CPRM対応DVD-RWについて

一時的に録画して置きたい番組がある場合など、DVD-RW を使うが、昨年に購入してあつた
DVD-RW のメディアを DVD Recorder に挿入した処が、排出されてしまった。
メディアは All-ways 4倍速のもの、DVD Recorder は、パイオニアの DVR-515H である。
f0070279_22464961.jpg

調べて見ると、impress の旧い記事の中に下記の様な記述があった。
『DVD-RメディアがCPRM対応となったことで、対応DVDレコーダでは、VRモードでデジタル
放送のコピーワンス放送録画が可能になる。
しかし、対応レコーダ以外の機種でCRPM対応DVD-Rを利用すると、再生できないだけでなく、
ディスクが使用できなくなったり、取り出せなくなる問題が発生する可能性がある』
と言うのである。それではと、デスクトップ・パソコンの DVD Drive に挿入して、DVD-RW
として B'sRecorder を使ってコピーして見た。
コピーは成功し、そのメディアを DVR-515H に挿入しても再生する事が出来た。
結論は、CPRM対応メディアを使う時は、CPRM対応の DVD Recorder を使う必要があるが
パソコンでコピーする場合は、問題なく使えて、完成したディスクは CPRM非対応のプレイヤー
でも再生する事が出来る。但し、上記の構成の場合での話なので追試が必要かも知れないが
間違えて、CPRM対応メディアを買ってしまつても、何とか使える途がありそうである。
[PR]
by pcog1212 | 2008-01-26 23:01 | ハード・ウエア | Comments(0)


<< メディアの取り扱いに注意 ワードでページを指定して印刷したい >>