カテゴリ:Windows7( 81 )

Windows7 のデフラグ

Windows7 でデフラグ(ファイルの最適化)を行う方法について。

1.「スタート」から「コンピュータ」をクリックする。
2.Cドライブの上で右クリックし、「プロパティ」をクリックする。
3.「ツール」のタブから「最適化する」をクリックする。

f0070279_23515246.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2011-12-17 23:54 | Windows7 | Comments(0)

縮小版が表示できなくなった

新しい Windows7 のパソコンで、画像ファイルの縮小版が表示されなくなってしまったと言う案件です。
下図の右側に出ている縮小画像が出なくなっていました。
こんな時は、エクスプローラの「整理」から「フォルダーと検索のオプション」をクリックすると、
f0070279_0114891.jpg

下図が出るので、
f0070279_0144016.jpg

「表示」のタブから「常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない」のチェックを外せば出る様になります。
尚、その下の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外して置くとファイルの種類が明確に
なります。
[PR]
by pcog1212 | 2011-12-14 00:20 | Windows7 | Comments(0)

Windows7の自動再生設定について

Windows7 になって、自動再生が従来と少し違うので調べて見ました。
コントロールパネルを開いて、表示方法を「カテゴリ」にして「ハードウエアとサウンド」をクリックします。
メニューが出るので「自動再生」をクリックすると下図が表示されます。
この窓で設定して保存を押せば変更されます。
f0070279_23275552.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2011-12-12 23:33 | Windows7 | Comments(0)

ユーザーアカウント制御が出る

Windows7 を使う様になって、古いプログラムなどを実行しようとすろと、下図の様な表示が出る様になった。
 この場合、どうしたら良いのかと言う質問である。
f0070279_21454782.jpg

ユーザーアカウント制御(UAC)は、WindowsVista から設けられた機能で、ユーザーの意図しない操作や
許可していないプログラムなどの実行を防ぐための事前に確認をする、セキュリティ メッセージウィンドです。
 従って、「はい」を押して進めれば良い訳です。
詳細については、http://www.pasoble.jp/windows/7/08805.html を参照して下さい。

Vista で、ユーザーアカウント制御をOFFにする方法を、こちら に UP してあるので、利用出来ます。
[PR]
by pcog1212 | 2011-10-16 21:52 | Windows7 | Comments(0)

TODO:<File description> は動作を停止しました

Windows7(64bit)で、CyberLink の PowerDVD 10 をインストールしたが、PowerDVD を起動すると、
「TODO:<File description> は動作を停止しました」と言うメッセージが出る。キャンセルすれば使えるが
毎回の表示が気になる。何とかならないかと調べて見た結果、下記の方法で解決した。

C:¥Users¥ユーザ名¥AppData¥Local¥Temp¥ の中にある、COMAP.exe のプロパティを開き
互換性のタブで、下図の様ににチェックを入れて、7互換にすると、エラー表示を消す事が出来た。
f0070279_23592114.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2011-07-27 00:01 | Windows7 | Comments(0)

画面の左右にウインドウが貼り付く

Windows7 で、ウインドウを画面の右又は左に近づけると画面の端に吸い付いてしまって不便を感じる事が
ある。これは、エアロスナップと言う機能だが、かえって使い難い場合がある。その機能を解除する方法。
「コントロール パネル」から「コンビュータの簡単操作センター」を開き、「マウスを使いやすくします」をクリック。
f0070279_14311384.jpg

上図の「ウインドウが画面の端に移動されたときに自動的に整列されないようにします」にチェックを入れる。
「適用」を押して「OK」を押せば、エアロスナップ機能は解除される。
尚、この場合、同時にエアロシェイク機能も無効になるので要注意である。
[PR]
by pcog1212 | 2011-06-19 14:37 | Windows7 | Comments(0)

Windows7 でワードアートの操作が違うものがある

Q:Windows7 で、ワードアートを使うと「AAAAA」ばかり出て、従来の様に使えない?

