor 80GB を別のデスクトップマシンに接続して、CrystalDiskInfo を使って
調べて見た結果が下図である。明らかに「異常」警告が出ているので、このHDDは引退させざるを得ない。
f0070279_0305524.jpg

次に、現在使用していない、別の HDD Maxtor 60GB も CrystalDiskInfo を使って調べて見た。
f0070279_142344.jpg

こちらは「注意」が出ており、代変処理セクターの数が随分増えているので、これも寿命が近いらしい。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-08 00:33 | ハード・ウエア | Comments(0)


<< Windows7 システム修復... 古いOSのプリンタドライバは無... >>