カテゴリ:80の手習い( 39 )

手習い9.行きつ戻りつ・今日のワカラン!

今日のワカラン! さすがに2歩進んで3歩退っていました。

Q1:ワードのアイコンをwクリックしても白紙しか出てこないんだけど?
A1:作業の途中で、ノートパソコンの蓋を閉じて一時休止にしていた時は、蓋を開けると、元の
 画面に戻りますが、最初からワードを起動すると白紙なのです。
 「ファイル」-「開く」をクリックして、マイドキュメントの中に保存したファイルをWクリックすると
 目的のファイルが出て来ます。

Q2.出てきたファイルは、昨日書いたページで、今書いているページじゃあないんだけど?
A2:複数ページのファイルを開くと、1ページ目が出て来るので、まずカーソルが何処にあるか
 を確認して、矢印キーでカーソルを送って行くのです。カーソルが次のページに移ると作業中
 の文章が出て来るので、これから書き込む場所にカーソルを移動させます。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-11 19:51 | 80の手習い | Comments(0)

手習い8.変換出来ない漢字を手書き検索

変換出来ない漢字が出て来た時は、手書き検索をする方法がある。
1.言語バーから「IMEパッド」をクリックし、「手書き」をクリックする。
f0070279_22434359.jpg

2.下図のような窓が出るので、「消去」をクリックして空白にしてから、マウスを使って左の窓の
 中に、検索したい文字を描くと、右の窓にその文字に近い漢字が表示される。
f0070279_22513567.jpg

3.その中から、適切な漢字を選んでクリックすると入力される。

SAMPLE は、「杳として知れず」の「杳」を手書き検索したもの。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-10 22:47 | 80の手習い | Comments(0)

手習い7.質問(2)エンター・キー、カーソル、文字列の移動

エンター・キー
 エンター・キーは、かな漢字変換中は、変換した漢字を確定する為に使い、それ以外は、改行
(行を変える)の為に使う。
 改行した場合は、改行マーク( 」)が表示されている。但しこのマークは印刷されない。

カーソル移動
 カーソルとは、文字を入力する時に出ている、点滅する細い棒の事である。文章を書き始める
時や修正する時は、その位置にカーソルを持って行かなければならない。
カーソルを動かすのは、マウスでクリックするか、矢印キーを使う。
 現在入力している処より前の方の間違いを訂正する時は、カーソルを間違いのある文字列の
左(上)に移動して訂正してから、間違いの文字列を削除する。

文字列の位置を動かすには
 文字列を右(下)に動かすには、動かしたい文字列の文頭にカーソルを置き、スペース・キー
を押す。
 文字列を左(上)に動かすには、動かしたい文字列の文頭にカーソルを置き、バックスペース・
キーを押す。
 つまりスペース(空白)と言う文字を挿入・削除して文字列の位置を動かす訳である。

 かな漢字変換中のスペース・キーは、変換キーとしての役目で、それ以外の時はスペース
(空白)を入力するキーである。

 空行を下(左)に作る時は、カーソルを行末に置いてエンター・キーを押す。
空行の削除は、削除したい行の行頭にある改行マークにカーソルを置き、DELキーを押す。

註)( )内は縦書きの場合を示す。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-10 17:31 | 80の手習い | Comments(0)

手習い6.質問(1)単語登録、範囲指定、フォント変更、特殊文字、ルビ

今日は、3回目の実技指導で、お姉さまからまとめて質問が出ましたので、逐次報告します。
但し、ワードを使って、縦書きとし、旧かな遣いの短歌集で大変なのですが、ご本人は、キーの
場所も未だ覚えてない状態でも、変換に成功する嬉しいそうです。

●単語登録 よく使う単語は単語登録して置くと良い。
 1.登録したい単語を範囲指定する。
 2.メニューバーの「編集」「日本語入力辞書への単語登録」をクリックする。
 3.単語登録の窓が表示され、語句の窓に単語が入っているので、読みの窓によみかなを
  入力し「登録」をクリックする。
f0070279_21513440.jpg


