録画時のダビング10について

最近、新しい録画方式についての論議が賑やかだが、従来のコピーワンスに対しての不満から
ダビング10と言う方式が、今年の半ばくらいから実施されるらしいと聞いて調べて見た。
ダビング10は、電子情報産業協会が(JEITA)が定めた統一呼称で、12月20日に正式に公表
されたルールである。
デジタルチューナーを搭載するHDDレコーダーなどハードディスクを内蔵する録画機が対象
で、地上デジタル放送を収録後、DVDなどに「9回のコピー」と「1回のムーブ」を可能にすると
いう運用ルール。
コピー回数の制限は、「録画機内蔵のDVDやメモリーカードへのコピー」 と 「i.LINKなどの
デジタル結線での他の機器へのコピー」に対して行われ、10回目はムーブとなる。
なお、ダビング10ではコピー・ワンスの場合と異なり、HDDレコーダーからD端子、コンポジット
端子、S端子などのアナログ映像出力を経由して行うコピーに関しては、回数制限なく行うこと
ができる。ただし、デジタル結線であれアナログ結線であれ、コピーしたDVD等から孫コピーを
作成することはできない。
 地デジ放送では2008年6月頃からダビング10に対応した放送が運用される予定。
出典(Wikipedia)
註)レコーダー側の対応
 既に販売されているハードディスク内蔵録画機はダビング10に対応していないが、メーカや
機種によってはソフトウェアのアップデートで対応できるとされている。
例としてソニーではスゴ録最終モデルと第二世代BDレコーダー以降が対応決定した。
他に松下電器産業の「DIGA」では2006年秋モデル以降で対応できる予定となっている。
またシャープも2007年春モデル以降で対応できる予定である。
[PR]
by pcog1212 | 2008-02-10 00:23 | DVD/HDDレコーダ | Comments(3)
Commented by okko at 2008-02-10 16:36 x
ダビング10というのは、放送の問題なんですね!
私はまだ、アナログテレビなので、テレビを買い替えと同時レコーダーも買いたいと思ってます。
その場合、レンタルでDVDを見ることも多いのでブルーレイにしようかな?っておもいます。
Commented by pcog1212 at 2008-02-10 21:46
okkoさん こんばんは!ダビング10は、放送の問題なのですが、同時にレコーダーの
問題でもあるのです。現在、売り出されているレコーダーは、コピーワンス対応になって
いて、ダビング10は放送が開始されたら対応すると言うものがほとんどです。
昨年に売り出されたものは、大体対応する予定らしいのですが、その辺は確かめて
購入して下さい。長時間のハイビジョンはブルーレイになりそうですがねー?
Commented by okko at 2008-02-10 21:58 x
とても、参考になりました。ありがとうございました。
もう少し、今のテレビで頑張って見ることにします。


<< adobe Photoshop... 電源が入らなくなってしまった! >>