アナログ音源のデジタル化

1.「♪超録 - パソコン長時間録音機 フリーウェア版」を使ってカセットテープの音を取り込む。
このソフトは、マイク・テープ・MD・レコードなどから、WAV/WMA/OGG/MP3を作成する
事が出来ます。下記のURL にあるので、ダウンロードしてインストールして下さい。
http://pino.to/choroku/index.htm
後は、各設定を確認し、録音開始ボタン押し、パソコンの音声入力に接続した音源をスタートさせる
だけで良いのです。
f0070279_118242.jpg

このソフトの制限は、1回の録音時のトラック数を8つまで、連続録音時間は90分までです。

2.これ以外に、Audacity と言う、フリーの非破壊サウンド編集ソフトがあります。非破壊編集の
ため処理が速く、音声の切り出しやエフェクト処理といった編集内容のアンドゥ・リドゥが無制限なの
が特長です。WAVE/Ogg Vorbis/AIFF形式の音声ファイルを読み書きすることができます。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/soundedit/audacity.html
こちらも、操作方法はほとんど「♪超録」と同様に簡単に行えます。
f0070279_1050971.jpg

MP3エンコーダー「LAME」をインストールすることでMP3ファイルにも対応しています。
http://lame.sourceforge.net/
[PR]
by pcog1212 | 2006-09-29 11:02 | オーディオ | Comments(0)


<< CATV系でインターネットに接... テキストを画像に回り込ませるには >>