ハードディスクの診断ツール

パソコンの故障で、ハードディスクが壊れてしまったと言う声を良く聞く様になりました。
 最近のパソコンはフロッピードライブ(FDD)のないものも多いので、簡単なハードディスクの
診断ツールがないものかと探して見ました。
Hitachi Drive Fitness test と言う、フリーソフトが見付かりました。(HGST)
Drive Fitness Test 4.09 はHITACHI/IBMのハードディスクの診断ツールです。
内容は、ハードディスクのエラーをチェックするQuickテストとAdvanceテスト、ブートセクタの
フォーマット、ディスクのフォーマット、不良セクタの修復を行うユーティリティが使用できます。
下記のURLからダウンロード出来ます。
http://cowscorpion.com/HDD/DriveFitnessTest.html

Installer dft32_v409_b00.exe と CD Image dft32_v409_b00.iso があります。

Installer は、フォーマットしたフロッピーディスクを用意して、実行すると起動フロッピーを作成
する事が出来ます。
CD Image は、B'sRecorder の様な焼き込みソフトを使ってブートCDを作成して、ツールを
起動して下さい。 下図がツールの起動画面です。
f0070279_1122511.jpg

このツールは、以下の機能を有しています。
High confidence level Quick test HDD診断(クイック)
Advanced test HDD診断(アドヴァンスド)
Exerciser         診断を繰り返す
Erase Bootsector utilityブートセクターの消去
Low-level format utility物理フォーマット(ローレベルフォーマット)
Filesystem-based Corrupted Sector Repair不良セクタの修復
S.M.A.R.T. Operations S.M.A.R.T.設定
Drive info   HDDの情報を表示
取り敢えずは、ブートドライブを指定して、Quick Test をして見ます。
問題がなければ、下図の様に表示されます。
f0070279_1143385.jpg

Advanced test / アドバンスド診断。Quick testに比べ、この診断は非常に時間が掛かります。
診断の結果、問題がなければQuick testの結果と同様の画面が出ます。
[PR]
by pcog1212 | 2008-01-11 11:06 | ハード・ウエア | Comments(0)


<< 印刷が思った様に出来ない ハードディスクの故障と判断した訳 >>