Windows7 システム修復ディスク

Windows 7 で重大なエラーが発生した場合に備えて システム回復オプション という機能が用意されている。
この機能が利用できないほど重大なエラーが発生したり、あるいはメーカー製 PC でシステム回復オプション
が利用できないようになっている場合に備えて、システム修復ディスクを作成しておいた方が良い。
1.[コントロール パネル]-[システムとメンテナンス]-[バックアップと復元] を開く。
f0070279_11343747.jpg

2.左側の窓で、[システム修復ディスクの作成] をクリックし、
3.DVD-R のメディアを挿入して、画面下の「ディスクの作成」をクリックすると修復ディスクが作成される。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-10 11:39 | Windows7 | Comments(0)


<< 最近のパソコン事情 古いパソコンをリカバリーしたが... >>