<   2008年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

DualBoot の解消(2)、Vista 再インストール

先日の続きで、DualBoot が解消されてしまったので、別のHDDに入れてあった Vista も起動
しなくなってしまったのである。そこで、Vista を再インストールする事にした。
先ず、XPの入っているHDDを切り離して、Vista をインストールした。LANケーブルは接続した
ままだったので、ついでに認証も済ませたまでは良かったのだが、何しろ昨年1月末 Vista が
発売された時のものなので、アプリケーション・ソフトなどをインストールし、何度か再起動を繰り
返している内に、Vistaのアップデートを取り込んだらしく、終了時には、何と60件近くの更新を
行う羽目になってしまった。
こんな事なら、最初にSP1にアップデートして置きべきだったと気が付いたが「後の祭り」である。
何とか処理を終わって、XPのドライブも接続した。このマシンは、起動時にF8を押せば、起動
メニューが出るので、このメニューで起動ドライブを選択する事が出来る。
尚、BIOSで、BOOTの優先順位をXPのドライブにしてある為、何もせずに起動すると、XPが
起動する。
後、残っているのは、XPとVistaのドライブ名の統一である。
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-31 23:59 | WindowsVista | Comments(0)

マザーボードのドライバーがない(2)

先日、ダウンロードして置いた、U8668D のドライバーをインストールして見た結果である。
一応、Video などは正常に Install されたが、Audio Device が働かないし、USB も駄目
である。
そこで、前もってDLして置いた、WindowsXP SP3 を入れようとしたのだが、少なくともSP1
が必要だと言って入らない。やむなく MS のサイトから WindowsXP SP1 を Install した。
その上で、SP3を Install して無事 Update が出来たのでUSBは認識出来た。ところが未だ
Audio が駄目である。色々探して、ようやく AudioDriver を見付けて Install する事によって
全てが完成した。後はソフトを入れ込むだけである。
マザーボードのドライバーが無いと、こんなに苦労する事になるので、ご注意下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-28 19:41 | リカバリー | Comments(0)

DualBoot の解消(1)、リカバリーについて

2007/01/27 に購入した、WindowsXP SP2 の、デスクトップマシン は、Vista の発売を待って、別の
ドライブに、DualBoot 出来る様にインストールして置いた。こちらを参照
ところが、先日来、XPを使用中に突然シャットダウンしたり、フリーズする回数が多くなって来た。
ウイルス・チェックを始め、チェックディスクやデフラグをしても全然状態は良くならない。そこで
思い切って、XPをリカバリして見る事にした。
この製品には、aro-system の再セットアップ用ブートCDが付属していて、HDDの特別領域
に保存してある、リカバリ・データを読み込む様になっている。
説明の通り、ブートCDから起動すると、何と linux の KNOPPIX が起動したのである。
f0070279_19314298.jpg

次に、この様な表示が出るが、「HDDバックアップ処理」は使えない。r キーを押し、エンターを
押すと「HDDリストア処理」が開始された。
f0070279_1934491.jpg

後は、KNOPPIX で組まれたプログラムが自動的にリカバリを進めて、極めて短時間の間に
購入時の状態に戻ってしまった。勿論、Dualboot の設定も外れてしまったので、別ドライブに
インストールしていた、WindowsVista は使えなくなった訳である。
購入時に戻ったので、追加した周辺装置からドライバー類、及びソフトを入れ込むのと、環境を
元に戻すのに時間が掛かったが、この機会に、DualBoot を解消して、それぞれのドライブに
XPとVistaを独立してインストールし、BIOS で起動切換をする事にした。
(この方が相互の干渉が無いものと思われる)
註)このマシンのHDDリカバリーは、300GBのHDDの内、約8GB程度を隠しパーティションとし、
この中に、KNOPPIXで読み出せる、リカバリデータが入っている。HDDが壊れると使えない。
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-26 23:02 | リカバリー | Comments(0)

エクセルで決算報告書を作る

3月末締めの決算が多いので、色々な会合での決算書作成の時期である。下記のURLに
サンプルを作成したので、http://spreadsheets.google.com/pub?key=puBaJENjk2wmr51BGnOzhBg を参考にして下さい。
f0070279_22391983.jpg

