V-LOW マルチキャストを受信して見た。

2011年7月にアナログTVが終了した後の、VHFのチャンネルは、1チャンネルから3チャンネルが
「VHF-LOW(通称V-LOW (ブイ・ロー))」、10チャンネルから12チャンネルが「VHF-HIGH
(通称V-HIGH(ブイ・ハイ))」と呼ばれています。

 この V-LOW を使った、デジタル・マルチメディア放送が近畿でも3月から始まっているのです。




 中でも i-dio は、全国6社、7エリアのマルチメディア放送会社が地域ごとの特性にあわせたサービスを
提供しており、電波が受けられなくても、WiFi 接続で、スマホやタブレットに各種のサービスを提供している。

 音楽の配信も JAZZ から Classic まで幅広い分野から選択出来るのが嬉しい。

 アンドロイドも iOS も共に、無料で専用ソフトがダウンロード出来るので簡単です。
但し、Andoroid 4.2 以降、iOS 8.0 以降に対応している。
Andoroid は、Google Play から、iOS は、App Store から i-dio を検索してダウンロードして下さい。

受信例のサンプルを こちら にUPしました。タブレットは、ASUS の MEMO PAD です。

 一方、メニューの中に「AMANEK ch」があったので、スマホ の i-dio の中からインストールして見た。
f0070279_23431777.jpg

これは自動車などの移動体に、i-dio の全ての ch を送り、適宜、交通情報なども流すのだと言う。
f0070279_2349856.jpg

AMANEK から各種 ch を選択する事も可能。
f0070279_23481069.jpg

例えば Classic ch
f0070279_23514822.jpg

指先で、画面を UP/DOWN するだけで音量調節が出来る。
スマホなら、設定から端末情報をクリックすると、ANDROID のバージョン情報も確認出来る。
f0070279_23565514.jpg


更に、スマホもタブレットも、BlLUE THOOTH の機能ががあるので、外付けのブルーツーススピーカーが
あれば、自動車でなくても BGM マシーンとして楽しめそうである。
[PR]
by pcog1212 | 2017-03-05 23:38 | Nexus7 | Comments(0)


<< ブルーツース スピーカー SO... 「ライブメールが1月10日でサ... >>