マザーボードの交換

 キーボードが認識されなくなり、USBキーボードにして認識はしたものの、起動時に認識され
ないので、BIOSにもは入れない状態なので、マザーボードが一番疑わしい事になりました。
 そこで、MSI P35 Neoのマザーボードから、同じ ATX P35 の ASUS P5K PRO に交換し
ました。
 ケーフルのとり回しが若干変わるので、一部配置を変えたりしたものの案外短時間に交換の
作業は終わりました。
 Windows XP HOME をインストールし、マザーボード・ドライバーをインストールしてから、
NVIDA GeForce のドライバーを入れ、更に、Windows XP SP3 を入れました。この時点
でインターネットに接続し、認証を取りました。
 他のドライブもすべて接続して、確認を取り動作はOKになったものの、これからが大変です。
その後、プリンタドライバーから始めて、一通りのソフトを入れ込むのに、丸一日掛かりでした。
 結果は、元のPS2キーボードを接続して、BIOSを起動する事も可能で、快適に使えています。
[PR]
by pcog1212 | 2008-09-20 22:41 | ハード・ウエア | Comments(0)


<< Ubuntu の起動メニューを... キーボードが使えなくなりました >>