カテゴリ:初心者講座( 6 )

ファイルやフォルダに使えない文字・記号

溜まったファイルを整理しようと「新しいフオルダ」を作って名前を付けようとしたが出来ない場合。
ファイル名やフォルダ名を付ける時に、パソコンでは使えない文字があるのです。
例えば、日付フォルダを作ろうとしても、2011/04/15 と入力しても、下図の表示が出て作れない
のです。

f0070279_17131869.jpg


このメッセージにある様に、¥ / : * ? " < > | の9つの記号が使えない決まりになっています。
[PR]
by pcog1212 | 2011-04-15 17:20 | 初心者講座 | Comments(1)

Cドライブが一杯になってしまった

先日来、首題のトラブルが続けて2件もあったので、対策についてまとめて見た。
数年前のメーカー製品の中には、Cドライブの容量を 15GB 程度にして、残りをDドライブにしたものが多く、
使い込んで来ると、Cドライブが一杯になり、動かなくなったり、エラーメッセージが出る様になる。

1.Dドライブがあるか、あるとして残容量がどれくらいあるかを確認して置く。
   「スタート」-「コンピューター」で下図の様に表示されるので確認する事が出来る。
f0070279_024315.jpg

2.その上で、マイドキュメントのリンク先を、Dドライブに変更する。
3.インターネットの一時ファイルをDドライブに移動する。
4.仮想メモリーの場所をDドライブに変更する。
5.不要なプログラムを削除する。

 具体的な方法は、ニコちゃんの初級PC講座 を参考にされたい。

 これで、Cドライブに余裕が出来る筈だが、それでも不具合が発生している場合は、リカパリーをしなければ
ならない。
[PR]
by pcog1212 | 2010-05-07 00:25 | 初心者講座 | Comments(0)

デジカメの画像を他のメディアに移す

デジカメで撮影した画像を他のメディアに移す方法。
先ず、パソコンで読み取れる様にします。その為には、1.カードリーダにカメラのメディアを挿入
してパソコンで読み取る。2.カメラに USB ケーブルを接続してパソコンで読み取るなどの方法が
あります。
パソコン側でメディアが認識されると、下図のようなメニューが表示されます。
f0070279_10433143.jpg

上図のメニューから「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。
f0070279_10464571.jpg

上図の DCIM を Wクリック(又はクリックして開くをクリック)します。100CANON が出ます。
f0070279_1049355.jpg

このフォルダー名はメーカーによって違いますが、この中に撮影した画像ファイルがあるのです。
Wクリックすると画像ファイルが表示されます。
f0070279_10512236.jpg

画面右上の表示アイコン[1]をクリックするとメニューが出るので「大アイコン」にすると、どんな
画像が入っているかが縮小画面で確認出来ます。XP の場合は「縮小版」にします。
f0070279_11281662.jpg

このファイルをWクリックすると大きい画面で見る事が出来ます。
これらのファイルを外付けハードディスクとかフラッシュメモリーにコピーすれば良い訳です。
コピー先のメディアをパソコンに接続すると「ペコン」と音がして、メニューが出るのでドライブ名を確認します。
次に、コピーしたい画像を選択し、(複数のファイルを選ぶ時は、CTRL を押しながらクリック)選択した画像の
上で右クリックし、「送る」でコピー先のドライブ名を指定すれば良いのです。
 又、全ての画像を一括してコピーするには、フォルダー毎コピーするのが便利です。
f0070279_10533714.jpg

上図で、100CANON フォルダーの上で[1]右クリツクするとメニューが出ます。
「送る」[2]を左クリックすると、更に送り先の一覧が表示されます。
この場合は、外付けのハードディスク(M:)にコピーしたいので、[3]の赤丸内を左クリックします。
順次ファイルが転送されて行き、完了すると指定したフォルダー毎、画像ファイルがコピーされます。
念の為に、コピー先へ移動して内容を確認して見る事にします。よろしければ、100CANON と言う
フォルダー名を変更して置くと判り易くなります。(例えば、090611 の様な撮影年月日にする)
この様にカメラのメディアの画像を他のメディアにコピーすれば、カメラのメディアの画像は削除
しても構いません。カメラ側で、メニューからカードの初期化(又はフォーマット)をして下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2009-06-11 11:12 | 初心者講座 | Comments(0)

初心者講座(3)USBメモリーのアイコン

初心者講座(2)の画面で、USBメモリーのアイコンが緑のUSBアイコンになっているのですが、この作り方を
紹介します。
「USBメモリ8色セット」と言うタイトルのものを、下記のURLからダウンロードします。
http://www.towofu.net/soft/icons.htm
ダウンロードした、icon_usb01.zip 13KB を解凍すると8色のUSBアイコンが入っている icon_usb01
と言うフォルダが出来ます。
f0070279_0412374.jpg

この中から、お好みのアイコンを選んで、そのファイル(例えば、USB_Green.ico)をUSBメモリーにコピーし、
メモ帳で次の様に記入したファイルを作ります。
--------------------------
[autorun]
icon=USB_Green.ico
--------------------------
メモ帳の「ファイル」「名前を付けて保存」で、USBメモリーを保存場所とし、autorun.inf と言う名前を付ける。
これで、次にUSBメモリーを挿入すると、指定したアイコンが表示されます。
尚、USB_Green.ico と、autorun.inf は、フォルダに入れず、必ずUSBメモリーのルートに置いて下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2009-04-27 00:49 | 初心者講座 | Comments(0)

