XPマシンを Windows7 にする

マイクロソフトによると「2014 年 4 月 8 日(米国時間)以降は Windows XP サポートが終了することで、
セキュリティ更新プログラムの提供や、仕様変更、新機能のリクエストなどが受けられなくなります。また、
この日以降、Windows XP から Microsoft Security Essentials をダウンロードする事も出来なくなる」
と言うことなので、2009/06/22 に購入した WindowsXP のマシンに Windows7 が入らないか試して見た。
対象にしたのは、マウスコンピュータの EGPA33DR32XP である。
Windows7 Upgrade Advisor をインストールして実行した結果は、下記の様で何とか入れられそうである。
f0070279_2394398.jpg

早速、Windows7 32bit版の DVDを挿入して、クリーン・インストールした。システム更新が99個もあったので
時間が掛かる。無線LAN はパスワードの設定をし、securityessential を入れた後、Windows Updateで
SP1 を入れたが、相当時間がかかった。システム情報は下図の通り。
f0070279_23205070.jpg

パーフォマンス評価は、グラフィックスで落ち込んでいるので、システムの詳細設定で視覚効果を減らして見た。
f0070279_23254646.jpg

それにしても、CPU:ATOM330 で RAM=2GB のマシンでここまで働けば良しとすべきだと思われる。
その後、インターネットエクスプローラが IE9 だったので、IE11 にアップデートした。
[PR]
by pcog1212 | 2014-03-16 23:35 | Windows7 | Comments(1)
Commented at 2014-04-15 10:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ドコモメールに返信出来ない Office2010でメールの... >>