●範囲指定とは
 ルビを振ったり、文字の大きさや書体(フォント)を変えたい時には、必ず範囲指定をする必要
がある。
 範囲指定をするには、指定したい文字列の文頭(最初の位置)にカーソルを置き、シフト・キー
を押しながら矢印キーを文末(終わりの位置)まで持って来ると、指定した文字列が反転する
(白黒が逆になる事)。これで範囲指定が出来た事になる。

●文字の大きさや書体を変えたい時は
 大きさ 変えたい文字列を範囲指定して、フォントサイズの窓の数字を▼を押して変更する。
数値を大きくすると大きい文字になる。
 書体 変えたい文字列を範囲指定して、フォントの窓の▼を押して変えたい書体を選択する。
通常は「MS明朝」や「MSゴシック」が使われる。

●旧いひらかなを出すには、
 メニューバーから「挿入」「記号と特殊文字」をクリックし、出て来た窓の中から探して「挿入」
ボタンをクリックする。「ゐ」とか「ゑ」を出す事が出来る。その後×でこの窓を閉じれば良い。
 よく使うのであれば、単語登録をして置けば、「い」とか「え」を入力して変換キーを押すと使え
る様になる。

●ルビの振り方
 ルビの振り方については、こちら を参考にして下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-09 22:03 | 80の手習い | Comments(0)

手習い5.その後の手習い

 その後、手習い1から3までを、印刷して渡して置いたのだが、どうなっているのか電話をして
見ました。
「戴いたテキストは、しっかり読ませて貰ってやっています」と言う返事で、「もう面白くって、原稿
の15首全部入力してしまいました!」と言う。
 変換出来ない漢字は「かな」のままにして置くようにと言って置いたので、そうしているらしい。
原稿が自作の短歌なので、旧仮名遣いの上に第2水準漢字が多く、変換が難しい訳なのです
が、それにしても驚いた、未だ5日目なんですよ。
 途中で、文字が黒くなつてしまった事があったが触っている内に直ってしまったとの事である。
次回は単語登録や改ページ、ルビなどに進む事になりそう。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-08 23:13 | 80の手習い | Comments(1)

手習い4.手習いの準備は

手習いの準備として、何をして置いたのかと言うと、下記のお願いをした。
1.「パソコンを始めよう」と言うムック本の「キーボードの説明」を見て、パソコンの実物が届く前
 からキーの名前と配置を覚えて置く事。
2.「どうしてそうなるの?」と言う疑問を捨てて望む様にする事。
3.操作手順は、一度くらい聞いても直ぐに忘れるので、メモをして自分なりに理解する様に。
 何度聞いて貰っても結構です。
4.砂時計のアイコンが出ている間は、作業中なのでイライラしないで待っている事。
5.習うより慣れよと言う言葉は、パソコンの操作の為にある様な格言である事。
6.最も自分が興味を持っている(したいと思っている)事から始める事。

 それで、「ワード」による縦書き文書の作成から入る事になった。

 今まで、欧文タイプも和文タイプも触った事がないとの事なので、シフトキーの使い方、かな
キーと英数キーの説明が必要だった。

 かな漢字入力が希望だったので、「を」や「ゅ」の出し方、数字の出し方なども説明が要った。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-07 23:36 | 80の手習い | Comments(0)

手習い3.プリンタの設定

さて、2日目、ぼつぼつ自力で漢字変換が出来る様になり、少し面白くなって来た処で、プリンタ
の設定をした。

ワードで作成した文書を印刷する方法
1.プリンタの電源を入れる。
2.プリンタから白いUSBケーブルをパソコンに接続する(マークのあるのが上)
3.印刷用紙をセットして、プリンタの用紙位置スイッチを確認する。
4.ワードの左上「ファイル」をクリック、メニューから「印刷プレビュー」をクリックする。
5.用紙全体にどの様に印刷されるかが表示されるので、「閉じる」をクリックする。
6.ワードの左上「ファイル」をクリック、メニューから「印刷」をクリックする。
7.印刷のプロパティの基本設定で用紙の種類、ページ設定で用紙サイズを確認しOK を押す
8.印刷の窓に戻るので、OKを押すと印刷が始まる。

