手習い7.質問(2)エンター・キー、カーソル、文字列の移動

エンター・キー
 エンター・キーは、かな漢字変換中は、変換した漢字を確定する為に使い、それ以外は、改行
(行を変える)の為に使う。
 改行した場合は、改行マーク( 」)が表示されている。但しこのマークは印刷されない。

カーソル移動
 カーソルとは、文字を入力する時に出ている、点滅する細い棒の事である。文章を書き始める
時や修正する時は、その位置にカーソルを持って行かなければならない。
カーソルを動かすのは、マウスでクリックするか、矢印キーを使う。
 現在入力している処より前の方の間違いを訂正する時は、カーソルを間違いのある文字列の
左(上)に移動して訂正してから、間違いの文字列を削除する。

文字列の位置を動かすには
 文字列を右(下)に動かすには、動かしたい文字列の文頭にカーソルを置き、スペース・キー
を押す。
 文字列を左(上)に動かすには、動かしたい文字列の文頭にカーソルを置き、バックスペース・
キーを押す。
 つまりスペース(空白)と言う文字を挿入・削除して文字列の位置を動かす訳である。

 かな漢字変換中のスペース・キーは、変換キーとしての役目で、それ以外の時はスペース
(空白)を入力するキーである。

 空行を下(左)に作る時は、カーソルを行末に置いてエンター・キーを押す。
空行の削除は、削除したい行の行頭にある改行マークにカーソルを置き、DELキーを押す。

註)( )内は縦書きの場合を示す。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-10 17:31 | 80の手習い | Comments(0)


<< 手習い8.変換出来ない漢字を手... 手習い6.質問(1)単語登録、... >>