日本語変換 MSIME がローマ字変換に変わってしまった

 日本語変換に Windows付属や MSOffive 付属の MSIME を「かな漢字変換」で使っていたのが、突然に
ローマ字変換に変わってしまった。
 私は日頃、ATOK を使っているので、ローマ字変換になると言語バーに「R」と表示されるので判るのだが、
MSIME の場合は、ローマ字変換中である表示が非常に判り難い事に気が付いた。
MSIME で文章を入力しようとしても、いつもの様に漢字が出ず、アルファベットが出るのでようやく気が付く始末である。

 ローマ字変換になってしまったものをかな漢字変換に戻すには、言語バーのIMEのアイコンを右クリックする。
f0070279_011383.jpg

プルダウンメニューが出るので「設定」をクリックする。
f0070279_0125986.jpg

上の画面が表示されるので、処理したい IME を選択し、「プロパティ」を開く。
f0070279_0161816.jpg

上の画面で、赤矢印の▼マークを押して「かな入力」にし、「適用」を押して「OK」を押せば完了である。
[PR]
by pcog1212 | 2015-06-18 00:19 | 日本語変換 | Comments(0)


<< 無料大容量ファイル転送サービス... Windows10を入手する >>