下記は、エクセルを使った、簡単な決算報告書の作り方である。
 1.文字列を入力する場所と数字を入力する場所を確認する。
 2.表にする部分から先に作成する。
 3.フォント・サイズ・飾りなどは、入力が終わってからにする。
 4.冒頭のタイトルなどで6~8行ほど空けて、表作成に必要なデータを入力する。
 5.「収入」と「支出」及び「備考」の欄は、2つのセルを横に結合して置く。
   結合したいセルを選択し、右クリックして「セルの書式設定」から「配置」のタブの「セルを
   結合する」にチェックを入れて、「OK」を押す。
 6.項目の文字列をそれぞれの欄に入力する。
 7.金額欄は、22行程度を選択して右クリックし、「セルの書式設定」から「表示形式」のタブの
  「数値」で「桁区切り(,)を使用する」にチェックを入れ「OK」を押す。
  これで数値を入力するだけで、桁区切りのカンマが入る。
 8.各項目の数値を入力する。
 9.収入の部の最後の行に合計と入力し、その右隣のセルを選択して、ツールバーの Σ を
  クリックすると「=SUM()」と表示されるので、計算したいセルの範囲を指定する。
10.支出の部は、最終行に「合計」その上に「次期繰越金」その上に「小計」と入力する。
11.「小計」の右隣は、先程と同様に Σ をクリックして計算させる。
12.「合計」は収入合計と同じなので、「+C21」と入力すると同じ数値が表示される。
13.「次期繰越金」は、「+E21-E19」と入力すると計算結果が表示される。
14.罫線を書き込む。
15.タイトル、期間、金額の単位などを書き込む。
16.表の下に、「監査の結果、いずれも適正かつ妥当であることを認めます。」
17.年月日、監事氏名などを書き込む。
18.データのフォント・サイズ・飾りを決めて行く。サイズは12~14くらいにした方が見易い。
  サイズの変更は、範囲を指定して変更し、必ず印刷プレビューで確認する事。
19.完成したら、印刷したい部分を範囲指定して、「ファイル」「印刷範囲」「印刷範囲の設定」
20.「ファイル」「印刷プレビュー」で、印刷状態を確認し、手直しをして印刷する。
21.「ファイル」「名前を付けて保存」で保存して置く。
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-24 22:40 | 80の手習い | Comments(0)

マザーボードのドライバーがない

仕事先の、P工房製のパソコンのOSを入れ直した処、マザーボードのドライバが見当たらず、
Video/Audio/USB などのデバイスに?が付いて働かない。 色々調べて見てドライバーを
ダウンロードして見たが駄目である。
そこで購入先へ行き、保証書記載の製品の形式とシリアル番号を伝えて、構成表を打ち出して
貰った。それによるとマザーは、Biostar の Intel/VIA 対応マザー U8668D となっている。
 下記のURLから、それぞれのドライバーをダウンロードして解凍して置いた。
5日後にインストールする予定なので結果が楽しみである。尚、USBドライバは、SP1を適用
する事によって対応すると記載されていた。

http://www.biostar-usa.com/mbdownloads.asp?model=u8668+d

Chipset
VIA_HYPERIONPRO_V512A.ZIP  VIA_HYPERION 4-in-1 driver
Audio
CI9761_512_WIN9XMENT42KXP.EXE  
                    C-Moce CMI9761A AC97 cordecdriver
Video
VT8375_613_WIN2KXP.EXE
                   VIA VT8375 integrated graphic driver
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-23 23:53 | リカバリー | Comments(0)

VCDからオーディオをMP3で取り出したい

Q:ベトナムで購入して来た、VCDから音楽を取り出したいのだが。
A:一昨年にも紹介したが、ぷっちでここ と言うフリーソフトを使います。
ぷっちでここ 4.13 は、動画ファイルから音声を抜き出すソフトです。入力に対応する形式は
MPEG 1,2/AVI/WMV/VOB 他多数。 使用するには、あらかじめ「install.bat」ファイルを
実行してインストールしておく必要があります。
メディアファイルの音声部分を抽出してwavやmp3やwmaに変換するツールです。
「ぷっちでここ」のダウンロードは、こちら から出来ます。
f0070279_23282277.jpg

