カテゴリ:WindowsVista( 107 )

Windows Vista SP2 の提供開始

Windows VistaおよびWindows Server 2008 SP2 が、2009年5月27日より、Webサイトから
の無償ダウンロードで提供開始されました。
早速、ダウンロードして、インストールして見ましたが、やはり前回の SP1 同様に約40分ほどの
時間が掛かりました。
注意点として、SP1 が既にインストールしてある事が必要となっています。
ダウンロードおよび詳細は、マイクロソフトのダウンロードセンターでどうぞ。
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/sp2/default.mspx
[PR]
by pcog1212 | 2009-06-12 13:29 | WindowsVista | Comments(2)

IE8のアンインストール

Internet Explorer8 を Vista にインストールしていたのですが、使い勝手がいまいちなので削除しようと
したのですが、アンインストールの画面でソフトウェア一覧にIE8が出てきません。
アンインストールの画面左側の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックすると、IE8が表示されます。
f0070279_15143640.jpg

但し、JP だけを削除しても英語版が残っているので、これも削除します。これで、無事にIE7を復活させる事が出来ました。
[PR]
by pcog1212 | 2009-05-05 15:15 | WindowsVista | Comments(2)

WindowsMail でアドレス帳をインポートする。

パソコンを買い換えたのだが、メールのアドレス帳を引っ越ししたい。但し、新しいパソコンは、VISTA である。
と言う案件で、アドレス帳の入っているのは、Windows98 と言う事である。
1)旧マシンの OutlookExpress を開き、「ファイル」「エクスポート」「アドレス帳」とクリックする。
2)下図が表示されるので、「テキスト ファイル(CSV) をクリックして「エクスポート」を押す。
f0070279_19104722.jpg

3)保存場所を聞いて来るので、指定した上で、ファイル名をつけて保存する。
4)新マシンの WindowsMail を開いて、「ファイル」「インポート」「アドレス帳」をクリックする。
5)下図が表示されるので、「CSV(カンマ区切り)」を選択し、「インポート」を押す。
f0070279_19165833.jpg

6)インポートするファイルの場所とファイル名を聞いて来るので、指定する。
7)項目の関連づけを確認して取り込めば完成である。
尚、OutlookExpress 同士でアドレス帳を引っ越す場合については、下記のURL
http://blog.zaq.ne.jp/rice11/article/177/ を参照して下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2009-04-08 19:23 | WindowsVista | Comments(0)

WindowsMAIL と OutlookExpress のデータ

Vista のWindowsMAIL と XP までの OutlookExpress のデータを相互利用する場合。
WindowsMAIL には、OutlookExpress のフォルダをインポートする事が出来るが、下図
の様に、別個のフォルダとして登録されてしまう。
f0070279_00405.jpg

ところが、メールのデータ(*.eml)としては互換性があるので、データファイルをやりとりすれば、
相互利用が出来る事になる。
例えば、別ドライブのXPの OutlookExpress とデータをやりとりする場合は、デスクトップで
右クリックして、「新規作成」から「ブリーフケース」をクリックし、デスクトップ上にブリーフケース
を作成し、この中へメールのデータファイルをコピーして置けば、相互に利用する事が可能である。
f0070279_014289.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2008-06-15 23:56 | WindowsVista | Comments(0)

ネタの種2の Vista 対応

久し振りに、Vista 対応ソフトについて。JustSystem の「ネタの種2」である。

下記のURL]から、アップデートモジュール neta2up3.exe をダウンロードする。
http://www3.justsystem.co.jp/download/neta/up/win/060712.html

1. ダウンロードしたファイルの、ファイル名・サイズが以下であることを確認する。
  ファイル名 : neta2up3.exe
  ファイルサイズ : 2,773,016バイト
2. 起動しているプログラムを、すべて終了する。
3. Windows上に常駐しているウィルスチェックソフトなどのプログラムも終了する。
4. 保存しておいた、neta2up3.exeのアイコンをダブルクリックする。
5. これで、自動的にセットアップが実行されアップデートされる。
[PR]
by pcog1212 | 2008-06-11 00:46 | WindowsVista | Comments(0)