A:ワードが入っている、Microsoft Office は、Office2010 が最新で、Office2007、Office2003 など
 のバージョンがあります。
 メーカー製のパソコンには、Office が初めから入っているものがありますが、OS が同じ Windows7 で
あっても、Office のバージョンは同じではありません。質問者は Word2010 を使っている様です。

 ワードアートには2種類のものがあります。
 Word2007 以前のワードアートは「ワードアート ツール」リボンを使って操作します。
 Word2010 のワードアートは「描画ツール」リボンを使って操作します。

Word2010 で、2007以前と同じ様な操作をしたい場合は、次の方法があります。

 Word97-2003用のテンプレートを作成する。
  1.Word2010を開き、[ファイル]→[名前を付けて保存]を実行します。
  2.保存先を、C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Templates とし、
    ファイルの種類で「Word 97-2003 テンプレート(*.dot)」を選択します。
    ファイル名には分かりやすい名前を付けます。「97-2003文書用」など。
  3.[保存]ボタンをクリックすると、テンプレートの保存ができます。
 
 「97-2003文書用」テンプレートを開きます
  1.[ファイル]タブの[新規作成]を選択し、「マイテンプレート」を開きます。
  2.保存した「97-2003文書用」テンプレートを開きます。下図の赤枠。
f0070279_9531620.jpg

  3.新規文書が[互換モード」で開き、これでWord2007以前の(従来の)ワードアートが利用可能です。
  4.[ファイル]→[名前を付けて保存]で「Wordの文書」で保存を実行します。
   新機能が使用できるが、レイアウトが変更される場合があるとの確認画面が表示されますが、[OK]を
   クリック。
  5.Word2010標準モードになりますが、「ワードアートツール」が利用できます。
  6.この状態では、ワードアートは、Word2010のスタイルで挿入するようになります。
  7.これで、2つのスタイルのワードアートが使える文書ファイルが出来た訳です。
   従来形式のワードアートは最初に挿入したものをコピーして、改変していけば良い事になります。
[PR]
by pcog1212 | 2011-06-05 10:07 | Windows7 | Comments(0)

XPマシンから 7 マシンへの乗り換え

長年、WindowsXP のマシンを使い続けて来たのだが、全体が少し重くなって来たので、そろそろ
Windows7 マシンに乗り換えたいと言う事で購入された、Fujitsu LIFEBOOK AH53/C の設定を
したので、要点を記す。Core i3、RAM=4GB、HDD=500GB、Windows7 Home premium 64bit、
MsOffice2010 が付属している。
f0070279_04258.jpg

設定にあたっては、出来るだけXPでの操作性に近い形にする事とした。

1.初期設定をする。これには30分以上の時間が掛かった。
2.無線LAN の設定をし、
3.MicrosoftSecurityEssentials をダウンロードしてインストールした。
4.デジカメde!!同時プリント9は、VistaforAIsoft を入れてインストールし、データはDドライブ
 に作成する様に設定した。
5.AdobePhotoshopElements8と
6.JTrim をインストールした。
7.WindowsLiveMail は入っていたのでXPからエキスポートして置いたアカウントとアドレス帳
 をインポートして動作確認した。
8.AH53/C からリカバリDVDを作成(5枚)した。データ照合までするので時間が掛かる。
 但し、容量が少ないリカバリ3とソフトウエア2はチェックで異常終了となった。
9.Office2010 から Word を起動してプロダクト番号を入れて使える様にした。
 プロダクト番号は Office2010 のケースに貼ってある。
10.起動時に Norton が表示されるので NortonSecurity を削除した。
11.FMV は、マウスのシングルクリックで開くになっているので、フォルダーオブションから
 ダブルクリックで開くに変更した。
12.筆まめ18をインストールした。
13.マイリカバリを使って、現状のバックアップをDドライブに作成した。
14.BeatJam2005 インストールし、BJ2011 に Update した。
15.MP3 の MUSIC をDドライブに入れた。
 これで、メール、インターネット、ブログ、音楽CDの再生録音などが使える様になった。
16.デスクトップビューは機能停止とした。
17.プリンタドライバーをインストールした。

