カテゴリ:ハード・ウエア( 66 )

RockTube CL2-001LP キャッシュ用メモリーを読み出す

Rocktube のキャシュ用に、USBメモリーをフォーマットすると、Linux Format になる。
その為、Windows からは読み取る事が出来ない。
Windows から Linuxパーティション(EXT2/EXT3)へのアクセスする方法を調べて見た。
Ext2Fsd(http://www.ext2fsd.com/)と言うフリーソフトが見付かった。詳細は、こちら に記載して
ある。
ダウンロードした、Ext2Fsd-0.48.exe を実行するとインストーラーが起動する。インストールが完了すると、
ロゴマークが出て、Ext2 Volume Manager が起動する。
Tools-Service Management を選択し、Service Management の窓から Start ボタンを押し、
Apply ボタンを押す。次の確認メッセージで[はい]ボタンをクリックする。
これで、Linuxパーティションへアクセスが可能になる。
Windows のエクスプローラで Linux パーティション上のファイルを読み出す事が出来る。
プロパティを見ると、下図の様に、ファイルシステムが EXT3 になっている。
f0070279_22504536.jpg

エクスプローラでは、下図の様に表示される。
f0070279_22513880.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2010-11-08 22:54 | ハード・ウエア | Comments(0)

RockTube CL2-001LP V1.1.0 その後

RockTube CL2-001LP ファームウエアを、V1.1.0 にアップデートし、専用のメールアドレスを Yahoo で
作成したのだが、旨く Rocktube 側でダウンロード出来ないので調べて見た結果、Yahooデリバーに登録し、
下記の方法で設定すれば、良い事が判った。
尚、Yahoo では、11月17日から自動的にPOPアクセスに設定されるとの事である。
Yahoo メールからメールオプションの「POPアクセスとメール転送」をクリックし、再ログインすると下図が出る。
f0070279_23462889.jpg

ブラウザアクセスのみにチェックが入っている場合は、下のブラウゾアクセスとPOPアクセスにチェックを入れ、
「設定する」をクリックする。
以上で、専用メールのアドレス宛に、添付ファイルで、画像・音楽などを送れば、Rocktube 側で受信出来る。
受信したファイルは、それぞれのライブラリに収容される。但し、あまり大きいファイルは送れないので要注意。
又、Rocktube で受信すると、サーバー側を全て削除してしまうので、メール送受用のアドレスは使えない。
[PR]
by pcog1212 | 2010-11-08 00:00 | ハード・ウエア | Comments(0)

最近のワイヤレス・マウスについて

先日、デスクトップパソコンに、ブルーツースの USB アダプター を取り付けたので、Bluethooth Wireless
マウスを試して見た。
ワイヤレスマウスとしては、2006年に、Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse 4000(上) を
入手していたので比較して見た。
今回、入手したのは、Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000(下) である。
f0070279_0122599.jpg

いずれも、ノートブック用と謳っているので、大きさや重さにあまり違いはない。
共に、4ボタンだが左側面のボタンの機能が、上の方は、画面上の好きな場所を拡大表示するのに対して、
下の方は、ブラウザーやエクスプローラなどで「戻る」の操作が行える。と言う様に大幅に違っている。
Wireless の方も上が、27MHz 受信範囲:1m に対し、下の方は、2.4 GHz Bluetooth で10m まで離れ
て操作出来る。
f0070279_0204011.jpg

上のマウスは、付属の着脱式レシーバーをマウス底面に収納するとマウス本体の電池が切れる。
下のマウスは、マウス電源のオンオフスイッチが付いている。
f0070279_0241680.jpg

初期設定時に、右側の、Bluethooth ボタンを押すと、マウス上部で赤と緑が点滅して待機状態に入る。
f0070279_0301973.jpg

PC側で認識されると、下図の様に表示されて使える様になる。
f0070279_0285373.jpg

新しいマウスの使い勝手は良好で、席を立つ時にマウス電源を切っておいても、戻って来て電源を入れると
直ちに働いて呉れるのが嬉しい。
[PR]
by pcog1212 | 2010-10-17 00:31 | ハード・ウエア | Comments(0)

RockTube CL2-001LP リポート

RockTube CL2-001LP を使って、Youtube のファイルをキャッシュすると、キャッシュ・メモリーに録画
され、キャッシュ済みで再生する事が出来るが、これは、PC側から RockTube の URL にアクセスして、
「ライブラリのファイルを見る」から「Youtube」をクリックすると、下図の様に、キャッシュ済みのファイルが
表示される。
f0070279_23502316.jpg

下線のファイル名をクリックすると、PCにMP4形式で保存する事が出来る。但し、ファイル名は変わるので、
要注意である。
又、キャッシュメモリを読み込むには、Ubuntu の Bootable CD を起動して、メモリを挿入すると簡単に
読み込めるので、Ubuntu 上で他のメディアにコピーしてやれば良い。この場合もファイル名は変わる。
[PR]
by pcog1212 | 2010-10-08 00:00 | ハード・ウエア | Comments(0)

