<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

デジカメde同時プリントから画像のメール送信が出来ない

Q1:デジカメde同時プリントから画像のメール送信が出来ないのだが? 追記版
  この方法は、こちら に記載してある。
A1:デジカメde同時プリントは8なのだが、送信の途中で、ソフトがロックしてしまう。
調べてみると、OutlookExpress の送信トレイには入ったままになっている。
そのまま、OutlookExpress からは送信することが出来た。
ウイルス・バスタが送受信メールをチェックしているので、そのせいかも知れない。
結論は、デジカメde同時プリントのメール送信を使わずに、コンバートした画像を
OutlookExpress に添付して送る様にして貰った。
複数画像の一括コンバートとメール添付
1.デジカメde同時プリントで送りたい画像を選択する。
2.「出力」-「一括コンバート」を押す。
3.出力先を決める(例えば、フォルダにチェックを入れ、「参照」でマイドキュメントを選ぶ
f0070279_13495467.jpg

4.画像形式は JPEG に、解像度は 480 に、画質はノーマルに設定する。
5.「○コンバート」をクリックすると、選択した画像が縮小されて、マイドキュメントに作られる。
  この時のファイル名は、conv0001.jpg から始まる一連番号になる。
6.OutlookExpress を起動し、「添付」をクリックし、出来上がった画像ファイルを指定する。
7.宛先・件名・本文を書いて、送信する。

Q2:「参照」でマイドキュメントを選ぶ)と言うのが良く判らない。
A2:詳しく書くと、
1.「一括コンバート」の画面で、出力先のフォルダにチェックを入れる。
2.「参照」を押して、「フォルダの参照」窓の中で、マイドキュメントを表示させる。
3.マイドキュメントの中のマイピクチャに出力する場合は、マイドキュメントの左にある+マーク
 をクリックする[1]と出て来て、+マークは-になる。[2]のマイピクチャを選び、OKを押す
f0070279_22463768.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2007-05-28 22:45 | メール | Comments(2)

WindowsXPの入れ直しをした

WindowsVistaRC1 も使えるのはあと僅かになって来たので、Vista を入れていた HDD を
Format して、先日、作成した SP2適用済みの WindowsXP の CD から新規インストール
をして見た。インストール終了後、コントロールパネルからシステム情報を見ると、当たり前だが
しっかり SP2になっていた。現用の HDD は、2年も使っていて相当重くなっているので、今回
は軽快な動作を目的として、デジカメ画像の処理とブログの作成に必要な、最小限のソフトだけ
を入れる事にした。
1.FEP は ATOK が欲しいので、一太郎は入れずに ATOK2007 のみをインストールした。
2.Microsoft Office 2002 の中から、EXCEL,WORD,PowerPoint のみを入れた。
3.デジカメde同時プリント9
4.QuickTime と iTune
5.Exif Reader
6.Scrcuter
7.Printer Deiver

 後は現用の HDD と同じドライブ構成になる様に変更し、メールのアカウント設定、保存場所
の変更などを行った。この程度だと、極めて軽快に動作する。後は必要に応じて、入れて行く
予定である。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-28 00:52 | パソコンの基礎 | Comments(3)

SP2適用済みインストールCDの作成

フリーの「SP+メーカー」 と言うソフトを使うと、2004/08 以前の WindowsXP をSP2適用済みの
インストールCDにして呉れる。
winsppm_full.exe をダウンロードすれば、起動可能な CD 作成の為に必要な、bbie10.exe
なども入っている。
 1.winsppm_full.exe を実行して「SP+メーカー」をインストールする。
 2.「SP+メーカー」を起動する。
 3.WindowsXP のインストールCD をドライブにセットする。
f0070279_22505987.jpg

 4.図の様に、WindowsXP のタグ内で、作業フォルダ、出力フォルダを指定する。
 5.ServicePack2 をダウンロードしてなければ、ダウンロードをクリックする。
 6.アップデートフォルダは、SP2 の保存場所である。
 7.出力ファイル名を、wxpsp2.iso として「作成」を押す。
 8.自動的に作業が進んで、15分ほどで、SP2適用済みの iso ファイルが出来上がる。
 9.ライティングのタブを押し、ISOイメージファイルの場所を指定する。
f0070279_230128.jpg

10.CD-R のメディアをドライブに挿入して、「作成」を押す。
 これで、起動可能な WindowXP+SP2 のインストールCDが完成する。
先にUPした、起動ディスクを使う方法より、簡単に操作出来るのでお薦めである。
尚、このソフトは Microsoft Office 2000/XP/2003 の SP にも対応している。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-25 23:07 | パソコンの基礎 | Comments(0)

エクセルの表をA4用紙に収めて印刷する

エクセルの表をA4用紙に収めて印刷するには、
1.印刷の範囲を設定し、
2.印刷プレビューで、次ページへ行ったり、セルの文字が溢れてないかチェックする。
3.印刷プレビュー画面の「設定」ボタンを押し、「ページ設定」画面で「ページ」タブを開く。
f0070279_23431554.jpg

4.上図の「次のページ数に合わせて印刷」にチェックを入れ、横・縦、共に1として「OK」を押す。
 これで、A4用紙に収めて印刷する事が出来る。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-24 23:47 | EXCEL | Comments(0)