DualBoot の解消(2)、Vista 再インストール

先日の続きで、DualBoot が解消されてしまったので、別のHDDに入れてあった Vista も起動
しなくなってしまったのである。そこで、Vista を再インストールする事にした。
先ず、XPの入っているHDDを切り離して、Vista をインストールした。LANケーブルは接続した
ままだったので、ついでに認証も済ませたまでは良かったのだが、何しろ昨年1月末 Vista が
発売された時のものなので、アプリケーション・ソフトなどをインストールし、何度か再起動を繰り
返している内に、Vistaのアップデートを取り込んだらしく、終了時には、何と60件近くの更新を
行う羽目になってしまった。
こんな事なら、最初にSP1にアップデートして置きべきだったと気が付いたが「後の祭り」である。
何とか処理を終わって、XPのドライブも接続した。このマシンは、起動時にF8を押せば、起動
メニューが出るので、このメニューで起動ドライブを選択する事が出来る。
尚、BIOSで、BOOTの優先順位をXPのドライブにしてある為、何もせずに起動すると、XPが
起動する。
後、残っているのは、XPとVistaのドライブ名の統一である。
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-31 23:59 | WindowsVista | Comments(0)

SMバスコントローラ

OSを再インストールしてから、起動時にSMバスコントローラのドライバが無いと言って来る。
調べて見たら、Intel のチップセットのドライバーらしい。デバイスマネージャで確認してみたら
SMバスコントローラに、"!" が付いている。
SMバスコントローラは、マザーボードでハードウェアの状態を検出するための通信システムの
様であり、これが"!"ということは、現在はOSがチップセットを正しく認識していないことになる。
マザーボードに付属していた、MSIのチップセットドライバCDからインストールして、解決した。

マザーボード付属CDがない場合、Intel のチップセットなら、Intel のHP でOSを選択してから
ダウンロードする。「インテルR チップセット・ソフトウェア・インストレーション・ユーティリティー」
を解凍してインストールすれば良い。
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-12 10:52 | WindowsVista | Comments(9)

Vista でファイルの関連付け

Vista の場合はファイルの関連付けの操作方法がXPと少し違います。
[スタート] - [コントロールパネル] - [規定のプログラム] または
[スタート] - [規定のプログラム] を左クリックします。
f0070279_22334197.jpg

上図赤枠の「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け」をクリックします。
しばらく関連付け一覧を探すので少し時間がかかりますが一覧が表示されます。
変更したい拡張子を選択して[プログラム変更] をクリックと変更が可能です。
[PR]
by pcog1212 | 2008-04-03 22:37 | WindowsVista | Comments(0)

ノートパソコンの更新

Q:ノートパソコンの調子が悪いので更新したんだけど、Vista なので初期設定をお願い!
A:と言われて、その気になつて、始めた処がオットどっこい、結構、手間が掛かるものである。
機種は、東芝 Dynabook AX/57E と言う 2008年春モデルの最新型である。
OS =Windows Vista HomePremium、RAM=2GB、HDD=120GB CPU=Celeron540
f0070279_1104253.jpg

家庭用のスペックとしては申し分ないのだが、初期設定を終えるまでに1時間以上掛かった。
次に、リカバリDVDの作成は3枚必要であり、これの所用時間も30分近く掛かり、
更に、LAN接続した途端に、Windows の更新が始まり、結構延々とやって呉れる。
こんな事なら、SP1 を入れるべきであったと、後で気の付く何とやらで・・・
メールの設定、メッセージのインポート、などが終わるまでに4時間近く掛かってしまった。
 Windows Vista は発売後1年以上経つので、その間に相当数の更新が行われている。
それらを一挙に処理する必要がある為なのだが、これでは初めて購入したユーザーなどは、
困惑するだろうねー。おまけに Office2007 の Outlook がメーラーに設定してあったりして
ただでさえ、OutlookExpress から WindowsMail に変わってまごつくのに、である。
次期発売のモデルが出るまでに、売り切ってしまおうとする販売店の意向が丸見えなのだが
安くなつた機種で、Vista に慣れてしまおうとする積極性も大したものである。祈ご健闘を。
[PR]
by pcog1212 | 2008-04-01 01:06 | WindowsVista | Comments(2)

Vista SP1 対応アップデータ sourcenext

驚速ストリーミングレコーダー2 の Vista SP1 対応アップデータが発表された。
改善される問題
 Vista SP1環境で録画が正しく行なわれない不具合を修正。
 Vista SP1環境で録画ボタン押下時に強制終了する場合がある不具合を修正。
http://www.sourcenext.info/download/74460.html から、下の「KSR201UP.EXE」をクリック
し、[保存] をクリックする。
      KSR201UP.EXE(2.74MB)
 Vista 上の驚速ストリーミングレコーダー2 を終了し、上記のファイルを実行する。
 Update が完了すれば、バージョン情報が下図のようになっている。
f0070279_10411327.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2008-03-28 10:42 | WindowsVista | Comments(4)