デジカメで何処で撮ったのか?判らなくなった時に!GPS-CS1K

 デジカメで撮影する様になって、撮影枚数がべらぼうに増えてしまったので、一体、何処で撮った
画像かと判らなくなってしまう事がしばしばある。
 色々調べて見ると、SONY から GPSユニットキットとして、GPS-CS1K と言うものが発売されて
いた。価格も、ヨドバシで ¥13,800 と手頃でなので早速入手して使って見た。
f0070279_2371823.jpg
 
フィルムケースより一回り大きいくらいの寸法である。 大きさ:約 幅87×高さ36×奥行36mm
電源:単3形アルカリ乾電池×1または、単3形ニッケル水素充電池×1、重さ:約55g(電池不含)
付属品:カラビナ、Mini USBケーブル、CD-ROM(GPS Image Tracker、Super Mapple 他)
付属の GPS Image Tracker をインストールして、撮影時に持ち歩いたGPS-CS1K を USBに
接続し、LOGデータを取り込んで、その上にカメラからの画像を組み込めば、EXIF 情報の中に
緯度/経度が読み込まれる。ソニーのデジカメが対象になってはいるが、他社のカメラでも使える。
f0070279_23365328.jpg

そこで、このファイルを右クリックし、Locate Spot on Map by GPS をクリックすると
f0070279_23155890.jpg

Google Map が開いて、撮影した場所が表示される。ほぼ10m くらいの誤差で表示された。
f0070279_23192959.jpg

これは、元住宅展示場入り口付近で撮った画像の GPS データによる表示である。
大阪のKAWAさん作成のGPS-CS1K用 GoogleMaps表示ツール(Ver.1.0.3) が有効。
http://tnkb.cocolog-nifty.com/blog/
撮影時に GPS-CS1K を持ち歩く必要はあるが、旅行地などでの撮影を楽しみにしている。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-10 23:23 | デジカメ | Comments(0)


<< 添付画像が旨く印刷出来ない デスクトップの画像をキャプチャ... >>