<   2008年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

DVDオーサリング・ツール DVD Flick

vr2free などで作成した CPRM解除ファイルは、DVD_VR 形式になっているので、これを従来
のDVD プレイヤーなどで見る為には、DVD オーサリングソフトを使って、DVD_Video形式
にする必要があります。
今までは市販のオーサリングソフトを使った説明をして来ましたが、フリーソフトに、DVD Flick と
言う、強力なDVDオーサリングソフトがあります。これは、各種動画ファイルをDVD データに変換
することができるソフトです。
avi / mpg / wmv / flv / mp4 等、一般的に使われているほとんどの動画ファイルを、簡単な
操作でDVD データに変換することができます。
下記のURLからダウンロードが出来ますし、説明も記載されています。
http://www.gigafree.net/media/dvdconv/dvdflick.html
このソフトは英語のソフトですが、日本語化パッチも発表されています。
ダウンロードした、dvdflick_setup_1.3.0.4.exe を実行するとインストールされます。
DVD Flick を起動すると、下図が表示されます。右のタイトル追加で、DVD化したい動画ファイル
を指定して、上のDVD作成アイコンをクリックすると、プロジェクトの出力先フォルダに、作成され
ます。尚、VROファイルは、拡張子を MPGに変更しておいて下さい。
f0070279_22383939.jpg

尚、このソフトには、同梱されている「ImgBurn」と連携したDVD ライティング機能があります。
DVD Flick の画面のプロジェクト設定から書込み設定を選んで下図の様に設定して置けば、
DVD-RW に直接書き込む事が出来ます。
f0070279_23304145.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2008-12-31 22:55 | ソフト | Comments(4)

デスクトップパソコン電源ユニットの交換

先日来、電源ユニットのファンから異音が発生し出した。取り付け捻子を締め付け直すと収まって
いたのが、いよいよ止まらなくなってきたので交換する事にした。
現在の電源ユニットのスペックを確認して見ると下図の様なものである。
f0070279_23483713.jpg

 次に外形寸法を測って見ると、ATX 2.0 の標準らしく、幅150×奥行き140×高さ86mm
だった。
そこで、P工房へ行って見ると、標準規格でも、随分色々な種類のユニットが出ている。結局、
現在、430W なので、500W にしておけば、安全だろうと、玄人志向のものにした。
電源コネクター類を外して、ユニットの4本の捻子を外し、この機種の場合は天板にも1本捻子
止めしてあるのを外して、ユニットを前方にずらせて取り外す事が出来た。
尚、交換作業の実際については、下記のURLに詳しく記載してあるので参考にした。
http://www.atmarkit.co.jp/fpc/pcmainterepair/pcmr007/pcmr007_03.html
比較的、短時間で作業は終了し、接続・組み立て後、電源を入れて見ると非常に静かになって
いて、ASUS の AI SUITI で見ても温度は低いままで、安定して使えている。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-31 00:10 | ハード・ウエア | Comments(0)

.pps と言う拡張子のファイルを開くには

友人から、メールに添付されて来たファイルの拡張子が、.pps と言うものなのだが、このファイル
を開くにはどうすれば良いか?と言う問い合わせである。
.ppsとは、Microsoft のプレゼンテーションソフト PowerPoint で作成された、スライドショー
用のデータファイルに付く拡張子の事です。
PowerPoint がインストールされていないパソコンでは、PowerPointViewer2007と言う
ソフトを、マイクロソフトからダウンロードすると見る事が出来ます。
 このソフトは、下記のURLから無料でダウンロード出来るものです。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=048DC840-14E1-467D-8DCA-19D2A8FD7485&displaylang=ja
PowerPoint Viewer 2007 を使用すると、PowerPoint 97 およびそれ以降のバージョンで
作成された、プレゼンテーションを忠実に表示する事ができます。但し、プレゼンテーションの表示
および印刷は可能ですが、プレゼンテーションを編集することは出来ません。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-29 23:33 | ソフト | Comments(0)

パソコントラブルの傾向

昨年あたりから、パソコンが働かなくなったとか具合が悪いとかエラーが出ると言う事で診る事
になったパソコンの症状を振り返ってみると、圧倒的に HDD のクラッシュが多い様である。

2007/08/20 Tさん Dynabook(6年) HDD SMART情報エラーが出て、HDDが壊れた。
2007/09/06 自分のデスクトップ(5年)CMOSエラーが出て、マザーボードの電池を交換。
2008/01/09 Sさん FMV FB50H(4年)起動せず。HDDを交換した。
2008/02/13 Kさん FMV NB8/900L(5年) 起動し難い。HDDを交換したがマザーも故障。
2008/04/16 T氏 EPSON TP1030(7年)起動せず。HDDクラツシュで交換。
2008/04/25 Mさん FMV FB50H(4年)動作不安定。HDD交換。
2008/06/07 Nさん LesanceDT WMTE6400(1年半) 動作不安定。マザーボード不良交換。
2008/07/16 Y氏 Vaio Desktop(6年)起動せず。マザーボードの電池交換。
2008/08/11 M氏 Dell Laptop(1年半) 起動せず。マザーボードの故障。
2008/09/20 自分のデスクトップ(1年1ケ月)マザーボード故障、キーボード認識せず。交換。
2008/12/27 自分のデスクトップ(1年3ケ月)電源ファンの異音

ざっと1年ほどの間に発生したものである。HDDに加えて、最近はマザーボードの故障が出て来た。
それにつけても、データのバックアップだけはしっかり取って置いて欲しいものである。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-27 12:34 | ハード・ウエア | Comments(2)

差出人連名のレイアウト

筆まめでは、差出人が連名の場合の細かいレイアウトが可能である。
例えば、連名の左の名前を小さくする事が出来る。
メニューバーから「宛名」「レイアウトの設定」をクリックすると下図が出る。
f0070279_23101467.jpg