WLI-TX4-G [エアステーション 11g LAN端子用 無線Lan子機]

IOプラザのメディアプレイヤー RockTube CL2-001LP を使って見て、この装置はテレビ受像器の近くに
置く関係で、どうにも LANケーブルを引き回すのが大変だと言う事になった。
現在、無線LANの親機として、バッファローの WHR-HP-GN なので、エアステーション 11g LAN端子用
無線Lan子機として、WLI-TX4-G を購入した。掌に載るくらいの大きさである。
f0070279_23261516.jpg

早速、接続して AOSS ボタンを押し、更に親機の AOSS ボタンを押すだけで接続完了である。
縦型スタンドも付属しているので、RockTube と並べて置く事も出来る。お陰様で、ケーブルの悩みが一挙に
解決した。但し、WLI-TX4-G を先に起動し、親機との通信が確立してから Rocktube の電源を入れる必要
があった。
尚、 RockTube CL2-001LP は、早くも10月4日付でファームウエアのアップデートを発表している。
[PR]
by pcog1212 | 2010-10-04 23:31 | ハード・ウエア | Comments(0)

IOプラザのメディアプレイヤー RockTube CL2-001LP

I・Oプラザが発売している、YouTube Player(RockTube CL2-001LP)が、パソコンなしで、テレビで
YouTube が見られると言うので、買って見ました。正面です。左にUSB端子があります。ここに、音楽や画像、
動画などを入れた、フラッシュメモリやハードディスクを接続すると、テレビ受像器で見る事が出来ます。
f0070279_2322087.jpg

こちらが裏面です。左から LAN、HDMI、コンポジット出力、光音声出力、USB端子、IRオプション、電源入力
となっています。裏面のUSB端子には、キャッシュ用のフラッシュメモリを挿入して置くと便利です。
f0070279_23225176.jpg

こちらは、リモコンですが、電池(単四が二本)は付属していませんし、使わない機能ボタンがあります。
f0070279_23235424.jpg

こんな小さい筐体に入ったもので、リモコンとACアダプタ、AVケーブル、LANケーブルが付属しているだけ、
説明書も保証もなしと言う代物です。詳細は、こちら をご覧下さい。
早速、電源、HDMIケーブル、ルーターからのLANケーブルを接続して起動してみました。
f0070279_23255980.jpg

上図の様なメニュー画面が出るので、「設定」→「システム設定」→「ネットワーク設定」→「情報を見る」を選択
すると、IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、DNS サーバーの設定を確認出来ます。
キャッシュ用のフラッシュメモリ 2GB を背面端子に取り付けて、フォーマットして置きました。
これで、準備が出来たので、メニューの「Youtubeを見る」から「おすすめ」を押すと、画面右側に動画の候補
が出て来ます。出ない場合はインターネット接続が旨く行ってないので、確認が必要です。
f0070279_23283175.jpg

Youtube で、気に入った作品があれば、赤ボタンを押すとキャッシュされます。これは、後で
「キャッシュ済み」を選択するとリストアップされ、再生する事が可能です。
使って見た感じでは、リモコン操作も円滑ですし、取扱説明書がなくても使えそうで、なかなかの優れものだと
感じました。尚、取扱説明書は WEBサイトにあります。もう少し使い込んで見ると面白いと思っています。
[PR]
by pcog1212 | 2010-10-03 23:45 | ハード・ウエア | Comments(0)

最近のパソコン事情

 1年ほど前に、パソコンの購入相談があった。丁度、秋には Windows7 が発売になると言う事が判って
いたので、Windows7 にアップデート出来る機種を薦めた処、富士通の FMV EK/D50 を購入された。
昨年の暮れに、Windows7 にアップデートした。詳細は、こちら をご覧下さい。
 今年の初めに、別件で同様の相談があったので、CPU=Core2Duo RAM=4GB 程度を目安とする様に
薦めた処、富士通の FMV FE60 を購入された。共に一体型デスクトップである。
昨今のメーカー製デスクトップパソコンは、ほとんどが一体型になってしまっている。
仕様は、先のEK/D50 の場合、当初OSが VISTA だった程度で殆ど同じだった。
FMV FE60
 OS:Windows7 Homepremium 32bit
ディスプレイ:20インチワイド型
 CPU:Core 2 Duo P8700
HDD:500GB
 RAM:DDR3/4GB
 ドライブ:スーパーマルチ
 無線LAN: 11n、b、g
 Microsoft Office 2007
f0070279_2310434.jpg

