カテゴリ:DVD/HDDレコーダ( 25 )

記録型DVDメディアの種類

記録型DVDのメディアには、-Rとか-RWあるいは-RAMなどと色々な種類のものが市販
されています。その上に最近では、デジタル放送対応(CPRM対応)と言うものも出て来ました。
DVDメディア一覧 (下記のURLから一部を抜粋)
http://www.ulead.co.jp/videostudio/topic/dvdbasis/01/01.htm
f0070279_131016.jpg

更に、DVD+RW と言うメディアもありますが、CPRM対応はしていません。
では、実際にはどうなつているのでしょうか?それぞれの容器には、下図の様に明示してあります。
DVD-R(CPRM対応でないもの)何も書いてありません
f0070279_13291883.jpg

DVD-R(CPRMに対応しているもの)
f0070279_13342876.jpg


DVD-RW(CPRMに対応しているもの)

f0070279_13364185.jpg

ところが、容器から取り出して、メディアだけにすると、次の様に刻印してあるものもありますが、
DVD-R(CPRM非対応のメディア)
f0070279_17274971.jpg

DVD-R(CPRM対応のメディア)
f0070279_17291016.jpg

ところが、何の刻印もないものも多いのです。そんな時は、Nero InfoTool を使うと判ります。
実行して、ディスクのタグを開くと下図が出ます。DVD-RWでCPRM対応のメディアです。
f0070279_17333924.jpg

又、このツールで、ドライブのタグを開くと、パソコンのDVDドライブの情報が判ります。
f0070279_17374023.jpg

メディアの情報を知る方法については、こちら を見て下さい。
この様に、メディアの種類だけでなく、ドライブが対応しているかどうかも関係して来ます。
当然、家庭用DVDデッキ(プレイヤー/レコーダー)にも同じ事が言えるのです。最近のデッキ
でこそ、CPRMに対応していますが、少し古いものは対応してないので、CPRM対応のメディアは
使えない事になります。
DVDの録画形式の違いとPCRMについては、こちら にUPしてあります。
[PR]
by pcog1212 | 2009-01-05 13:21 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)

vr2free その後

折角、購入した地デジ対応の DVDレコーダーなのだが、ハイビジョン画質で録画する為には、
CPRM 対応のメディアに AVCREC と言う形式で録画しなければならず、これは、AVCREC に
対応したプレイヤーでないと再生する事が出来ないのである。で、どんなプレイヤーでも再生
可能になる様にと、色々と試した結果について報告する。

用意して置くメディア
 CPRM 対応の DVD-RW
 通常の(CPRM非対応)の DVD-R
用意して置くソフト
vr2free.exe cprm2free.exe cprmgetkey.exe
Ulead DVD MovieWrigter5

先ず、デジタル放送対応の、DVD/HDDレコーダーの HDD にハイビジョン番組を AVCREC
(HE Mode)で録画する。
次に、CPRM 対応の DVD-RW をデッキに挿入し、DVD-VR Mode/標準の SP Mode で、
HDD→DVD 間でダビングし、ファイナライズする。
この DVD-RW をパソコンのドライブに挿入して、vr2free.exe を実行し CPRM を解除する。
解除されたファイルは、CPRM フォルダの中に、VR_MOVIE.VRO と言う MPEG になっている。
この、VR_MOVIE.VRO と言うファイルを、フォルダの外に出して、拡張子を MPG に変更すると、
WindowsMediaPlayer で見る事が出来る筈である。
このファイルを、DVD MovieWrigter5 を使って、再オーサリングすると、目的は達成される。
尚、フリーのオーサリングソフトとして、DVD Flick があり、その説明を、こちら にUPしたので
参考にされたい。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-26 00:46 | DVD/HDDレコーダ | Comments(5)

DVD のコピーが出来ない

友人から借りた DVD を CloneDVD を使ってコピーしていると 98%くらいの処で CRCエラー
で止まってしまい、コピー出来ない。DVD Shrink でも同様にエラーで停止する。
そこで、Ulead DVD MovieWriter5SE のイメージファイルで保存する方法を使って見た。
f0070279_119887.jpg