差出人レイアウトの設定から、連名の設定をクリックして、「連名1名以降」にチェックを入れて、
「名前を小さめにレイアウト」にチェックを入れると、下図の様な体裁となる。
f0070279_23133759.jpg

この設定は、左下の「差出人データ別」にチェックを入れて置くと、データ毎に設定出来る。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-26 23:17 | 筆まめ | Comments(0)

筆まめの差出人で連名を単独に変更したい

筆まめの差出人で、連名を単独に変更したいと言う問い合わせが多いので、こちら にUPして
あります。参考になさって下さい。下図の氏名の右のプリンタアイコンをクリックするだけです。
f0070279_13341218.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2008-12-26 13:36 | 筆まめ | Comments(0)

vr2free その後

折角、購入した地デジ対応の DVDレコーダーなのだが、ハイビジョン画質で録画する為には、
CPRM 対応のメディアに AVCREC と言う形式で録画しなければならず、これは、AVCREC に
対応したプレイヤーでないと再生する事が出来ないのである。で、どんなプレイヤーでも再生
可能になる様にと、色々と試した結果について報告する。

用意して置くメディア
 CPRM 対応の DVD-RW
 通常の(CPRM非対応)の DVD-R
用意して置くソフト
vr2free.exe cprm2free.exe cprmgetkey.exe
Ulead DVD MovieWrigter5

先ず、デジタル放送対応の、DVD/HDDレコーダーの HDD にハイビジョン番組を AVCREC
(HE Mode)で録画する。
次に、CPRM 対応の DVD-RW をデッキに挿入し、DVD-VR Mode/標準の SP Mode で、
HDD→DVD 間でダビングし、ファイナライズする。
この DVD-RW をパソコンのドライブに挿入して、vr2free.exe を実行し CPRM を解除する。
解除されたファイルは、CPRM フォルダの中に、VR_MOVIE.VRO と言う MPEG になっている。
この、VR_MOVIE.VRO と言うファイルを、フォルダの外に出して、拡張子を MPG に変更すると、
WindowsMediaPlayer で見る事が出来る筈である。
このファイルを、DVD MovieWrigter5 を使って、再オーサリングすると、目的は達成される。
尚、フリーのオーサリングソフトとして、DVD Flick があり、その説明を、こちら にUPしたので
参考にされたい。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-26 00:46 | DVD/HDDレコーダ | Comments(5)

オリンパスのmicroSD カードアタッチメント MASD-1

最近、オリンパスでは、MADSD-1 と言う、microSD カードアタッチメントを同梱したデジカメを
発売しているが、撮影した micro SD が付属の microSD アダプターを使っても、パソコンに
取り込めないと言う事案である。
f0070279_1133247.jpgf0070279_11334115.jpg

これは、アタッチメントに、microSD カードを挿入して、xD-ピクチャーカード用のカメラに使える
様にしたものと思われるが、調べて見ると、下記の注意事項がお客様サポートに出されていた。
---------------------------------------------------
MASD-1 使用可能カメラ ( 2008年10月現在 ) :
SP-565UZ /
μ1060 / μ1050SW / μ1030SW / μ1020 / μ850SW /
FE-370 / FE-360 / FE-20
MASD-1 を使用可能なカメラ以外では、microSD / microSDHC カードを使用できません。
MASD-1 は、 xD-ピクチャーカードと形状が違うため、未対応のカメラや機器に無理に挿入すると、
MASD-1 や機器の故障、破損の原因となる場合や、撮影した画像が壊れることがあります。
---------------------------------------------------------------------------
 現物は、xD-ピクチャーカードに突起が付いている為、xD-ピクチャーカードリーダにも挿入が
出来ない。
 従って汎用の microSDアダプターと言う訳ではないのである。ところが、この microSDカード
を 同梱のSDカードアダプターに挿入して、パソコンで読もうとすると認識しないのである。
色々と調べて見たが、結局、microSD とSDカードアダプターの相性が悪いとしか考えられない。
つまり、カメラ側では、MADSD-1 に挿入したmicroSD で読み書きが出来ており、一方SDカード
アダプターに別の microSD を挿入しても正常に働くからである。結局、ケーブルで読み込んだが
最終的に、Buffalo の micro SD to USB アダプターを使って認識させる事が出来た。
f0070279_11361359.jpg

形式名は、BSCRMSDU2SV で、¥980 であった。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-21 11:38 | デジカメ | Comments(1)

Windows Live でファイルをアップロード

Windows Live で、写真などのファイルをアップロードする時の注意点として、同名のファイル
があると上書きされる様です。
conv0001.jpg の様に誰もが良く使うファイル名の場合は特に要注意です。
「写真の追加」をクリックすると「ここにドロップ」の画面が出るので、アップロードしたい画像を選択
して(複数のファイルを選択する時は、Ctrl キーを押しながらクリックする)ドラッグ&ドロップし
てから、下の「アップロード」をクリックする。

 ファイル名の変更は、上のメニューで「その他」の右の▼をクリックすると「名前の変更」が出
て来るので、ここで変更出来る。

 写真の見出しを書き込むには、「見出しの追加」をクリックします。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-19 00:34 | インターネット | Comments(0)

筆まめで新しい住所禄を作りたい

Q:筆まめで、新しいグループの住所録を作りたいのだが、メニューに出て来ない。
A:これは、最初に出るメニューをキャンセルして下さい。
その上で、左のガイドメニューから宛名作成をクリックすると、下図の様に新しい住所録を作る」
が出て来るので、クリックすれば良いのです。
f0070279_0223897.jpg

詳細は、こちら をご覧下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2008-12-17 00:24 | 筆まめ | Comments(0)