手習い4.手習いの準備は

手習いの準備として、何をして置いたのかと言うと、下記のお願いをした。
1.「パソコンを始めよう」と言うムック本の「キーボードの説明」を見て、パソコンの実物が届く前
 からキーの名前と配置を覚えて置く事。
2.「どうしてそうなるの?」と言う疑問を捨てて望む様にする事。
3.操作手順は、一度くらい聞いても直ぐに忘れるので、メモをして自分なりに理解する様に。
 何度聞いて貰っても結構です。
4.砂時計のアイコンが出ている間は、作業中なのでイライラしないで待っている事。
5.習うより慣れよと言う言葉は、パソコンの操作の為にある様な格言である事。
6.最も自分が興味を持っている(したいと思っている)事から始める事。

 それで、「ワード」による縦書き文書の作成から入る事になった。

 今まで、欧文タイプも和文タイプも触った事がないとの事なので、シフトキーの使い方、かな
キーと英数キーの説明が必要だった。

 かな漢字入力が希望だったので、「を」や「ゅ」の出し方、数字の出し方なども説明が要った。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-07 23:36 | 80の手習い | Comments(0)


<< 手習い5.その後の手習い 手習い3.プリンタの設定 >>