K31のHDDをSSDに換装して見た

東芝 Dynabook Satelite K31 の 250GB HDD を Intel の 120GB SSD に換装して見た。
250GB HDD は、C=90GB、D=160GB に分割して使用していた。Intel SSD に付属していた、
Intel Migration Software を使って HDD の内容を SSD にコピーしようとしたが、Cドライブ単独
のコピーは出来ず、Dドライブもコピーされてしまった。コピー後の SSD パーティションは結果的に
C=37.5GB、D=74.2GB になった。
f0070279_2344998.jpg

デバイスマネージャでディスクドライブを見ると、下図の様に表示されている。
f0070279_23485132.jpg

Windows の起動は、極めて早くなったので、パーフォマンス評価を調べて見た。
f0070279_2350229.jpg

ディスクのデータ転送速度は、5.3 から 7.6 に向上していた。
このままでは、Cドライブの容量不足が心配されるが、もう少し使って見て対策を考える予定である。
f0070279_23564040.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2011-01-06 23:54 | ハード・ウエア | Comments(0)


<< Vdownloder が XP... 続・百均のカードリーダー >>