 で、今まで入力して変換した5首の短歌をテスト印刷して見た。ここまでは大成功である。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-05 22:55 | 80の手習い | Comments(0)

手習い2.最初の難関

昨日は、何とか「かな漢字変換」が出来る処まで進んだが、最初の難関が待っていました。
1.マウスが旨く使えない。
 クリックしようとするとマウスが動いてしまう。
 右クリックのボタンに指が旨く載らない。
 Wクリックは、とうてい出来ない。
2.パソコンを終了しようとしたのだが、画面が消えて電源ランプが点滅している。

 2.は、1 に関連してパソコンの終了をクリックしたつもりが、左のスタンバイをクリックした為
だったのですが、ご本人は慌ててSOSを発信してしまいました。電源ボタンを押して解決です。
 1.については、当分マウスは使わずにパソコン付属のNXパッドを使う事にしました。
これならポインタが固定した状態でクリック出来ますし、Wクリックも出来る様になりました。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-05 21:44 | 80の手習い | Comments(0)

手習い1.パソコンが届いた

 ご近所の知人(83歳のご婦人)から、何も判らないのだけれど、パソコンで文章を作成したい
と言う相談があって、お付き合いする事になった。
 まず、パソコンの購入だが、WindowsXP に MS Office が付いたNECのノートパソコンを
選び(PC-VJ17MEDWHFL1)、キャノンのプリンタと共に購入した。
 その一式が届けられたので、初期設定を済ませた所、早速、使って見ると言う事になった。
1.パソコンの起動方法
 電源アダプターを接続し、上蓋を開けて、右上の電源ボタンを押す。
 しばらく待つと「ようこそ」画面が出て、音楽が流れる。
 デスクトップ画面になり、右下に「コンピュータが危険に・・・」のメッセージが出るが枠の右上
 の×印に矢印マーク(マウスポインタ)を置いて、クリックして閉じる。
2.ワープロソフト「ワード」の起動
 デスクトップにワード2003のアイコンがあるので、その上にマウスポインタを置き、Wクリック
3.編集したいファイルを開く(あらかじめページ設定をした文書を作成して置く)
 ワードの左上にある、「ファイル」をクリックし、メニューから「短歌集」にマウスを置いてクリック
4.これで書きかけていた文書が開くので、矢印キーで書き始めたい場所にカーソルを移動。
 後は、文節毎にかなを入力して、スペースキーで変換し、変換したい漢字が見付からない時
 は、更にスペースキーを押して探す。それでも無い時は、ESCキーを2回押して、かな入力に
 戻し、間違いが無いかどうか確認して、再度、変換して見る。
5.カーソルの左(上)を消す時は BackSpace キー、カーソルの右(下)を消す時は Delキー
 を押す。
6.ワードの終了と保存
 文書作成が終わるか中断する時は、画面の右上の×マークにカーソルを置き、クリックすると
文書を保存するか?と聞いて来るので、「ハイ」をクリック(又はエンターを押す)
7.パソコンの終了
 パソコンを終了する時も、「スタート」をクリックし、「終了オプション」をクリック、「コンピュータ
の電源を切る」窓の中央にある、「コンピュータの電源を切る」をクリックすると自動的に切れる。
 ご本人の希望で、かな漢字変換を採用し、縦書きの文書から始める事になった。
 予習としては、キーの名前と場所を覚える事をお願いして、プリンタの据え付けは明日にする
ことにした。
[PR]
by pcog1212 | 2007-11-04 23:59 | 80の手習い | Comments(3)