初心者講座(2)USBメモリーについて

USBメモリーとは、USBフラッシュメモリーもしくはUSBフラッシュとも呼ばる、コンパクトサイズの携帯に便利な
メディアで、データやプログラムを保存したり、手軽に持ち運ぶことが出来るものです。
最近のパソコンには、従来使われて来た、フロッピーディスクドライブが付いていませんので、その代わりとして
このUSBメモリーが良く使われる様になりました。
 使い方は簡単で、起動しているパソコンのUSB端子に挿入するだけで、「ペコン」と言う音がして認識され、
下図の様なメニューが出ます。この時に上の枠内の文字(ドライブ名)を覚えて置きます。図では(N)
f0070279_23583845.jpg

メニューの赤丸の「フォルダを開いてファイルを表示する」をクリックすると、USBメモリーに入っているファイル
が表示されます。それがワードのファイルなら、Wクリックするとワードが起動して編集する事が出来ます。
保存する時に、上書き保存にするとUSBメモリーのファイルが書き換えられる訳です。
全ての作業が終わって、USBメモリーを取り外したい時は、画面右下の取り外しアイコンをクリックします。
f0070279_0112635.jpg

下図の様に表示が出るのでこれをクリックします。
f0070279_0141454.jpg

しばらくすると「安全に取り外すことができます」と表示されるので、USBメモリーを抜けば良いのです。
[PR]
by pcog1212 | 2009-04-23 00:20 | 初心者講座 | Comments(0)

初心者講座(1)パソコンの起動からワードの操作

パソコンはあるのだけれど、旨く使える様になりたいと、初心者向け出直し講座を引き受ける事になった。
第1回 パソコンの起動からワードの操作
パソコンの起動
 電源スイッチを押して、デスクトップ画面が出るまで待ちます。
ワードの操作。(ワード2000~2003での説明)
 ○ワードの起動
  左下の「スタート」「すべてのプログラム」「Microsoft Word」をクリックすると、用紙が表示されます。
 ○文章の書き方
  カーソルが点滅している場所から書き始める事になります。
 「ローマ字変換」を使うとして最初に覚えて置く必要のあるキーは、、で、これは日本語の
母音、あ、い、う、え、お になります。
 エンターキー (変換の確定と改行)
 スペースキー (文字の間に間隔を作る事と文字の変換)
 BackSpaceキー(カーソルの左側を削除する)
 Delete(DEL)キー(カーソルの右を削除する)
 F7キー (ひらかなをカタカナに変換する)

 文字の字体や大きさを変えるには、文字列を範囲指定して、ツールバーで行います。範囲指定とは、文頭に
カーソルを置き、右矢印キーを押して文字を反転させる事を言います。
 下図の「MS明朝」の表示が字体、その右の「12」が文字の大きさで、枠の右にある▼をクリックすると変更候補が出て来ます。
f0070279_2253174.jpg

 文字を入力して行き、行末で改行する時は、エンターキーを押します。鍵型のマーク「改行マーク」が入ります
が、これは印刷されません。
  は太字(bold)、 は斜体(italic)、 は下線(underline)です。いずれも、マウスポインターをマークの
上に載せると説明が出ます。
 ○保存の仕方
  上のメニューバーの「ファイル」「名前を付けて保存」をクリックし、ファイルの場所が「マイドキュメント」に
 なっている事を確認して、ファイル名の枠内に、名前を入力し(例えば「パソコン日記」)「保存」を押す。
 ○作成した文書に追加をする場合
  ワードを起動し、「ファイル」「開く」をクリックして、マイドキュメントの中にある、「パソコン日記」をクリックし
 て「開く」をクリツクする。
  作成済みの文書が表示されるので、カーソルを最終行の下に置いてから、続きを書き込んで行きます。
 完成したら、「ファイル」「上書き保存」をクリックします。
 日記の場合は、この様にして毎日書き足して行けば良い訳です。

 ○印刷の仕方
  「ファイル」「印刷プレビュー」を押すと、現在設定してある用紙の上に、どんな感じで印刷されるかが判る様
 な図が表示されます。
  それで良ければ、プビュー画面のツールバー左端にあるプリンターアイコンをクリックすると印刷されるが、
 一旦、ツールバーの「閉じる」をクリックして、プレビューを終了し、「ファイル」「印刷」をクリックする。
 内容を確認して「OK」を押すと印刷される。
 念のために、印刷の前にプリンターに電源が入って、用紙がセットしてある事を確認して置いて下さい。

 ○ワードの終了
  保存が終わったら、ワードの右上にある×印をクリックすると終了する。
 ここで保存されてない場合は、保存しますか?と言う表示が出るので「はい」を押します。

では、本日習った内容の要点をワードで作って見ましょう。
[PR]
by pcog1212 | 2009-04-16 23:02 | 初心者講座 | Comments(1)