 今年の6月になって、又別件のパソコンの更新相談があったので、一緒に見に行ったが、2010年春型は、
ラップトップ型がデスクトップ型に迫る仕様になっていた。今回は、FMV NF/G70 に決定した。
 FMV NF/G70
 OS:Windows7 Homepremium 32bit(64bitのリカバリディスクが付属している)
ディスプレイ:15.6インチワイド型LEDバックライト
 CPU:Intel i5 430M
HDD:500GB
 RAM:DDR3/4GB
 ドライブ:Blue-rayスーパーマルチ
 無線LAN: 11n、b、g
 Microsoft Office 2007
 USB3、esata、IEEE1394
 映像出力:Dsub15pin、HDMI
 キーボードに、テンキーが付属
となかなかのものである。無線LAN内蔵なので、無線ルータを備えれば、インターネットや最近のプリンター
ならコードレスで使う事が出来る。
一般に最近のメーカー製のパソコンのOSは、64bit を使っているが、この機種では、それぞれを選択出来る
ので大変有り難いと感じた。
f0070279_23183475.jpg

今まで、VAIO のデスクトップを使っておられたが、ほとんど違和感なく使えていると言う事である。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-11 23:22 | ハード・ウエア | Comments(0)

古いパソコンをリカバリーしたが起動しない

2001年製の Sony Vaio PCV-LX33/BP デスクトップパソコンである。WindowsXP の初期製品だが、
最近、起動時に英文のメッセージが出て、F1を押さないと起動しなくなっていた。
そこで、リカバリーディスクを使ってリカバリーし、アプリケーションのリカバリーが済んでも、再起動すると、
F1を押さないと継続して呉れない。Windows のアップデートをしていると、遂にシステムエラーが出て、
全く起動しなくなってしまった。
これは、HDDの故障かと見当を付けて、同じ容量の別のHDDに換装した。この型のマシンの換装方法に
ついては、http://www.bunkai.jp/index.html を参考にした。
その上で、出荷時の状態にリカバリーして、WindowsXP SP2 も入れ、Office も入れて使う事が出来て
いる。
そこで、取り外したHDD Maxtor 80GB を別のデスクトップマシンに接続して、CrystalDiskInfo を使って
調べて見た結果が下図である。明らかに「異常」警告が出ているので、このHDDは引退させざるを得ない。
f0070279_0305524.jpg

次に、現在使用していない、別の HDD Maxtor 60GB も CrystalDiskInfo を使って調べて見た。
f0070279_142344.jpg

こちらは「注意」が出ており、代変処理セクターの数が随分増えているので、これも寿命が近いらしい。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-08 00:33 | ハード・ウエア | Comments(0)

古いOSのプリンタドライバは無くなっている

旧いパソコンを持っている友人からプリンタの購入を依頼されたので、量販店でキャノンの複合機 MP-560 を
購入して、据え付け、ドライバーをインストールしようとしたがエラーが出てインストール出来ない。
挙げ句の果てに、「このOSには対応していません」と表示される始末。
実は、OSが WindowsMe だったのです。
それにしても、もはや Me は対応していないのかと、キャノンのサポートを調べると、最近の機種では、全て
WindowsMe/98 を対象から外している。
キャノンの複合機の場合、MP990、MP640、MP560、MP550、MP490 は全て XP 以上が対象である。
今まで、新しいOSに対応するドライバーを探すのに苦労していたのが、今後は旧いOSに対応するドライバ
を持つ機器を探す事になりそうである。
[PR]
by pcog1212 | 2010-05-29 23:07 | ハード・ウエア | Comments(0)

最近の CPU の種類

CPU のデュアルコアとかクアッドコアと言う言葉を聞きますが、「コア」とはCPUの処理を行う中心部分です。
つまり、この「コア」がコンピューターの頭脳と言えます。
もともと「コア」は1つのCPUの中に1つしかありませんでしたが、2006年頃から1つのCPUの中に2つのコア
があるものが登場してきました。これを「デュアルコア」と呼びます。
2007年にはコアが4つもある「クアッドコア」まで登場しています。これだと対応しているソフトなら処理を4つ
に分散することが出来ます。
デュアルコアやクアッドコアだと、コンピューターが多くのソフトを同時に動かさなければならない時でも、複数
のコアでその作業を分担することが出来ます。これによって作業の効率化が進み、処理が速くなる訳です

シングルコア、デュアルコア、クアッドコアのCPUには下図の様なものがあります。CPU の名称だけでは判断
し難いので、まとめてある、サイト から引用しました。
f0070279_0132494.jpg

最近、インテルの CULV と言う超低電圧タイプの CPU セレロン743 はシングルコアながら性能が上がって
おり、セレロン SU2300 は CULV のデュアルコアで、格安モバイルノートに使用されている。
[PR]
by pcog1212 | 2009-10-29 00:17 | ハード・ウエア | Comments(0)