<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

パソコンのリカバリについて(追補)

パソコンを使い始めて、2年も経つと動作が変になったり起動が遅くなる事がある。そんな時は
購入した状態に戻してやる(リカバリ)のが一番である。

 メーカー製のパソコンをリカバリする手順を説明する。
 尚、最近のパソコンはリカバリCDなどが付属してないケースがあり、その場合は自分で
あらかじめリカバリCDなりDVDを作成して置く必要がある。
 リカバリとは、購入時点の状態に戻す事なので、その後にインストールしたプログラムや作成
したデータなどは消えてしまう。その為、事前にバックアップして置く必要がある。

1.前準備として、マイドキュメントと OutlookExpress のデータをフォルダごと及び蔵衛門
 のデータやデジカメde!!同時プリントのデータ及びワープロや表計算のデータや年賀状の
 住所録なども他のドライブにコピーして置く。(外付けの HDD が望ましい)
 註)蔵衛門は、GASUKE フォルダー毎保存する。デジカメde!!同時プリントは、HomeDPE
 の中の Films をフォルダー毎保存して置けば良い。
2.次に、インターネットのお気に入り、メールアカウント、アドレス帳などは、エクスポート機能
 を使って保存して置く。
3.用意するものは、リカバリCD4枚(メーカーによって異なる)と OfficeXP などのソフトの
 CDとパソコンの取扱説明書、プロバイダーの環境設定通知書、プリンターやスキャナー、
 無線LANなどのドライバーCD、WindowsXP SP2 のCD 及び、追加でインストールした
 ソフトの CD など。
4.取扱説明書に従って、リカバリを開始する。
 まずBIOSの設定で BOOT 順位を CD-ROM 優先にして置き、リカバリCDを指示に従って
 入れ替えて行く。
5.リカバリが終了したら、Windows の初期設定になる。
  初期設定が終われば、BIOSは元に戻して置く。
6.WindowsXP SP2 をインストールする。もしCD が無い場合は、Microsoft のサイトから
  ダウンロードする。(出荷時に戻すと SP が入ってない事になる場合が多い為)
  これは、コントロールパネルのシステムを開くと確認出来る。
7.これが終わるとプリンタ・スキャナー・無線LANのドライバーをインストールして設定する。
  プリンタは接続せずに、ドライバーCDを挿入し、指示を待つ事。
8.インターネット接続が可能になれば、Windows の自動更新が始まる。
  メールアカウント・アドレス帳などのインポートと同梱の Microsoft Office を始めとした、
  ソフトや追加したソフトのインストールを行う事になる。
  OfficeXP、Office2003 以降は、認証が必要なので、インターネツトに接続して行う。
  又、Office は不要な機能の削除が必要である。
9.出荷状態に戻すと、不要なランチャーなどがデスクトップに入っているので、これは削除して
  置く。こちら を参照の事。
10.先に保存して置いた、メールのアカウントやアドレス帳をインポートする。
11.蔵衛門、CyberLink 、同時プリント、PhotoshopElements2、GoogleEarth、や
  水彩7、 など必要なソフトを入れて、動作確認をする。
12.但し、無線LANが暗号化されている場合は設定が必要である。

 以上、昨年8月に行ったものを基本にして、まとめて見ましたので参考にして下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2007-07-28 21:37 | リカバリー | Comments(3)

WindowsMediaPlayer について(追加)

現在、Microsoft の WindowsMediaPlayer は Ver.9 が付属しているが、このままでは、
再生できない WMV ファイルがあったり、MP3 への変換も出来ない。
こんな時は、下記の URL から MP10SETUP.EXE をダウンロードして Install すると良い。
これで、Ver.10 となる。
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/mp10/default.aspx
尚、Windows MediaPlayer の最新バージョンは11まで出ているが、10の方が使い易い
と思われる。
又、そのままUPDATEした処、Ver.11 になってしまったと言う話も何件かありました。
その場合は、「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」で MP11 を削除しようとする
と、「Windows Media のロールバック・元のバージョンに戻しますか?」と聞いて来るので、
「はい」をクリックすると、元のバージョンに戻ります。
この状態で、MediaPlayer の「ヘルプ」「バージョン情報」で、バージョンを確認して、Ver.9
なら、改めて Ver.10 をインストールします。
[PR]
by pcog1212 | 2007-07-28 21:33 | パソコンの基礎 | Comments(2)

休止状態からの復帰でシステムが応答を停止してしまった

休止状態からの復帰でシステムが応答を停止してしまった。富士通のラップトップでの現象で
ある。
画面に何も表示されない状態でシステムが応答を停止し、キーボード、マウスなども反応しなく
なる。現象発生時には、機械的に電源を切る以外に一切の操作が出来なくなる。
「対策」
 一旦電源を切った後、しばらくしてから再度電源を投入すると、「システムは休止状態からの
復帰に失敗しました。もう一度再起動しますか?
」と言うメッセージが表示され、
「復元データを削除してシステム ブート メニューにすすみます」
「続けてシステムを再起動します」
と言う2つの選択メニューが表示される。
 一旦、「続けてシステムを再起動します」を選択して見て、これでシステムが復帰しない場合、
休止状態の保存ファイルが損傷している可能性があるので、
復元データを削除してシステム ブート メニューにすすみます」を選択して再起動する。
[PR]
by pcog1212 | 2007-07-27 23:44 | パソコンの基礎 | Comments(0)

