リムーバブル・メディアのランチャー

USB メモリーとか CD の様なリムーバブル・メディアに自動起動するランチャーを組み込み
たいと言う希望が以前からありました。
フリーソフトの中から、PStart と言うソフトを見付けたので試して見ました。

英語版ランチャーソフト PStart
http://www.pegtop.de/start/
PStart 日本語化パッチ
http://xworks.org/works/localize/noncategory

それぞれをダウンロードし、HDD に保存して、日本語化パッチを実行する。
アップデータのダイアログが開くので「はい」をクリックし、
差分適用フォルダ入力画面になるので、英語版を保存したフォルダを指定してOKを押す。
これで PStart の日本語化が出来上がるので、Wクリックしてインストールを実行する。
インストール先は USBメモリーなので「ポータブルセットアップ」を選び、メモリーのドライブ名を
指定する。これでインストールは完了する。
f0070279_238227.jpg
PStart にソフトを登録するには、ソフトがUSBに
コピーしてあるとして、PStart を起動し、項目タブ
の中で、右クリックして「ファイルの追加」を押し、
ソフトの実行ファイルを指定する。
あるいは、実行ファイルを項目の中にドラッグして
来てドロップしても良い。

左図の例は、欲張って沢山のファイルを入れたが
USB メモリーに入れた例である。






次に、Autorun.INF と言う名前のファイルを作成
する。これは、メモ帳に次の様に入力して
------------------------------------------------
[AutoRun]
icon=¥SMRTNTKY¥fcw.ico
OPEN=PStart.exe
Action=PStartを開始
shell=open
shell¥UnplugDrive¥command=UnplugDrive.exe
shell¥UnplugDrive=USBメモリの安全な停止
---------------------------------------------------
Autorun.INF と言うファイル名で USBに保存する。
尚、アイコンは既製のものを流用したので、こんな形になっている。
これで、USBメモリーを挿入すると、リムーバブルディスクの起動メニューが表示されるので、
その中の、PStartを開始を選んで「OK」クリックすれば良い訳である。
f0070279_23333760.jpg

PStart の中のプログラムは、Wクリックして実行する。
尚、このUSBメモリーの内容をCDに焼くと、CDを挿入する事によって USBメモリーと同じ動作
をするのでCDにも応用できる。
その後、この USBメモリーを VISTA でも試して見たが問題なく働いた。
但し、CDの方は、VISTA に入れた処メニューまで出たもののソフトの起動は出来なかった。
又、日本語化が面倒であれば、英語版のままで、メニューを日本語で書いても問題なく使える
ので試して見る事をお薦めする。
[PR]
by pcog1212 | 2006-12-18 23:29 | ソフト | Comments(0)


<< Windows Vista の... マースク・シーランドの入出港予定 >>