上図で「ディスクをコピー」から右の[1]ディスクをコピーをクリックする。
f0070279_1214583.jpg

コピーユーティリティの画面になるので、コピー元は DVDドライブにして、コピー先は、矢印を
クリックして「ディスクイメージファイル」として、コピー開始をクリックする。
コピー先の場所を聞いてくるので、8GB 程度の余裕のあるドライブを指定し、ファイル名を記入
するとコピーが始まる。これい゛拡張子が、IXB と言うイメージファイルが出来る。
次に、DVDのメディアを入れ替えて、上の図の[2]ディスクイメージから書き込むをクリックする。
これで、エラーのある箇所はそのままにしてコピーする事が出来る。今回の場合は、問題の箇所
で画像が一時停止状態になったものの、引き続いて再生する事が出来た。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-06 01:30 | DVD/HDDレコーダ | Comments(2)

vr2free 使用上の注意点

vr2free を使って、解除作業が終わると、CPRMフォルダ内に2つのファイルが生成されている。
f0070279_0441230.jpg

(VR_MANGR.IFOとVR_MOVIE.VRO)である。作業が終了したらこれらのファイルは、必ず
CPRMフォルダの外に、(DVD_RTAV)と言うフォルダに収容し、その上にフォルダ名を付けて
おかなくてはならない。続けて、作業すると同名のファイルで上書きしてしまうのである。
 ここで生成した、VR_MOVIE.VROを、MOVIE01.mpg の様に、MPGにRename してから
Ulead MovieWriter5SE などのオーサリングソフトに読み込んで、新規にDVDを作成すると
従来使っていたドライブでも再生できる、DVDを作る事が出来る。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-17 00:32 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)

vr2free 関連ソフトのダウンロード

vr2free 関連ソフトのダウンロード先は、
 vr2free 本体が、http://www.losttechnology.jp/Software/vr2free.html

cprm2free,cprmgetkey 全バージョンのダウンロード先は、
  http://www2.wbs.ne.jp/~cp-guard/cprm.html
  ここで取得出来るのは、cprm2free_cprmgetkey.rar である。

rar ファイルの解凍には、lhaplus が有効であり、下記からダウンロード出来る。
  http://www7a.biglobe.ne.jp/~schezo/
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-07 23:41 | DVD/HDDレコーダ | Comments(6)

vr2free で読み込みエラーが出て、進めない

デジタル放送になると、CPRM などの制約が多いので面倒なのだが、次の点に留意する事。
1.HDD に録画した番組をダビングする時、標準画質でダビングする時も CPRM 対応メディア
 を使用する事。
2.VR形式で録画する場合は、あらかじめ、メディアを VR フオーマットして置く事。
3.ダビングが終わったら、必ず「ファイナライズ」をして置く事。
 この手順でダビングしたメディアを、パソコンで見ると、下図の様になっている。
f0070279_12231375.jpg

このディスクは、DVD-RW に、CPRM VRモードで録画し、ファイナライズ済みのものである。
ファイナライズが出来ていない場合は、パソコン上に表示出来ないし、読み取る事も出来ない。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-06 12:26 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)

DVD メディアの情報を知る

今回、思い知らされた事は、当然のことながら、デジタル放送のコピーは一筋縄では行かないと
言う事である。特にアナログ時代に便利に使って来た、DVDによる録画・再生が使えなくなって
しまうと言う現実を、思い知らされた訳である。
1.デジタル放送の録画は、CPRM対応のディスクが必要である。
2.そのディスクを再生するには、CPRM 対応のドライブでないと使えない。

で、取り敢えず、入手したメディアはどんなものなのかを知る必要が出てきたのである。
調べて見ると、CD/DVDドライブやディスク(CD-ROM等のメディア)、ドライバなどの情報を表示
するツールとして、Nero InfoTool と言うフリーソフトがある事が判った。次のURLからダウン
ロードすることが出来る。
http://cowscorpion.com/MultimediaTools/NeroInfoTool.html
ダウンロードしたファイルを解凍すると、下図のファイルが生成される。
f0070279_06581.jpg

調べたいメディアをドライブに挿入して、Info Tool.exe を起動すると下図が表示されるので、
ディスクのタブをクリックすると、デイスクの情報を見る事ができる。
f0070279_09983.jpg

