Intel NUC Kit NUC5i5RYH

無謀にも、Intel NUC Kit NUC5i5RYH を手に入れて、Windows8.1 を組み込んで見た。
これは、あくまでも Kit なので、CPU 以外の、メインメモリーやストレージなどは用意しなければならない。
外見は非常に小型で、先のHPより一回り小さい感じである。
f0070279_23213335.jpg

底面の足付きプラスネジ4ケ所を外せば、簡単に分解できる。
f0070279_23234482.jpg

外れた底面側に2.5インチベイが見える。
f0070279_2324585.jpg

右側に主要部分が集まっている。写真上部に、Kingston KVR16LS11/8 DDR3L-1600 8GB。
f0070279_23272997.jpg

このメモリーは、1.35V 専用なので要注意である。1.5V 兼用のものは使えない。
その下左に見える黒い端子は、2.5インチ用の SATA端子で、その下に、M2 タイプの SSD ソケットがある。
今回は、Transcend の MTS800 SATAⅢ 6GB/S M.2 SSD 128GB を使用した。これがCドライブになる。
2.5インチベイは、裏蓋に取り付けられているが、SSD を挿入するだけで自動的にクランプされる。
但し、一旦挿入した SSD/HDD を取り外すのは、少々面倒で、4本のベイ取り付けネジを外して、SATA ソケット
のネジも外して、端子を外してから、側面の抑えバネを緩めてやる必要があった。こちらはDドライブでむある。
f0070279_23433312.jpg

今回は、Intel 2.5インチ SSD 128GB 3GB/S を使用した。これは勿論 HDD でも構わない。
ハードウエアとして、他に用意したのは、ポータブルDVDドライブ、miniHDMI⇔HDMIケーブルとキーボード
とマウスは、Logicool のmk240 ワイヤレスコンボである。
OSは、昨年4月にネットで購入しておいた、Windows8.1 なので Update に時間が掛かった。
 上記の構成で、早速、インストールして見た。問題なくインストール出来たものの、マザーボードのドライバー
が入っていないので、無線LAN も何も効かない。で、Intel のHPから Windows8.1 64bit 用をダウンロード
して来た。先に、NUC5i5RYH サポートサイトを読むべきであった。

以上、取り敢えずの報告である。

f0070279_1582591.jpg


f0070279_1592886.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2015-07-06 00:00 | Windows8 | Comments(0)


<< CMT-SX7 でWindow... 無料大容量ファイル転送サービス... >>