オーディオフォーマットについて

■AudioEncorder で出て来るオーディオ形式についての説明
 ●Ogg Vorbis
  フリーのフォーマット。MP3と同等のレートでもMP3より音が良い。
  低ビットレートの音質は一番。
  品質設定(VBR)・ABR・CBRに対応しています。
 ●WAVE
  無圧縮のデータです。CDに焼くときや、WAVEにしか対応していないソフトで
  使うために使います。
 ●Monkey's Audio
  可逆圧縮のフォーマットで、全く音質が劣化しません。
  またエラーチェックもついています。
 ●FLAC
  Monkey'sAudioと同じく可逆圧縮のフォーマットです。
  OggMultimediaFrameworkに加入し、OggFLACなるものもありますが
  Oggコンテナの性能が、FLACストリームより悪いため
  OggFLACには今のところ対応していません。
 ●MPEG Audio Layer-3(MP3)
  WAVEの約10分の1にまで圧縮してしまうフォーマット。不可逆圧縮です。
  AudioEncoderでは、LAMEのDLLを使用しています。
  CBR、ABR、VBRに対応しています。
 ●Windows Media Audio(WMA)
  Microsoftが開発したオーディオ圧縮。
  ほとんどのWindows環境で再生できる。
  AudioEncoderでは、WindowsMedia バージョン9以降に対応しています。
 ●TwinVQ
  CDと同等の音質で18分の1にまで圧縮できると言われるフォーマット。
  ポータブルプレイヤーなどで採用されている。エラーに強い。MPEG-4で採用されている。

○MP3 から WMA への変換は、Windows ムービーメーカーを使って変換出来る。

○MIDI から Ogg/MP3 への変換は、Audio Encorder で可能である。
[PR]
by pcog1212 | 2006-04-12 20:03 | オーディオ | Comments(0)


<< SoundEngine の M... 音声形式コンバーター Audi... >>