<   2006年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Medi@Show編集時の音声効果について

Medi@Show 編集時の音声効果(下図[1]の♪アイコン)について調べて見た。
これは、BGMの他に、例えば現地音や効果音などを入れたい場合に使う。
f0070279_19585960.jpg

[1]をクリックし、[2]の▼をクリックすると「音声効果の継続」「音声効果の消去」「テンプレート」
「任意のファイル」の4つのメニューが出るので、「任意のファイル」を選び、[3]開くで効果音声の
ファイルを開く。次に[4]のチェックをクリックすると、編集中のこの画面にBGMに重複して効果音
が挿入される。
次の画面にも効果音を使う場合は、[2]を「音声効果の継続」にして[4]をクリックする。
効果音を切るには、効果音を切る画面で編集状態にして、[1]の後、[2]で「音声効果の消去」を
選び、[4]をクリックすれば良い。
尚、テンプレートには、擬音も含めた色々な効果音が用意してあるので、画面に合わせて使う事
が出来る。
[PR]
by pcog1212 | 2006-10-31 20:11 | Medi@Show | Comments(0)

らくちんCDダイレクトプリントの Update

らくちんCDダイレクトプリント for CANON が、9月21日にバージョンアップしました。
f0070279_0572254.jpg

新しいバージョンは、2.2.1で、ダウンロードはこちらから出来ます。
[PR]
by pcog1212 | 2006-10-29 01:00 | ソフト | Comments(0)

Medi@Show3 EndTitle をフェードアウトしたい

Medi@Show3 を使ってプロジェクト編集を進めた最後に、EndTitle の編集をする事になる。
最後の画像をフェードアウト(溶暗)して終わりたい場合は、黒バックを、青色にしてエンドタイトル
を入れる時は青バックを作成する。
1.黒(青)バックの作成
「スタート」すべてのプログラム「アクセサリ」「ペイント」を起動する。
新規作成として、800×600 か 640×480 程度の枠にしておく。
f0070279_2271073.jpg

「編集」「すべて選択」とすると画面枠に点線が入る。「色」「色の編集」で「黒」か「青」を選びOKを
押す。ツールボックスの右上から2番目の「塗りつぶし」アイコンをクリックするとポインタがインク
缶の形になるので、範囲指定した真ん中でクリックすれば指定した色で塗り潰される。
これを「ファイル」「名前を付けて保存」する。

2.Medi@Show3 のプロジェクトを開き、ライブラリの状態にする。左のプルメニュー3行目左端
 「読み込み」「ファイルの読み込み」をクリックし、先程保存した黒(青)バックの画像を読み込む。
f0070279_22204130.jpg

ライブラリ画面に読み込めているので、選択して置いて、右クリックし「ストーリーボードに追加」を
押す(上図)。ここで編集バネルの一番上のボタンを編集に切り替えて、EndTitle の文字を入れた
上で最後の黒バックで「トーランジション」に「フェード」効果を掛けてやれば、フェードアウトして終了
する事が出来る。
[PR]
by pcog1212 | 2006-10-27 22:37 | Medi@Show | Comments(0)

Medi@Show3 の音楽の取り込み

Medi@Show では、音楽の取り込みが出来るが、注意しなければならない点がある。
下図で黒いスクリーンの右がマイク入力調整、その隣が再生音量調整で、下のボタン類は左から
再生、一時停止、停止、録音、保存、設定となっている。このシステムでは、CDだけでなく外部の
音楽をマイク入力から取り込む事も出来る。但し、レベルは Cut&Try で設定する必要がある。
f0070279_23102625.jpg

黒いスクリーンの右下の表示に注意する。この数値になってない場合は、右下のハンマーアイコン
をクリックして、デバイスの設定(下図)を表示させる。
f0070279_23131711.jpg

「音声形式」をクリックして、サウンドの選択(下図)を出す。
f0070279_2314521.jpg

属性の枠の右端にある▼をクリックして 44.100kHz,16ビット、ステレオ  172KB/秒を選んで、
OKを押す。
これは、MP3形式で取り込んだ、他の音声と結合させる時に合わせられる様にする為である。
初期設定のままで使うと、うまく結合出来ないので、注意の事。
[PR]
by pcog1212 | 2006-10-25 23:27 | Medi@Show | Comments(0)

チェックディスクは何処へ行った?

