デスクトップコンピュータの更新

今まで使ってきたデスクトップパソコンは購入後6年を経過した、Core2Duo のものなので、そろそろ処理速度が
気になって来た処で、更新を考えました。
P工房の通販から、MN5020-i3-HLB [Windows 7] ¥60,960を購入しました。
BTOで、CPU を Core i5-4570(3.2-3.6GHz/4コア/4スレッド/6MBキャッシュ/TDP84W)に変更したものです。
f0070279_23515339.jpg

RAM は、DDR3-1600 4GB×2 (計8GB) 、HDD は、500GB 3.5インチ Serial-ATA HDD
この構成に、手持ちの Intel SSD120GB を追加して起動ドライブとしました。図右下 HDD ケースに2段積み
にしています。光学ドライブは、LG GH24NSxx DVDスーパーマルチドライブ、チップセットは、インテル(R)
B85 Express チップセット、グラフィックアクセラレータはオンボードで、インテル(R) HD Graphics 4400
電源は、450W、ミニタワーMicroATXケース HEC 6T16-04[フロントUSB2.0、背面 USB3.0]
その結果、ハーフォーマンスが向上し、起動時間が驚くほど短くなりました。
f0070279_23564448.jpg

評価は、HDD 起動の場合が、5.9 でしたが、単体では 7.5 まで上がり、総合で 6.6 になったものです。
[PR]
by pcog1212 | 2013-12-30 23:59 | ハード・ウエア | Comments(0)


<< Windows7が勝手にスリー... 高齢者の肺炎は突然やって来る >>