パソコンが時々動かなくなる

先日来の持ち込み事案で、パソコンを使用中に突然画面が真っ黒になって動かなくなると言う
事である。
持ち込まれた、パソコン(OSは WindowsMe)にケーブルを接続して動作させて見たが、全く
問題は出ず、起動して使用出来る。持ち帰って回復したとの報告を受けてから、約2週間後に
又、同じ現象が出たと言うので、再度点検したが、今回も異常なし。
 聞いて見たら、設置場所が日の当たる場所であるとの事。恐らくは、筐体内部の温度上昇が
CPU周辺にまで及び熱暴走したものと思われる。
 くれぐれも、温度上昇の可能性のある場所に設置する事は避ける様に注意したが・・・
かって、ノートパソコンを炬燵の上で使って故障したケースもあるので、パソコンの放熱には
注意したいものである。
[PR]
by pcog1212 | 2007-07-25 21:40 | パソコンの基礎 | Comments(3)

GPS-CS1K を海外で使う

5月10日にUPした、デジカメ付属機器 GPS-CS1K を、海外で試して見る機会があったの
で、実験して見た。場所はスイスのルツェルン市内の大寺院ホーフ教会である。
f0070279_114343.jpg

市内散策の時から、GPS-CS1K の電源は入れてあったので、デジカメの EXIF 情報に記録し
画像を右クリックして、Locate Spot on Map by GPS をクリックすると googleMap が
表示され、拡大して見ると下図の様に、ほとんど誤差なく表示された。
f0070279_173756.jpg

右上の緑の矢印が撮影場所である。従って、空の開けている場所なら、世界のどの場所でも
ほぼ正確に表示できる様である。
[PR]
by pcog1212 | 2007-07-24 01:10 | デジカメ | Comments(6)

画像の周囲をボカして切り取る方法

Adobe Photoshop Elements を使った方法です。周囲全部をぼかす事が出来ます。
画像を周囲をぼかして切り取るには、下記のようにします。
1.先ず、選択ツールアイコンで切り取る範囲を決定します。
2.次に「選択範囲」「境界をぼかす」をクリックし、境界をぼかすの窓で、半径を、10pixel から
 15pixel くらいに指定して「OK」を押す。
3.「編集」「コピー」を押す。
4.「ファイル」「新規」「クリップボードからの画像」を押すと、レイヤーとして画像が表示される。
5.「レイヤー」「画像を統合」をクリックする。(統合しないと jpg で保存出来ない)
6.「ファイル」「別名で保存」で名前を付けて保存する。


尚、背景を透明にしたい場合は、「レイヤー」「画像を統合」をしないで、gif 形式で保存する。
但し、背景を透明にした場合は「境界をぼかす」効果は出ない。
f0070279_12151256.gif

[PR]
by pcog1212 | 2007-07-23 12:01 | 画像処理 | Comments(0)

「ハードウエアの安全な取り外し」が消えてしまった

デスクトップのタスクトレイ(右下の時間表示のある通知領域)から消えてしまった。と言う案件
いつの間にか、タスクトレイから、「ハードウエアの安全な取り外し」アイコンが消えてしまう事が
あります。
こんな時は、「ハードウエアの安全な取り外し」ショトカットを作成する。
1.デスクトップの何も無いところで右クリックする。
2.新規作成-ショートカット を選択する。
3.ショトカット作成の窓で、「項目の場所を入力してください」の処に次の様に入力する。
「%windir%¥system32¥rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDll hotplug.dll」
と入力して「次へ」をクリックする。
 ここで、もし旨く行かない時は、参照をクリックして、
「C:¥Windows¥System32¥rundll32.exe」までを入力した後で、
「 shell32.dll,Control_RunDll hotplug.dll」を書き込めば良い。
4.ショートカットの名前の指定で「ハードウエアの安全な取り外し」として置けば分かり易い。
5.「完了」を押すと、デスクトップ上に、白味のアイコンが出来上がる。
6.このアイコンを右クリックし「プロパティ」をクリック。「ショートカット」タブの「アイコンの変更」
をクリックする。
7.アイコンの変更の窓で、「このファイル内のアイコンを検索」の中に下記の様に入力する。
「%Systemroot%¥system32¥hotplug.dll」 これで一覧の中にアイコンが出て来る
ので、選択して「OK」を押し、プロパティも閉じれば出来上がる。
f0070279_0512648.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2007-07-19 00:43 | パソコンの基礎 | Comments(0)

HDDを NTFS から FAT32 にしたい

昨年9月4日に、FAT32 を NTFS に変換する方法 を書いたが、その逆に、NTFS になって
いる 32GB を超える HDD を FAT32 にする方法は XP や VISTA には無い。
そこで変換ソフトをダウンロードする必要がある。これは、バツファローが無料で配布している
フォーマッターを使う。
http://buffalo.jp/download/driver/hd/format.html から Disk Formatter を DL
する。
DL した、df-204.exe を実行すると、フォーマッターがインストールされるので、起動する。
f0070279_11422386.jpg

フォーマットする HDD を選び、パーティション情報の枠をクリックして「パーティション削除」
を押す。
次に、同じ HDD を選択して、パーティション情報の枠をクリックし、ファイルシステム欄の処を
「FAT32」にして「フォーマット」を押す。
内容の確認画面が表示されるので、「はい」を押すとフォーマットが開始される。
[PR]
by pcog1212 | 2007-07-15 11:34 | パソコンの基礎 | Comments(0)