<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

カードのページが出なくなった

Q:筆まめ17の住所録を触っていたら、カードのページが出なくなっていまった。
A:筆まめ17を再起動して見ても出ない時は、表示の設定が変わった為だと思います。
筆まめを起動し、住所録を開いて、メニューバーから「表示」「ツールバー」をクリックします。
f0070279_22464761.jpg

下の灰色部分のツールバーの設定画面が表示されるので、「カードツールバー」を開きます。
f0070279_22481691.jpg

 □カードNo が上の[1]部分のツールバーで、□カード編集 が上の[2]部分のツールバー
なので、それぞれにチェックを入れて「閉じる」を押します。
 これで、カードのページ番号や「次へ」などのツールバーが表示されます。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-28 22:56 | 筆まめ | Comments(0)

デジカメ画像を縮小するには

最近のデジカメは、画素数が大きくなっているので、撮影したままの画像は大変大きいものに
なっている。印刷する場合は、このままで良いのだが、メールに添付したり、挿入したりしようと
すると大きすぎて、どうにもならない場合が多い。
Windows に標準で付属している「ペイント」と言うソフトを使って縮小する方法を説明する。
まず、エクスプローラで、画像ファイルの上にマウスポインタを置くと下図の様に、大きさや容量
が表示される。この場合は 横が3648ピクセルで、3.32MB もある事が判る。
f0070279_2217266.jpg

「スタート」「すべてのプログラム」「アクセサリ」「ペイント」とクリックして。ペイントを開く。
「ファイル」「開く」で、目的の画像を読み込む。
「変形」「伸縮と傾き」をクリックする。
f0070279_22244077.jpg

下図が出るので、(伸縮)の水平方向、垂直方向の枠内を、共に 17% として「OK」を押す。
f0070279_2226530.jpg

これで、3648×0.17=620 ピクセルの画像が出来るので、「ファイル」「名前を付けて保存」
で、原画とは違うファイル名(例えば dc112260s.jpg)にして保存すると下図の様になる。
f0070279_22391998.jpg

サイズも 52.5KB と小さくなるので、メールの添付なり、挿入に使い易くなる。
f0070279_22331192.jpg

この方法で縮小すると、撮影時の EXIF 情報はそのままで保存される事になる。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-24 22:23 | デジカメ | Comments(0)

ubuntu804日本語版起動USBメモリの作成

ubuntu804日本語版をUSBメモリから起動させる為に「UNetbootin」というツールを使って
見た。
このツールは、ライブCDのisoファイルをUSBメモリなどに移動し、ブートできる様にするもので、
様々なディストリビューションに対応している。Linux版とWindows版がある。
ダウンロードは下記のURLから行なう。
http://unetbootin.sourceforge.net/
Windows版は、unetbootin-windows-299.exe をダウンロードして実行すると下図が
出る。
f0070279_2354046.jpg

対象となる Distribution をリストから選択。すでに「8.10Live」という項目がある。
Diskimage として「ISO」を選んで、あらかじめ用意した、UbuntuのライブCDイメージをここ
で選択する。
一番下の Type で、USBDrive を選択、「OK」をクリックすれば、USBブートディスクが自動的
に作成される。

USBメモリにインストール後は、次の修正が必要である。
 1.USBメモリをエクスプローラで開いて、syslinux.cfg と言うファイルの拡張子を bakup に
  変更する。
 2.Isolinux と言うフォルダの中の isolinux.cfg と言うファイルを syslinux.cfg に変更。
 3.ルートの、isolinux フォルダの名前を、syslinux に変更する。

 以上で、USBメモリから起動出来る ubuntu804日本語版 installer が完成する。

その後、unetbootin-windows-312.exe をダウンロードして、ubuntu 8.10 のISO ファイルを試して
見たのですが、上の修正をする事なしで、USB から ubuntu を起動する事が出来ました。
尚、使用した USB Memory は、 Silicon power の 4GB/32BitFatFormat である。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-20 23:50 | Linux | Comments(2)

adobe PhotoshopElements7でRAWデータを扱う

adobe PhotoshopElements7では、RAWデータをそのままで扱える様になっている。
RAW画像を読み込んで、RAW画像処理画面右下の「画像を開く」をクリックする。
f0070279_19563050.jpg

これで、adobe PhotoshopElements7の編集画面に取り込まれるので、各種のレタッチ
が行えるし、トリミングや印刷も可能になっている。保存する場合はRAWで保存すると同期が
取れず画像が崩れる事があるので、TIF 以下の形式で保存する事になる。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-19 20:02 | 画像処理 | Comments(0)

宛名ソフトで連名の設定

筆まめで、宛名を連名にした時に、名前の文字数によって体裁が悪くなることがある。
そんな時は、連名のレイアウトを設定し直す事が出来る。こちら をご覧下さい。



[PR]
by pcog1212 | 2008-11-18 11:40 | 筆まめ | Comments(0)

