ダビング10対応オンエアーダウンロードについて

7月4日から開始された「ダビング10」放送に対応する為、今まで販売された DVD/ブルーレイ
録画装置にオンエアーダウンロード放送と言う形で、ファームウエア(内蔵プログラム)のアップ
デートする方法が実施されていますが、色々と問題が出た様です。
パナソニックでは、「ダビング10対応オンエアーダウンロード放送に関する重要なお知らせ」と
して、下記のURLで告知をしていますので要注意です。
http://panasonic.jp/support/info/dubbing/info.html

概要は下記の通りです。
6月30日より、ダビング10に対応したファームウェアをオンエアーダウンロード放送および、
本ホームページで公開開始いたしましたが、7月1日よりダウンロードを開始した11機種に
おいて、ごくまれに正常に起動しないという現象が発生しました。
7月3日時点で、本現象に対応したファームウェアを公開し、以下のとおり対応をさせていた
だいております。ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。

対象機種 
DMR-BW700、DMR-BW800、DMR-BW900
DMR-BR500
DMR-XW100、DMR-XW300、DMR-XW200V、DMR-XW120、DMR-XW320
DMR-XP12、DMR-XP22V

現象
バージョンアップ完了後の電源「オン」時、まれにHDDのフォーマットを促すメッセージが出て、
正常に起動しないことがあります。

対応
この現象に対応したファームウェアのオンエアーダウンロード放送を7月3日15時から実施して
おります。
電源コードを差したまま電源を「オフ」にし、オンエアーダウンロード放送を受信いただき、
バージョンアップすることで正常に使用できるようになります。
(上記現象が発生している場合も同様です。)
また、同じファームウェアを本ホームページでも公開しており、このファームウェアでバージョン
アップしていただくことでも問題は解決されます。
[PR]
by pcog1212 | 2008-07-05 11:55 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)


<< メール関係の設定の保存と復元 雷とパソコン >>