メディアを挿入すると富士通のソフトが先に起動するのが問題として残る。

f0070279_07455.jpg

先に紹介した、i3 マシン との評価の違いは、64bit と 32bit の差だと思われる。
f0070279_08249.jpg

2011年春型のマシンなので USB3 端子もあり、液晶も非常に綺麗である。
[PR]
by pcog1212 | 2011-05-11 00:13 | Windows7 | Comments(1)

マウスポインタが右下へ行くと画面が消えてしまう

Windows7 では、マウスポインターを画面の右下に持って来ると、表示されている画面が枠だけに
なって、デスクトップの状態を見る事が出来る、デスクトッププレビュー機能があります。
何かの作業中に、たまたまマウスが動いて右下へ行くと、パッと画面が無くなった様になります。
そこで、この機能を無効にする方法について。
画面下のタスクバー上の何もない部分で、マウスを右クリックすると下図の様にメニューが出ます。
f0070279_23344367.jpg

表示されるメニューから[プロパティ(R)]をクリックします。
f0070279_23355470.jpg

[Aero プレビューを使用してデスクトップをプレビューする(P)]のチェックを外して「適用」
「OK」を押すと、デスクトッププレビューの機能は無効になり、マウスボインターが右下に行っても、
画面は変わらなくなります。
この状態でも、画面右下隅のボタン「デスクトップの表示」をクリックするとデスクトップ画面だけ
になります。再度、押すと元に戻ります。
尚、このショートカットキーは、「ウインドウキー+Dキー」で、同じ操作が可能です。
[PR]
by pcog1212 | 2011-05-06 23:39 | Windows7 | Comments(0)

東芝 satellite T42 の優待アップグレード

東芝 satellite T42 の優待アップグレードを申し込んだので、材料は揃って居るのだがと WindowsXP
にダウングレードしたマシンの持ち主からアップグレードの依頼があった。
 東芝のキャンペーンに応募してメーカーから送付されたのは、下記のアップグレードキットである。
 1 Windows® 7 アップグレードディスク(DVD1枚)
   Windows® 7 OS 本体 Windows® 7 professional & UpgradeGuidance
 2 グレードアップ説明書

但し、アップグレードを行うには、WindowsXP からは不可能で、WindowsVISTA にリカバリの
 必要がある事と、インターネットに接続出来る事が条件になっていた。これは、ドライバ、BIOS、
添付アプリ集などをインターネット経由でダウンロードして行う為であった。この辺はメーカーにより
違いがある様だった。

以下にアップグレードの手順を示す。
1.メールアカウント、アドレス帳及びメッセージを別に保存する。
2.WindowsXP を WindowsVista にリカバリーし、メールは WindowsMail に移行して置いた。

3.WindowsVista に Windows® 7 アップグレードディスク(DVD)をセットして起動すると、
Windows7 へのアップグレードガイダンスが表示されるので指示に従って操作すると、ドライバ、
BIOS、添付アプリなどがダウンロードされて、インストールする準備作業が自動的に行われた。
4.(3)が完了するとWindows® 7 アップグレードディスク(DVD)から必要なファイルがコピーされ、
5.Windows7 のインストール作業が行われ、何度か再起動を繰り返して120分程で終了する。
 この間にプロダクトキーを要求されるので、ケースに貼ってあるラベルを見て入力する。
6.再起動して、Windows7 が起動してから、プリンターを接続するとドライバーが自動的に組み込
 まれて使用可能になる。
7.インターネットエクスプローラを起動して、接続と表示を確認する。起動時に表示するサイトは
 MSNになつているので、好みのものに変更する。
8.WindowsLiveMail をインストールし、アカウントやアドレス帳をインポートして送受テストする。
9.最後に、コントロールパネルからシステムを開いて、Windowsライセンス認証を取得する。
 ask for genuine Microsoft software が表示されればOKである。
10.この後、必要なソフトウエアをインストールする。この作業に結構時間(約2時間)が掛かった。
[PR]
by pcog1212 | 2011-03-18 23:28 | Windows7 | Comments(1)