スリムケースの core i3 マシンを使って見た。

そろそろ Windows7 に乗り換えるについて、OSは先に購入してあったので、P工房の通販から、
Amphis BTO SL540iCi3 を購入した。CPU=core i3、RAM=4GB、HDD=500GB、Multi Drive
と言う構成である。筐体はスリムタイプなので、内部は少し狭い感じである。
f0070279_23333349.jpg

左上が 300W の電源部、右上が光学ドライブでその下に5インチの HDD が取り付けられている。
右下に 3.5インチベイが2つ空いているので、ここに SSD が取り付けられるかも知れない。
USB 端子は前後に4つづつあり、更に背面には USB3 の端子が2つある。
Windows7 professional をインストールして、マザーボードのドライバーをインストールした。
f0070279_2342133.jpg

パーフォーマンス評価は、5.2 と出ているので詳細を見ると、まずまずバランスが取れている。
f0070279_23443064.jpg

HDD は二分割してインストールし、Dドライブはデータ用とした。
入れたソフトは、Microsoft Office2007、デジカメde!!同時プリント9、筆まめ21、B'sRecorder10
と、ATOK2011、それに USB型の無線LAN 子機を接続して設定して、なかなか快適に使えている。
拡張性を重視しなければ小型で静かなマシンである。
で、とりあえずこのマシンからの投稿して見た。

Core2Duo のマシンでの評価と比較して見ると興味深いものがある。
Core2Duo の評価
[PR]
by pcog1212 | 2011-03-29 23:55 | ハード・ウエア | Comments(0)


<< 右手小指の「粘液嚢腫」と左手中... 東芝 satellite T4... >>