カテゴリ:Windows7( 81 )

Windows7 システムの回復

Windows7 での、システムの回復は、コントロールパネルから「回復」をクリックします。
f0070279_23452776.jpg

下図が表示されるので「システムの復元を開く」ボタンをクリック。
f0070279_23474731.jpg

システムの復元の窓が開き、復元ポイントが表示されるので、ポイントを選択して次へを押す。
f0070279_23511480.jpg

後は画面の指示通りに進めれば、選択した時点のシステムに復元される。
[PR]
by pcog1212 | 2010-10-23 23:53 | Windows7 | Comments(3)

Windows7でファイルの関連付け

新しく画像処理ソフトをインストールすると、画像ファイルがそのソフトに関連付けされてしまうケースが良くあり、
この関連付けを元に戻したい事があります。但し、Windows7の場合はファイルの関連付けの操作方法が
XPの場合と少し違うのです。
「.jpg」ファイルをすべて「ペイント」で開くように変更する方法について。

1. スタートメニューより「コントロールパネル」をクリック
2. 右上の表示が カテゴリ の場合はラジオボタンをクリックして大きいアイコンまたは小さいアイコンにする。
3. 「既定プログラム」-- 「既定のプログラムの設定」をクリック
f0070279_23262344.jpg

4. 「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け」をクリック
f0070279_23273495.jpg

5. 一覧より「.jpg」を選択し、「プログラムの変更」をクリックします
6. 「.jpg」ファイルを開くときに関連付けたいソフトを選択しOKをクリックして完了です。
   この場合は「ペイント」を指定します。
   指定したいソフトが表示されていない場合は、「参照」ボタンをクリックして指定します。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-26 23:31 | Windows7 | Comments(0)

Windows7 システム修復ディスク

Windows 7 で重大なエラーが発生した場合に備えて システム回復オプション という機能が用意されている。
この機能が利用できないほど重大なエラーが発生したり、あるいはメーカー製 PC でシステム回復オプション
が利用できないようになっている場合に備えて、システム修復ディスクを作成しておいた方が良い。
1.[コントロール パネル]-[システムとメンテナンス]-[バックアップと復元] を開く。
f0070279_11343747.jpg

2.左側の窓で、[システム修復ディスクの作成] をクリックし、
3.DVD-R のメディアを挿入して、画面下の「ディスクの作成」をクリックすると修復ディスクが作成される。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-10 11:39 | Windows7 | Comments(0)

Windows7 に入れた Scrcut が変!

Windows7 に、画面キャプチャーソフト  Scrcut を入れて 使っていたのだが、 保存した画像の上部に変なもの
(下図赤枠内)が入る事に気が付いた。
f0070279_11561140.jpg

これは、scrcut のメニューで表示している項目である。
考えてみると、メニューをクリックして「コピー(フレーム内部) F2」をクリックしてコピーした時に出るらしい。
そこで、メニューをクリックせずに、ファンクションキーのF2をクリックしてコピーすると、正常にコピー出来た。
以上、Scrcut12 を Windows7 Pro で使用した場合の例である。
[PR]
by pcog1212 | 2010-05-22 12:04 | Windows7 | Comments(0)

Windows7 64bit 版 (3)

Windows7 64bit 版は、その後も引き続き使っているので、色々なフリーソフトなどを試して見た。

1.CrystalDiskInfo  HDD の情報を提供して呉れる。
2.SmartDefrag HDD のデフラグが簡単にできる。
3.Audacity Sound 処理ソフト
4.ImgBurn イメージファイルの作成・書き込みソフト
5.CDcopy CRCエラーの出る CD/DVD をコピーする。
6.DVD Decrypter DVDのリッピングツール
7.DVD Shrink DVD圧縮ツール

 殆どのフリーソフトが、64bit でも使える様なので、当分 32bit に戻れそうにない。
[PR]
by pcog1212 | 2010-04-19 23:46 | Windows7 | Comments(0)

RAM の増設

Windows7 64bit版を触っている内に、折角だから RAM を増設して見ようと思い立った。
現在の RAM は、2048MB×2(Melco(CFD) PC-6400 400MHz)で、合計 4GB である。
そこに以前使っていた、1024MB×2 (Nanya Tec PC2-5300 333MHz)が共に DDR2 なので追加して
見る事にし、空きスロットに挿入した。
f0070279_23195423.jpg

結果を CPU_Z で見ると、合計RAM=6GB となり、駆動周波数は、333.9MHz で働いている。
スロット#1 は、
f0070279_23213382.jpg

スロット #2 は、
f0070279_2323658.jpg

同じ、DDR2 形式ではあるものの、PC2-6400 と PC2-5300 の様に違う駆動周波数のものでも、同時に
使える場合がある。
[PR]
by pcog1212 | 2010-03-23 23:27 | Windows7 | Comments(0)

Windows7 64bit 版 (2)

