Audacity でクロスフェードする方法

Audacity で2つの曲をクロスフェードする方法について。
Audacity の左上のコントロール・ツールにタイムシフトツール(下図赤枠)というのがあります。
これでトラック毎に再生開始時間を前後に動かす事が出来ます。
先ず、メニューバーのプロジェクトファイルから、曲ごとにトラックを設定する。
下図は新規ステレオトラックとし、そのトラックに次の曲をペーストして置く。
それぞれの曲のフェードイン、フェードアウトの設定をする。
タイムシフトツールで、前の曲の尻尾と次の曲の頭を重ねる。
これでクロスフェードになるので、モニターして好みの重なりになる様に調整する。
f0070279_1263316.jpg

タイムシフトツールを使った後は、混乱しないよう選択ツール(左上の )に戻して置く方が良いと思います。
尚、曲ごとにトラックを設定しないと、全体が前後に動くだけでクロスフェードにはならないので要注意です。
この状態からファイル-MP3の書き出しにすると、下記の表示が出て、トラックは合成され一つの曲になります。
f0070279_9385852.jpg

又、Audacity の詳しい取り扱い説明については、こちら が参考になると思います。
[PR]
by pcog1212 | 2010-09-21 01:28 | オーディオ | Comments(0)


<< FLV形式の動画をDVDに、V... Apple Wireless ... >>