ubuntu804日本語版起動USBメモリの作成

ubuntu804日本語版をUSBメモリから起動させる為に「UNetbootin」というツールを使って
見た。
このツールは、ライブCDのisoファイルをUSBメモリなどに移動し、ブートできる様にするもので、
様々なディストリビューションに対応している。Linux版とWindows版がある。
ダウンロードは下記のURLから行なう。
http://unetbootin.sourceforge.net/
Windows版は、unetbootin-windows-299.exe をダウンロードして実行すると下図が
出る。
f0070279_2354046.jpg

対象となる Distribution をリストから選択。すでに「8.10Live」という項目がある。
Diskimage として「ISO」を選んで、あらかじめ用意した、UbuntuのライブCDイメージをここ
で選択する。
一番下の Type で、USBDrive を選択、「OK」をクリックすれば、USBブートディスクが自動的
に作成される。

USBメモリにインストール後は、次の修正が必要である。
 1.USBメモリをエクスプローラで開いて、syslinux.cfg と言うファイルの拡張子を bakup に
  変更する。
 2.Isolinux と言うフォルダの中の isolinux.cfg と言うファイルを syslinux.cfg に変更。
 3.ルートの、isolinux フォルダの名前を、syslinux に変更する。

 以上で、USBメモリから起動出来る ubuntu804日本語版 installer が完成する。

その後、unetbootin-windows-312.exe をダウンロードして、ubuntu 8.10 のISO ファイルを試して
見たのですが、上の修正をする事なしで、USB から ubuntu を起動する事が出来ました。
尚、使用した USB Memory は、 Silicon power の 4GB/32BitFatFormat である。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-20 23:50 | Linux | Comments(2)
Commented by linux新米 at 2009-02-19 13:44 x
>Windows版は、unetbootin-windows-299.exe をダウンロードして実行すると下図が
出る。

とあるのですが、現在は299ではなく312となっています、
単にバージョンアップされているだけなのでしょうけど。(もしかしたら別のツール?)

私はubuntu8.04ではなく8.10のASUS社のeeePC用に調整されたeeePCubuntu8.10で試したところ・・
>1.USBメモリをエクスプローラで開いて、syslinux.cfg と言うファイルの拡張子を bakup に
  変更する。
> 2.Isolinux と言うフォルダの中の isolinux.cfg と言うファイルを syslinux.cfg に変更。
> 3.ルートの、isolinux フォルダの名前を、syslinux に変更する。
と上記にある通り変更をしてみましたがcould not find と表示され、何をbootするのかという感じにでてubuntuが起動できませんでした。

何枚かCDRを無駄にしてしまっていて、USBで起動用が作れる事を知りここにやってきましたが、結果できていません。
アドバイスいただけると助かります。
Commented by pcog1212 at 2009-02-20 22:46
linux新米さん こんばんは!そうですねー、unetbootin-windows-312になっています。
このサイトでは、 ubuntu 8.10 は対象としていますが、eeepc 用のものに対する記述が
無いようなので、ひょっとすると駄目なのかも知れません。一度、ubuntu 8.10 でお試し
になって下さい。


<< デジカメ画像を縮小するには adobe Photoshop... >>