vr2free 使用上の注意点

vr2free を使って、解除作業が終わると、CPRMフォルダ内に2つのファイルが生成されている。
f0070279_0441230.jpg

(VR_MANGR.IFOとVR_MOVIE.VRO)である。作業が終了したらこれらのファイルは、必ず
CPRMフォルダの外に、(DVD_RTAV)と言うフォルダに収容し、その上にフォルダ名を付けて
おかなくてはならない。続けて、作業すると同名のファイルで上書きしてしまうのである。
 ここで生成した、VR_MOVIE.VROを、MOVIE01.mpg の様に、MPGにRename してから
Ulead MovieWriter5SE などのオーサリングソフトに読み込んで、新規にDVDを作成すると
従来使っていたドライブでも再生できる、DVDを作る事が出来る。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-17 00:32 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)


<< 宛名ソフトで住所録を作成 フラッシュメモリー・スタンド >>