デスクトップPCのHDDをSSDに換装して見た。

先にノートパソコンのSSD化について述べたが、起動時間の早さ、内部処理の速さから、デスクトップPCでも
SSDに変えて見ようと思い立ち、今回はインテルの510 Series SSDSC2MH120A2K5を使って見た。
f0070279_0445426.jpg

HDDの内容転送には、無料のインテル・データ・マイグレーション・ソフトウエアが入手できるとあるので、
http://www.intel.com/go/ssdinstallation から、th_s_japanese_build_14135.exe をDLした。
このソフトは、Acronis のインテル専用ソフトで、USB 接続した SSD に、簡単にCドライブの内容をコピー
して呉れる。但し、同一スピンドル上でパーティションが切ってあると、そちらもコピーしてしまうので要注意。
あらかじめ、マイドキュメントなどのフォルダーはCドライブ以外に変更して置いて、マイグレーションソフトを
起動してコピーしたものを、ディスクトップPCに取り付け、BIOSで起動順位を変更するとSSDから起動する。
CrystalDiskInfo で調べた結果は、
f0070279_15390.jpg

CrystalDiskMark の結果は、IDE モードのままでも下記の様な成績であった。
f0070279_173380.jpg

下図は、同じ条件での HDD のテスト結果である。
f0070279_195460.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2011-07-13 01:12 | ハード・ウエア | Comments(0)


<< SSD と HDD のバフォー... Youtube をブログに貼り付ける >>