マウスポインタが右下へ行くと画面が消えてしまう

Windows7 では、マウスポインターを画面の右下に持って来ると、表示されている画面が枠だけに
なって、デスクトップの状態を見る事が出来る、デスクトッププレビュー機能があります。
何かの作業中に、たまたまマウスが動いて右下へ行くと、パッと画面が無くなった様になります。
そこで、この機能を無効にする方法について。
画面下のタスクバー上の何もない部分で、マウスを右クリックすると下図の様にメニューが出ます。
f0070279_23344367.jpg

表示されるメニューから[プロパティ(R)]をクリックします。
f0070279_23355470.jpg

[Aero プレビューを使用してデスクトップをプレビューする(P)]のチェックを外して「適用」
「OK」を押すと、デスクトッププレビューの機能は無効になり、マウスボインターが右下に行っても、
画面は変わらなくなります。
この状態でも、画面右下隅のボタン「デスクトップの表示」をクリックするとデスクトップ画面だけ
になります。再度、押すと元に戻ります。
尚、このショートカットキーは、「ウインドウキー+Dキー」で、同じ操作が可能です。
[PR]
by pcog1212 | 2011-05-06 23:39 | Windows7 | Comments(0)


<< XPマシンから 7 マシンへの... セル内の文字列を操作する >>