昨日の記事中で「チェックディスクをフルで掛けた」と表現してしまったが、これは DOS時代の話、
現在は、ディスクのプロパティの中に「エラーチェック」と言う形で残っている。
 「スタート」-「マイコンピュータ」で、Cドライブを右クリックし「プロパティ」をクリック、「ツール」の
タブを開くと下図が出る。[1]がチェックディスクで、[2]がデフラグ(最適化)である。
f0070279_102735100.jpg

エラーチェックの「チェックする」矢印[1]を押すと、更に下図が出るので、オプションをチェックし、
f0070279_10304774.jpg

「開始」をクリックする。これでチェックディスクの予約が出来た事になるので、次に Windowsを
起動する時に実行される。
 オプションにチェックを入れた場合は、不良クラスタがあれば自動的に処理して呉れる。
但し、ハードディスクの容量にもよるが、相当な時間(数時間)を必要とするので注意の事。
順序としては、先に「エラーチェック」をしてから、「最適化」を実行する事になる。
これは、パソコンの動きがおかしいと感じたら、まずやって置きたい操作である。
[PR]
by pcog1212 | 2006-10-24 10:42 | パソコンの基礎 | Comments(1)

Acronis True Image で Backup 出来ない

8月31日に、HDDバンドルの Backup ソフト Acronis True Image LE について述べたが、
増分や差分 Backup が可能と言う事で、Acronis True Image Ver.9 を入手した。
f0070279_221527100.jpg

このソフトはマシンとの相性があって、他のバージョンでは働いても使えない事があるらしいが、
90日ほど前に Backup してあったので、差分 Backup を取るべく作業をした処、ほぼ終わり
近くになって、エラーが発生しましたと中止してしまった。当然、何のファイルも出来ていない。
そこで、Cドライブにチェックディスクをフルで掛けた。随分と時間が掛かったが、やはり不良の
クラスタが発見され移動した。で、改めて差分 Backup を取った処、問題なく終了した。
このソフトは丸々HDDの内容を、別のHDDに Backup出来るので非常に便利であるが、この手
のソフトを使用する時には、Backup元にエラーがあつてはならない事を痛感した。
[PR]
by pcog1212 | 2006-10-23 22:26 | ソフト | Comments(0)

Enjoy JTrim について

前述のフリー画像処理ソフト Jtrim の使い方について、下記のURL の Enjoy JTrim が
大変役に立ちますので、ご覧下さい。非常に詳しい解説やサンプルがあります。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ayum/gazouhenkan/jtrim/frame.html
f0070279_0354620.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2006-10-23 00:31 | 画像処理 | Comments(0)

複数の画像を結合(連結)したい

複数の画像を結合(連結)したい場合があります。前述のフリーソフト JTrim が便利です。
JTrim を起動して、画像1を開きます。次に「編集」「連結」をクリックすると下図が出ます。
f0070279_115517100.jpg

矢印[1]が「参照」に相当するので、ここをクリックして連結したい画像を選び、[2]で連結方向を
指定します。[3]は画像の間に入れるスペースなので、このままにすると密着連結になります。
「OK」を押すと、2枚の画像が連結されているので、「ファイル」「名前を付けて保存」で、保存して
置きます。もう一組の2枚画像連結ファイルを作って、それらを連結すると4枚が連結されます。
f0070279_122943.jpg

これは左右2枚組の画像を上下に連結させたものです。
[PR]
by pcog1212 | 2006-10-22 12:04 | 画像処理 | Comments(0)

複数の音楽を結合したい

Audacity を使って、複数の音楽を結合する方法。
 Audacity を起動して、後ろに結合したい曲を読み込む。この場合は Yesterday とする。
f0070279_15531483.jpg

次に、「編集」「選択」「全て」で、曲全体を範囲指定して、「編集」「コピー」を押す。
次に、「ファイル」「開く」で、前に来る曲を読み込む。この場合は Michelle とする。
Michelle の曲終わりにカーソルを置いて、「編集」「ペースト」を押すと、Yesterday が結合
されるので、ファイルを書き出せば良い。この場合は MP3で書き出しとして別名を付けて保存
した。MP3 で書き出す為には、lame_enc.dll が必要になる。
これは、こちら を参照の事。ZIPファイルを解凍すると、その中に lame_enc.dll がある。
これで Michelle の後に Yesterday が結合されたファイルが完成する。試聴して見て曲と曲
の間が空く様なら範囲指定をして切り取れば良いし、間を開けるならブランクを挿入すれば良い。
但し、結合する曲のレートは同じものにして置く必要がある。
註)この方法は、SoundEngine などの音楽編集ソフトを使う場合は、ほとんど同じなので応用
出来る筈である。
その後、問題点があったので、こちら に追記してある。
[PR]
by pcog1212 | 2006-10-19 16:03 | オーディオ | Comments(1)

Medi@Show3のBGMに複数の曲を使いたい

Medi@Show3のBGMの挿入については、こちらに書いてあるが、Medi@Show の場合は、
蔵衛門と違って複数の曲を指定する事が出来ない。選択した1曲を繰り返す事になる。
従って、あらかじめ、Audacity とか SoundEngine などのソフトを使って、複数の曲を1つの
ファイルにしておかなくてはならない。
[PR]
by pcog1212 | 2006-10-19 15:35 | Medi@Show | Comments(0)