この場合、DVD-R のメディアに CPRM でガードされた 2.91GB のファイルが、VRモードで
記録(UDF)されている事が判る。
 ドライブについての情報も表示出来るので、今後、便利なソフトだと思われる。
[PR]
by pcog1212 | 2008-10-29 23:52 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)

vr2free による、CPRM解除

vr2free による、CPRM の解除と従来のDVDと互換性のあるメディアの作成について。
まず、vr2freeをダウンロードして、8GB 以上の余裕のあるドライブに解凍すると、vr2free と
言うフォルダの下に、vr2free.exe とCPRMのフォルダが生成される。
ここで、vr2freeを起動する。
f0070279_21295299.jpg

File Path(P) は、cprmgetkey(G)の方にcprmgetkeyのある場所を指定する。
cprm2free(F) の方にcprm2freeがある場所を指定する。
DVD Drive に、現在の DVD Drive を指定する。
後は、「KEYの取得を省略」のチェックを外して、「解除」を押す。

 解除作業が終わると、CPRMフォルダ内に、(VR_MANGR.IFO,VR_MOVIE.VRO)と言う
解除されたファイルが生成されている。
 これらのファイルを、あらかじめ(DVD_RTAV)フォルダに入れて焼くことで、元のVR形式の
DVDにする事が出来る。※1
 ※1:VR形式で互換性を高めるには、メディアをDVDレコーダーであらかじめVRフォーマット
     してからUtilDVDRW※2 で書き込むと効率的である。
 ※2:UtilDVDRWのダウンロード先
 UtilDVDRW を解凍すると、UtilDVDRW.EXE 本体が展開されるので、起動する。
f0070279_2134176.jpg

 上図の画面になるので、DVD_RTAV ディレクトリの窓に用意した場所を指定する。
DVDレコーダで、VRフォーマットした、DVD-RW のメディアを挿入し、チェックDisc のボタン
を押すと、Disc 情報が下段に表示される。
「ファイナライズする」にチェックを入れて、「VR書込み」を押すと、書き込みが始まる。完了後に
ファイナライズまでして、メディアは排出される。これで、旧DVD互換のメディアが完成する。

 もし、より高い再生互換性が欲しければ、VR_MOVIE.VROを MPG に Rename して、
オーサリングソフトでビデオ形式に変換してから焼いた方が良い。但し、オーサリングには相当
の時間を必要とする。
 元素材が、16:9 の場合、Ulead DVD MovieWriter6 では、正常に焼けたが、CyberLink
の Power Director を使用したものは、aspect が 4:3 になってしまった。
[PR]
by pcog1212 | 2008-10-25 21:39 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)

CPRM対応のDVDメディア

地デジなどのデジタル放送を HDD に録画し、それを DVD-R にダビングする場合、CPRM対応
のメディアでないと、ダビングする事が出来ないが、その DVD は、少し旧いDVDプレイヤーでは、
再生できない事がある。
パソコンでは問題なく見られるので、これは旧型プレイヤーが CPRM 対応でないと言う事になる。
どうしても、旧型DVDプレイヤーで再生したい場合は、CPRM を解除するしか方法はない。
vr2free と言うフリーソフトを使った方法が、下記のURL にあるので、参照されたい。
http://ameblo.jp/by11922960/entry-10096136119.html
[PR]
by pcog1212 | 2008-10-23 23:43 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)

DVD/HDD録画機 SDムービーカメラの画像取り込み

パナソニックのDIGA DMR-XP12は、HDDとDVDの他にSDスロットを前面に持っている。
デジタルカメラで撮影した、JPG画像の入ったメディアを挿入して、画像の取り込み、アルバム
の作成、表示、スライドショーなど、パソコンが無くても楽しめる様になっている。
最近流行のSDメディアのムービーカメラの動画(AVCHD)も取り込める様なので、SANYOの
ビデオカメラCG65で撮影したSDメモリーを挿入して見た。残念ながら、これは認識しなかった。
やはり、当社製と断ってある様に、同形式のファイルでも、他社の規格とは互換性がない様である。
一方、デジタルカメラの画像は、どのメーカーのカメラのものでも、問題なく認識して、アルバム
が作成出来た。
[PR]
by pcog1212 | 2008-10-16 23:29 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)