WindowsXP SP2適用済みCDの作成

パソコンも長年使っていると、動作が遅くなったりして、Windows を入れ直す必要が出て来るが
WindowsXP が発売された頃の、インストールCDは、SP1 も SP2 も適用されていない。
一旦、インストールしてから、再度 SP2 を入れ直すのは手間が掛かって面倒である。
そこで、SP2適用済みのCDを作って置けば、インストールが一度で済む事になる。
作成方法
1.Windows XP のインストールCD(SP1未適用でもよい)の中身をHDD にフォルダを作成
  しコピーする。(例 WinXP) ドライブは、どのドライブでもよい。( 例 E:¥WinXP)
2.SP2 の CD をCDドライブ にセットする。
3.「スタート」から「ファイル名を指定して実行」をクリック。
4.Eドライブの WinXP というフォルダにコピーして、CDドライブが Hドライブ の場合は、
 このように記述し、「H:¥xpsp2.exe /integrate:E:¥WinXP」  「OK」を押す。
f0070279_0341310.jpg

5.これで、Eドライブの WinXP フォルダ内のものは SP2適用の処理が行われる。
6.処理が終わったら フォルダ winXP 中身を、そのままCD-Rに焼いて 完成。
7.完成したCD-R は直接PCを起動出来てないので、インストール時には起動用FDが必要に
 なる。
8.Microsoft のダウンロードサイトからWindows XP HomeEdition SP2 起動用ブート
 ディスク用ファイル WindowsXp-KB310994-sp2-Home-BootDisk-JPN.exe を DL
する。これを実行するとFD6枚になる。
9.この FD と完成した CD-Rを使うと、SP2適用済みのXP がインストールされる。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-24 00:38 | パソコンの基礎 | Comments(0)

Windows Vista: ベータ 2、RC1、及び RC2 の有効期限

Windows Vista RC1 を使っている向きも多いと思うが、Microsoft からのアナウンスによると
「2007年 5月 31日を過ぎてもまだプレリリース版のWindows Vistaを使用されているお客様
は、データを取得するため、2 時間に限りログインすることができます。
2 時間後に PC は自動的に再起動され、これ以降はデータを保存することができなくなります。
この 2 時間セッションに正常にログインできる期間は限定されています。」
との事で、 詳細はこちら をご覧下さい。
要するに、ベータ2、RC1、RC2 は、2007年 5月 31日を過ぎると使えなくなるので、正規版を
買えと言う事らしい。今年中は使えるかと思ったが甘かったです。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-22 23:11 | WindowsVista | Comments(0)

MOVファイルの変換(3)

2月23日に、MOVファイルの変換をUPしたが、手順が複雑で2段階に亘っていたので、今回は
QTConverter を使って簡単にドガログにUP出来る形式に変換する方法をUPします。
1.デジカメで撮影した、MOV形式のファイルをデスクトップに保存する。
2.QTConverter を起動する。下図が表示される。
f0070279_22291156.jpg

3.[1]をクリックして、変換元のファイルを指定する。この場合はデスクトップの 5190001.MOV
である。
4.変換先の形式を[2]の▼を押して、MPEG-4(mp4)とする。
5.最後に[3]の「変換」をクリックするとデスクトップに5190001.mp4 と言うファイルが出来る。
 このファイルは、そのままでドガログにUPする事が出来る。
尚、QTConverter については、こちら をご覧下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-19 22:29 | 画像処理 | Comments(0)

137GB を超えるHDD

昨日、マシンの更新に立ち会ったが、 Pentium4 641 HDD=160GB RAM=512MB DVD
MULTI に RAM を+512MB=1GB に増設したものになった。
この様に、最近、大容量のHDDが多くなって来ているが、137GB を超える HDDの全容量を正し
く扱えるようにするためには、マザーボード側のBIOSサポート以外にもWindows 2000 SP3
および WindowsXP SP1 以降で使用される ATA/ATAPI ドライバ(atapi.sys)が必要になる。
SP1 の当たっていない Windows XP で137GB を超えるハードディスクにOS をインストール
しようとするとハードディスクの容量を正しく認識しないので、要注意である。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-19 00:07 | ハード・ウエア | Comments(0)

デジタル一眼レフカメラのゴミ対策

最近のデジタル一眼レフカメラには、ゴミ対策を施したものも出ているが、少し前のカメラには、
そんなものは付いていない。眼デジの撮像素子の表面には、ローパスフィルターが付いている。
ここに、ゴミが付き易いのだが、もしゴミが付いたらどうするか?
1.レンズを外して、電源スイッチをONにし、メニューから SETUP の「クリーニングミラーアップ
 を「する」にして決定すると「シャッターボタンを押して下さい」の表示が出る。
2.シャッターボタンを押すと、ミラーが上がり、シャッターが開いた状態になる。
 この時、表示パネルは-- -- -- の点滅になる。
3.ローパスフィルターが見える様にして、ゴミやほこりが付いていないか点検する。
4.ゴミかほこりが付いていたら、ブロワー(ブラシの付いてないもの)で吹き払う。
5.カメラの電源スイッチをOFFにする。ミラーが下がってシャッター幕が閉じる。
 これで取れない場合は、サービスステーションへ持ち込まなければならない。
決して、布でこすったり拭いたりはしない事。
 以上、NIKON D70 の使用説明書より。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-17 00:08 | デジカメ | Comments(0)

記憶メディアのアイコン

 フラッシュメモリーとかHDDなどを、マイコンピュータで見た時に、特別のアイコンが表示され
ている事がある。下図は、フラッシュメモリー(E)の例
f0070279_1549674.jpg

 上図の場合は、フラッシュメモリーの Autorun.inf と言うファイルに下記の様な記述がある。
このアイコンを表示させない様にするには、icon= の前に! 記号を挿入すれば良い。

[Autorun]
open=.¥MigWiz¥migsetup.exe
icon=.¥MigWiz¥migsetup.exe
action=@.¥MigWiz¥ja-JP¥migsetup.exe.mui,-109
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-16 15:52 | パソコンの基礎 | Comments(0)