宛名ソフトで住所録を作成

葉書などの宛名をプリントする住所録を作りたいと言う事で、「筆まめ17」を使って住所禄を作成
する方法を説明して来たので、まとめて見ます。
f0070279_027179.jpg

 初めて作る時は「筆まめ」を起動して、メニューはキャンセルし、左上のガイドメニューから
「宛名作成」を開きます。
f0070279_23565075.jpg

その中の「新しい住所録を作る」をクリックすると、カード画面が表示されます。
f0070279_002764.jpg

この画面で1所帯毎に、番号順に入力して行くのです。
[1]氏名の欄に、漢字で姓と名を入力します。但し、姓と名の間は必ずスペースを入れます。
[2]敬称欄には「様」が出ていると思いますが、▼を押すと「御中」「殿」などに変更出来ます。
[3]郵便番号を入れます。
[4]郵便番号が入ったらこのボタンをクリックします。
[5]自動的に、府県市区町名までが出て来るので、後は丁、番地、マンション名、部屋番号を
 入れるだけで済みます。この欄は全角なので、半角で入力する時は、半角を押して下さい。
[6]これで良ければ、上の「カード追加」を押して、次のカードを記入します。
[7]終了する時は、左上の「ファイル」「名前を付けて保存」をクリックして、ファイル名を自分で
 分かり易いもの例えば「年賀住所禄」として「保存」を押します。
[8]その後で「ファイル」「筆まめの終了」押せば終わりです。
 次回に、この住所録の続きを入力する時は、最初に出るメニューから「住所録を開く」をクリック
して例えば「年賀住所録」をクリックすれば良い訳です。

尚、「筆まめ」の操作については、こちら にUPしてありますので参考にして下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-18 00:11 | 筆まめ | Comments(0)

vr2free 使用上の注意点

vr2free を使って、解除作業が終わると、CPRMフォルダ内に2つのファイルが生成されている。
f0070279_0441230.jpg

(VR_MANGR.IFOとVR_MOVIE.VRO)である。作業が終了したらこれらのファイルは、必ず
CPRMフォルダの外に、(DVD_RTAV)と言うフォルダに収容し、その上にフォルダ名を付けて
おかなくてはならない。続けて、作業すると同名のファイルで上書きしてしまうのである。
 ここで生成した、VR_MOVIE.VROを、MOVIE01.mpg の様に、MPGにRename してから
Ulead MovieWriter5SE などのオーサリングソフトに読み込んで、新規にDVDを作成すると
従来使っていたドライブでも再生できる、DVDを作る事が出来る。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-17 00:32 | DVD/HDDレコーダ | Comments(0)

フラッシュメモリー・スタンド

最近、USBフラッシュメモリーの価格が随分下がって買い易くなり、ついつい10本近くにもなって
どう言う風に整理したものか悩んでいたのですが、100円均一のお店でこんな物を見付けました。
f0070279_17275557.jpg

プラスティックのルージュスタンドです。爺さんが買うのも躊躇われたのですが買いました。結果。
f0070279_17294390.jpg

誂えて作った様にピッタリ収まりました。色と形で判別出来るので便利に使えそうです。
一番奥が、17mm幅、手前と中が、23mm~24mm幅なので、奥に Transcend V30 を、
中央に、Transcend V10 を、手前には、KINGMAX と IO DATA が入ってます。
同じメーカーだと、容量の色別が同じなので、緑は 4GB、赤は 2GB、青は 1GB だと判ります。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-09 17:32 | ハード・ウエア | Comments(2)

ワード2007で、ページ設定は?

ワードで作る年賀状の文面と言う記事を、こちら にUPしたのだが、ワード2007の場合は、
少し操作が異なるので、こちらに上げて見た。
ワード2007では、ページレイアウトのタブに、ページ設定がまとめられた。
f0070279_13353344.jpg

サイズや余白はこの中にあるが、赤丸内の矢印をクリックすると、ページ設定のダイアログ(窓)
が出て、従来と同じように詳細の設定をする事が出来る。
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-09 13:44 | MS Office | Comments(0)

vr2free 関連ソフトのダウンロード

vr2free 関連ソフトのダウンロード先は、
 vr2free 本体が、http://www.losttechnology.jp/Software/vr2free.html

cprm2free,cprmgetkey 全バージョンのダウンロード先は、
  http://www2.wbs.ne.jp/~cp-guard/cprm.html
  ここで取得出来るのは、cprm2free_cprmgetkey.rar である。

rar ファイルの解凍には、lhaplus が有効であり、下記からダウンロード出来る。
  http://www7a.biglobe.ne.jp/~schezo/
[PR]
by pcog1212 | 2008-11-07 23:41 | DVD/HDDレコーダ | Comments(6)