HP Stream Mini 200-020JP のストレージ増設

4月15日に入手した、HP Stream Mini 200-020JP のストレージ増設、メモリー追加の報告です。

f0070279_17332218.jpg


正面に右から電源スイッチと USB3 の端子が2つ、右側面のスロットは SD メモリー用です。

HP Stream Mini 200-020jp の主な構成

OS   Windows 8.1 Update 64bit
プロセッサ   Celeron 2957U(1.40GHz)
グラフィックス   インテル HD グラフィックス
メモリ   2GB(2GB×1/PC3L-12800/2スロット/最大16GB)
ストレージ   32GB SSD(M.2/SATA/SanDisk製)
光学ドライブ   なし
無線機能   IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
拡張ベイ   2.5インチ×1
拡張スロット   M.2 (SATA) Type2242、M.2 (PCI Express) Type1630
電源   45W 外付けACアダプター
サイズ   145×146×53(幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約550g

小型、軽量でファンの音も極めて静か、惜しむらくはストレージ 32GB は少なすぎるが、2.5インチの拡張ベイが
あるのと、メモリースロットに1つ余裕がある。
 付属の拡張キットを使うと、保証外にはなるものの、ドライバー1本で、分解組み立てが簡単に出来る。
手持ちの Intel 120GBSSDを組み込む事にした。
 そこで先ず、回復ドライブを 16GB のフラッシュメモリーに作成した。方法は下記 URL を参照の事。
http://tidoriashi.exblog.jp/21697296  約 6GB程度だった。

 HPを解体して、M2.32GBSSD を取り外し、Intel 120GBSSD 6G/s (INTEL SSDSC2MH120A)を
2.5インチの拡張ベイに取り付けて、先に作成した回復ドライブを使ってリカバリした。
 尚、HPのBIOSは、起動時にESCボタンを押し続けると起動メニューが出るので、F10を押せば良い。
f0070279_17575614.jpg


BIOSの起動メニューで USB を優先とし、リカバリUSBから新規インストールした。時間は掛かったが、全て
Cドライブに入れても快適である。CrystalMark とディスク管理のデータを取る。
リカバリ直後、101GB/105GB、Kingsoft,GoogleChrome 、cLassicShell,ATOK2015で100GB、 になった。
f0070279_1812411.jpg

尚、Eドライブは、側面のスロットに挿入した 32GB SD Memory である。
f0070279_1815058.jpg


 HPを分解して、M.2.Sundisk32GB SSD を取り付ける。BIOS を起動してメディアを確認し、起動順序を
Windows Boot Manager にした。これで、Intel120GB がCドライブ、Sundisk32GB がDドライブになった。
f0070279_17595694.jpg


Dドライブをフォーマットし、同時プリントのFILMS とダウンロードを移行した。

 Amazon に発注していた、2GB RAM(Transcend TS256MSK64W6N) が入荷したので取り付けた。
これで RAM=4GB になった。crystal Mark 測定。
Firefox を入れて、Evernote web Clipper のアドオンを入れ、Google も同様にする。筆まめ25を入れた後、
Windows のアップデートなどで、結局、残容量 83GB になっている。

f0070279_1844747.jpg

f0070279_185828.jpg

f0070279_1852517.jpg


 ここまで来ればディスク 0 の 32GBSSD は、完全にフォーマットしても問題ないので統合して見た。

f0070279_12562943.jpg


 尚、外付けBDドライブ(IOデータの BRP-U6X)をバスパワー接続している。

 Windows8.1 では省略されてしまった、「Windows エクスペリエンス インデックス」は、フリーソフトの
Winscoreshare を使って測定すると、 4.4 だった。これならサブマシンとして充分に使える性能である。

f0070279_23522191.jpg


 HP付属のマウスとキーボードは本体に比べて大きすぎるのが難である。
[PR]
by pcog1212 | 2015-05-07 18:09 | Windows8 | Comments(3)
Commented by イプシロン at 2015-08-07 20:18 x
はじめまして。私も同型機を購入しました。
じいじ様の記事を参考にSSDの交換を行い、無事成功いたしました。
私の場合、32GBのSSDは使用しないつもりでしたので、CFD社の128GB SSDのみとしてありますが、
回復ドライブ(D)をCドライブに統合することが出来ませんでした。
Dドライブは容量が目一杯ですので、容量不足の警告メッセージが頻繁に出ています。
精神衛生に悪いので、警告を表示させない設定にしていまいましたが、根本的な解決とは言えません。
不躾ではありますが、じいじ様が施工された手法を御教授頂けないでしょうか?
Commented by pcog1212 at 2015-08-08 14:07
特別な事はしておりません。
 HPを解体して、M2.32GBSSD を取り外し、
Intel 120GBSSD 6G/s (INTEL SSDSC2MH120A)を
2.5インチの拡張ベイに取り付けて、
先に作成した回復ドライブを使ってリカバリした。
 この状態では、120GBSSD がCドライブになり、リカバリによって
 全てがCドライブに入るので、しばらくはこのまま使って居ました。
 従ってDドライブがありませんので、容量不足も出ませんでした。
Commented by イプシロン at 2015-08-08 15:57 x
御解答ありがとうございます。
私の場合は、回復パーテーションが、Dドライブ(ドライブ名:image)となってしまいました。
リカバリも、やりなおしたのですが状況は変わりませんでした。
ボリュームの変更も上手くいきませんでした。
Dドライブとされた部分は容量がギリギリの状態ですので、当然、PC側からは、警告を出し続けるわけです。
じいじ様に記事には、その辺りに言及されてませんでしたので、何か、私とは異なる手法をとられたものと解釈し、
質問させて頂いた次第です。

おかげさまで、Dドライブとされてしまったパーテーションは、ドライブ名を削除すれば良いと分かり、
先程、フリーツールを用いて無事削除いたしました。
これで、全てがCドライブとなりましたので、空き容量の問題も解消し(実際は何も変わってない筈ですが、)
警告も出なくなりました。

私の様な無知な人間には、此方のような、解説画像のあるサイト様は大変助けになります。
これからも、頑張って下さい。ありがとうございました。


<< Windows10を入手する Windows8/8.1で B... >>