 DL して来た、deco413.LZHを解凍して、Install.BAT を実行します。



次に、PeitiDecoco.exe を起動して、VCD の MPEGAV と言うフォルダ(下図参照)から、
f0070279_022680.jpg

ファイルの種類を「すべてのファイル(*.*)」とする。「メディアファイルすべての種類」では表示
されないので注意の事。AVSEQ01.DAT と言うファイルを開き、出力の形式をMP3 に指定し
てやれば、自動的に MP3に変換する事が出来ます。
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-21 23:39 | オーディオ | Comments(0)

画像の周辺をぼかして切り取る方法(3)

今回は、FreeSoft「額プチ」を使った簡単な方法を紹介します。下記のURLにあります。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se363952.html
「額プチ」は、デジカメで撮影した画像のサイズ変更と、枠をぼかしたり色を付けたりして加工
し、保存できる画像加工ソフトです。
ダウンロードした、gakupetit.zip をWクリックで解凍します。gakupetit と言うフォルダの中
に、gakupetit.exe とgakupetit.txt が出来ています。この gakupetit.exe をWクリックして
起動します。但し、Microsoft .NET Framework Version 1.1が必要です。
下図の様なフレームが表示されるので、処理したい画像を開くか、ドラッグ&ドロップします。
f0070279_2332246.jpg

「サイズ変更」を押して、任意の出力サイズを指定します。
「サイズ変更」ボタンの右となりの□をクリックすると、外枠の色を選択する事が出来ます。
□の右隣の枠の▼を押して、枠の効果を指定します。(赤矢印)下図の様な種類があります。
f0070279_23565041.jpg

これで選択した効果が表示されるので、確認して「保存」を押します。
保存の窓が開くので、ファイル名と拡張子を指定して「OK」を押せば、完成です。
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-19 23:45 | 画像処理 | Comments(0)

Word2007 のオプション画面を開く

Word2003 までは、「ツール」-「オプション」で開くことが出来たが、Word2007 では少し
様子が変わり、「Office ボタン」を押し、ダイアログ下端の「Word のオプション」を押す。

f0070279_22493718.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2008-05-17 22:51 | MS Office | Comments(0)

JTrim でバナーを作る

JTrim で、バナーを作って見た。
f0070279_2315101.gif

1.新規作成で、200×200 程度の白紙を作るる
2.「編集」「塗り潰し」で、適当な色を付ける。
3.「加工」「ブロック」で、幅10、高さ5、程度とし、下のチェックは全て入れる。
4.ブロック模様が出来ているので、バナーの標準サイズ「88×31」で切り取る。
5.これに文字を入れて、
6.「加工」「立体枠をつける」で、太さを 1、スムースにチェックを入れ「OK}を押すと完成である。
f0070279_22121954.gif

f0070279_16231499.gif

Enjoy JTrim より、
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ayum/gazouhenkan/jtrim/051.html
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-14 22:17 | 画像処理 | Comments(0)

デジタル放送が写らなくなった

昨年購入した、地デジ対応テレビで、デジタル放送が写らなくなったと言う事案である。
CATVのパススルー方式であり、アナログ放送は受信できているので回線の問題ではない。
アナログ/デジタル切換をして見ても、デジタル放送は写らない。CS/BS 切換を押して見ると
一度は受信出来たが、しばらくすると「カードを入れて下さい」と言って切れてしまう。
そこで、B-CAS カードを調べて見る事にした。下図の様なカードが本体上部のスロットに挿入
してあるので、本体の電源を切って取り出して見た。
f0070279_0231518.jpg

上図(裏)の赤丸の中に、ICチップの接点がある。ここをよく調べて見ると、何と指紋らしいもの
が付いているではないか。早速、放電処理をしてから、接点磨きで軽く研磨して、カードを挿入
し、電源を入れた処、めでたく回復した。
テレビの販売業者が据え付けまでやって呉れる事が多いが、若いアルバイトなどが作業する
と、電子機器の取り扱いに詳しいとは限らないので、こんな事もあり得ると言う見本の様な事例
であった。
現在の方式では無料放送であっても、デジタル放送の受信には、B-CAS カードが必要なので
カードが接触不良で認識されなくなると、デジタル放送が受信出来なくなってしまうのである。
[PR]
by pcog1212 | 2008-05-13 00:36 | 家電 | Comments(0)