Windows7 64bit版 その後に Install したソフト
Google Earth、Google Chrome、Glary Utilities、DVD MovieWriter5 for I-O Data、筆まめ20、
PCastTV for 地デジ Lite、Microsoft Office 2007、キャノンお知らせメッセンジャーなどである。
このキャノンお知らせメッセンジャーをダウンロードしてインストールすると、ソフトウエアバージョン診断と言う
プログラムがある。先に働かなかった「らくちんCDダイレクトプリント」は「最新」になっていた。
f0070279_2251516.jpg

その上の「OS標準ドライバ機能拡張モジュール」が「インストールされていません」になっていたので、この欄
からダウンロードして、インストールした結果、「らくちんCDダイレクトプリント」は見事に起動した。
現在の処、これで画像処理、プログ更新、メール、ネット検索など、ほとんど支障なく使えている。
[PR]
by pcog1212 | 2010-03-13 23:01 | Windows7 | Comments(1)

Windows7/Vista でヘルプが開けない

Vista/Windows7 で、少し旧いソフトを使っていて、ヘルプを開こうとすると下図が出て開く事が出来ない
事があります。
f0070279_11214318.jpg

正確には、「Windows ヘルプ (WinHlp32.exe) プログラムを必要とするヘルプ ファイルを開けない」と
言うことになるのですが、これは、マイクロソフトが、Windows Vista および Windows Server 2008
以降の Windows のリリースで 32 ビットのヘルプ ファイル ビューアーの供給を停止した為なのです。
従って、Windows Vista 用や Windows7 用の WinHlp32.exe のダウンロードが必要になります。

ダウンロード版の WinHlp32.exe を入手するには、マイクロソフトWeb サイト にアクセスしてください。

更に、OSのバージョンによってダウンロードするファイルが異なるので注意してください。

Windows 7 用 Windows Help プログラム (WinHlp32.exe)の場合、
  64ビット版は、Windows6.1-KB917607-x64.msu   702 KB
 32ビット版は、Windows6.1-KB917607-x86.msu   688 KB

ダウンロードしたファイルを実行すると、WinHelp32.exe を必要とするヘルプを開くことが出来る様になります。
[PR]
by pcog1212 | 2010-03-13 00:34 | Windows7 | Comments(0)

Windows7 64bit 版を使って見た

最近発売されているメーカー製品の中で、Windows7 64bit版がプリインストールしてあるものが出て来て
いるので、Windows7 Homepremium 64bit版を Maxter HDD にインストールして見た。
現在、RAM=4GB なので、さすがに処理時間は速いと感じさせられる。まず、ディスプレイ・ドライバーとして
NIVIDA DisplayDriver 64bit版をDLしてインストールした。
次に、WindowsLiveMail を入れ、一太郎2010、ATOK2010 を入れ、ここまでは問題なかったのだが、
BsGOLD10 をインストールした処、DVD Drive が認識されなくなる現象が発生した。色々と模索した結果、
デバイスドライバーで、DVDドライブを一旦、削除して、ソースネクストのHPから、BsGOLD10 の updata
GOLD1001b.exe を DLし、インストールして再起動する事により、DVD ドライブを認識させる事が出来た。
adobe PhotoShopElements7 をインストールしたが、問題はなさそうである。
CyberLink の PowerDVD9 をインストールしたが、これも問題なし。
JTrim と Mediaplayerclassic は、他のドライブのものをショートカット作成で使えた。
デジカメde!!同時プリント9は、VistaforAIsoft.exe を実行してからインストールして、一応、使えている。
BeatJam は、2005 をインストールして置き、bj2009r3up.exe を実行した上でbj2009r3upm.exe を
実行して、使えている。
ScreenCutter のインストールは、VisualBasic6.0(SP3以上)のランタイム(なっちゃんずらんたいむ)
をインストールしてからでOKだった。
Canon Inkjet Printer IR-7100 は、オンラインでドライバーがインストールされ、使用可能になった。
らくちんCDプリントは、CDからインストールして、cddp231aInstaller.exe を実行したのだが、「対応する
プリンタが見つからない」と出て、起動しなかった。
Real Player SP をインストールしたが、これも問題なく使えている。
 以上、とりあえず Windows7 64bit版の使用状況である。
[PR]
by pcog1212 | 2010-03-09 22:26 | Windows7 | Comments(0)

エクスプローラでコンピュータを開く

Windows7 で、タスクバーのエクスプローラ・アイコンをクリックすると、ライブラリーが表示される。これを、
各ドライブに直接アクセス出来るように「コンピュータ」を開く様にする時は、次の様にする。
タスクバーのエクスプローラ・アイコンを右クリックすると出るメニューからエクスプローラを右クリックする。
次にプロパティをクリックすると下図が出るので、ショートカットのリンク先の最後に「 ,」を追加する。
%windir%explorer.exe ,
f0070279_1745179.jpg

これで、タスクバーのエクスプローラ・アイコンをクリックするとコンピュータが開くようになる。
[PR]
by pcog1212 | 2010-03-09 17:53 | Windows7 | Comments(1)