年賀状の作成

今回は、81歳の男性である。毎年、年賀状だけはパソコンを使って作成していたのだが、今年
から、パソコンとソフトが変わったので、復習しながら作成する事になった。

1.住所録の整備(筆まめの場合)
 今まで使っていた住所録は、そのまま使える様になっているので、年賀欠礼分をチェックして
印刷除外する事である。カードの赤矢印の「除外」をクリックすると右の宛名面が空白になる。
印刷除外をして置くと、印刷時に除外したカードが含まれていても印刷されないので、連続して
印刷する事が可能になる。
f0070279_0153816.jpg

又、住所が変更になっていたり、宛先の氏名に変更があったりする事があるので、あらかじめ
修整して置く事が必要である。
カード画面の右に五十音のかなが表示してあるので、探したい人の頭文字から簡単にカードを
探す事が出来る。

2.文面の作成(筆まめの場合)
 文面は、文面デザインを開くで、既成のデザインのものを使う事も出来るが、自分で作成する
場合は、こちら を参考にして下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-29 00:20 | 80の手習い | Comments(0)


<< Canon PhotoStec... バードディスクの交換時期 >>