無料のオフィスソフト WPS Office(Kingsoft Office 2014)の日本語化

WPS Office をインストールして、日本語化しようとした時に、そのファイルの所在が判り難くて困っていたのですが、
何と左のバージョンラインを選択するだけで、簡単に見付かりました。

Ja_JP(日本語の言語データ)をインストール
言語データを入れるために,Kingsoft Officeのコミュニティサイトにアクセスします.

サイトURL: http://wps-community.org/
トップページ上のメニューからDownloadのページへ移動し、さらに,Downloadのページ内にあるリンクで、
「wps-office-mui-ja-jp_9.1.0.4751~a15_all.deb」を探してダウンロードします.

このファイルの場所が判らなかったのですが、左側のバージョンラインから[a15]を選択すれば出て来ます。

f0070279_2359180.jpg


ダウンロードした.debデータを解凍するには,tar形式のデータを解凍するのに,フリーの圧縮・解凍ソフトを使います.
LhaForgeなどが.debの解凍に対応しています.

解凍したフォルダ内にある「data.tar.xz」をさらに解凍すると,データの最下層に「ja_JP」フォルダがあるので,
これをコピーします.

この 「ja_JP」の中に言語データが入っています.そして,この言語データを以下の場所に貼り付けます.

"WPSインストールフォルダ"\9.1.0.4759\office6\mui\

(私の場合、C:\Users\PCOG\AppData\Local\Kingsoft\WPS Office\9.1.0.4674\office6\mui\)

ここに貼り付けると、muiフォルダの中に 「ja_JP」が追加されています。

この状態でWriterの言語選択画面を見ると日本語の選択が可能になっているので,日本語を選択して、
「OK」を押し、Writerを再起動します. 

この操作で、他の WPS Spredsheets も WPS Presentation も日本語化されています。

尚、helpの日本語化の方法は,

\office6\mui\default\l10n\common.cfgの26~28行目にある

HELP_PAGE_WPS = "http://help.wps.com/"
HELP_PAGE_WPP = "http://help.wps.com/"
HELP_PAGE_ET = "http://help.wps.com/"

の” ”内をそれぞれ日本版使い方のURLである

https://support.kingsoft.jp/category/kso/howto_use_writer
https://support.kingsoft.jp/category/kso/howto_use_presentation
https://support.kingsoft.jp/category/kso/howto_use_spreadsheets

に書き直すと便利です.
[PR]
by pcog1212 | 2015-09-11 00:02 | MS Office | Comments(0)


<< Windows10 にアツプグ... ASUS X200MA を W... >>