<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

フォントについて

文章を作成していると、マシンによつて入っているフォントに違いがある事に気が付きます。
フォントは、文字をコンピュータを使って表示したり印刷したりする際の、文字の形であり、書体と
も呼ばれます。
これは、宛名ソフトや毛筆ソフトをインストールする(最初からインストール済みのものもある)と
多様なフォントがインストールされるのです。
フォントは、下図の様に、Cドライブの<Windows><Fonts>の中にあります。
f0070279_23131175.jpg

あるマシンにあるフォントを取り込みたい時は、この<Fonts>フォルダ毎フラッシュメモリなどに
コピーして、自分のマシンのフォントに必要なファイルをインストールすれば良い訳です。
例えば、Elenat.TTF をコピーして、コントロールパネルのフォントフォルダへ貼り付けて下さい。
但し、日本語フォントはサイズが大きいので、あまり欲張ると処理が遅くなります。
[PR]
by pcog1212 | 2009-10-31 23:18 | 日本語変換 | Comments(0)

ブログのカテゴリーを持ち出す方法

 ウエブのスクラップ用として大変便利なソフトに「紙copi」がある。体験版は30日有効であり、
ダウンロード版は税込み、2,625円紙copiのHP はこちらから、
又、フリーソフト版として、紙copiLite が出ている。
 これらのソフトを使うとウエブサイトからの欲しい情報を画像入りで集めたりする事が簡単に出来る。
 ブログ記事の中のあるカテゴリーを選択して、カテゴリー毎スクラップすると、それをフラッシュ
メモリなどにコピーして外に持ち出す事が出来る。
 つまり、<マイドキュメント><箱>の中にある、html をコピーするだけで良いので、
簡単な操作で作成出来る。
f0070279_22501819.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2009-10-31 22:51 | ブログ | Comments(0)

最近の CPU の種類

CPU のデュアルコアとかクアッドコアと言う言葉を聞きますが、「コア」とはCPUの処理を行う中心部分です。
つまり、この「コア」がコンピューターの頭脳と言えます。
もともと「コア」は1つのCPUの中に1つしかありませんでしたが、2006年頃から1つのCPUの中に2つのコア
があるものが登場してきました。これを「デュアルコア」と呼びます。
2007年にはコアが4つもある「クアッドコア」まで登場しています。これだと対応しているソフトなら処理を4つ
に分散することが出来ます。
デュアルコアやクアッドコアだと、コンピューターが多くのソフトを同時に動かさなければならない時でも、複数
のコアでその作業を分担することが出来ます。これによって作業の効率化が進み、処理が速くなる訳です

シングルコア、デュアルコア、クアッドコアのCPUには下図の様なものがあります。CPU の名称だけでは判断
し難いので、まとめてある、サイト から引用しました。
f0070279_0132494.jpg

最近、インテルの CULV と言う超低電圧タイプの CPU セレロン743 はシングルコアながら性能が上がって
おり、セレロン SU2300 は CULV のデュアルコアで、格安モバイルノートに使用されている。
[PR]
by pcog1212 | 2009-10-29 00:17 | ハード・ウエア | Comments(0)

Windows7 導入まで (5) アップグレードの実行

Windows7 のアップグレード・パッケージを開封すると、下図の様になっている。
[1]にプロダクトキーのシールが貼ってあり、[2]にインストール用のDVDが2枚入っている。
f0070279_23305055.jpg

これは、32ビット用と64ビット用の2枚になっているので、インストールする時は注意したい。
今日は、Vistaパソコンに Windows7 をアップグレード・インストールした。これにより、Vista の環境をその
まま引き継ぐ事が出来るが、新規インストールより時間が掛かる。
先ず、Vista から起動して、 のインストールDVD を挿入する。
インストール画面が表示されたら「今すぐインストール」をクリックして、画面の指示に従う。
Vista の最新の更新が行われていない場合は、更新する。
インストール種類を選択する画面では、「アップグレード」を選択する。
後は、自動的にインストール作業が進むが、アップグレード・インストールの場合は相当時間が掛かる。
何度か再起動されて、インストール終了後、 のセットアップになるが、アップグレード・インストールの場合は
Vista の環境が引き継がれる。
今回は、Vista にあまり大きなソフトは入れてなかったので、約1時間20分で完了した。
但し、Vista と XP を DualBoot にして XP 優先にしてあったので、再起動時に必ず手動で切り替える必要が
あった。
いままで、Vista が働いていた環境なので、問題なく移行出来ている。但し、メールソフトだけは、7 に移行する
前に、Windows Live Mail をインストールして置く必要がある。
[PR]
by pcog1212 | 2009-10-27 00:02 | Windows7 | Comments(2)

デジカメ動画を youtube にアップする。

最近は、コンパクトデジカメにも動画機能が充実して来たので、動画を撮る事が増えて来ました。
そんな動画を youtube にアップすると、誰でも簡単に見る事が出来ますし、ブログに貼り付ける事も出来ます。
先ず、youtube にアクセスして「アカウントを作成」をクリックします。
後は指示に従って、アカウントの作成が出来たら、「動画をアップロードする」をクリックして、動画ファイルの
ある場所を指定してやれば良いのです。
f0070279_07013.jpg

動画の内容にもよりますが、アップロードには時間が掛かります。完了すると youtube側の審査があって、
パスすればアップロードされます。
ログインして、自分のIDにマウスポインタを置き、「マイ動画」をクリックするとアップした動画が出てくるので、
右にある「埋込み」の枠内を全てコピーし、それを自分のブログに貼り付ければ良いのです。
ログインしなくても youtube の検索枠に自分の ID を入れると投稿済みの動画が表示されるので、同様に
埋込みの内容をコピーして貼り付けられます。
最近は、エキサイトブログでも Youtube が貼り付けられる様になりました。


[PR]
by pcog1212 | 2009-10-23 00:24 | ブログ | Comments(0)

Windows7 導入まで (4) アップグレード版

本日、Windows7 が発売になったが、色々な種類があるので、良く考えて購入する事が必要である。
Windows7 には、ホームプレミアム、プロフェッショナル、アルティメットと言う種類があるが、これとは別に、
通常版、アップグレード版の他に発売記念優待パッケージがあり、更にPC部品のバンドル版のDSP版がある。

この中で、比較的良く使われるのは、アップグレード版だと思われるが、色々と制約も多いのでまとめて見た。
f0070279_22305669.jpg

1.Windows 7 のアップグレード版を利用する場合、アップグレード対象の OS が、使用しているパソコン
 のハードディスクにインストールされている必要がある。Windows 7 のアップグレード版の インストール
  メディア (DVD) からコンピューターを起動して、新規インストールを実行することは出来ないので要注意
2.Windows Vista に Service Pack 1 または Service Pack 2 が適用されていれば、Windows 7
  にアップグレード (上書きインストール)する事が出来る。
3.Windows XP Professional をお使いのユーザーが新規インストール、または Windows Vista   
 Business、Windows Vista Ultimate をお使いのユーザーがアップグレード インストールを行う際に
 は、Windows 7 Professional または Windows 7 Ultimate をインストールする事。Windows 7
 Home Premium をインストールすると、ドメイン参加など、現在利用している一部の機能が利用出来ない。

 従って、メディア (DVD) からコンピューターを起動して、新規インストールをしたい場合は、通常版かDSP版
を購入しなければならない事になる。
[PR]
by pcog1212 | 2009-10-22 22:33 | Windows7 | Comments(0)

Windows7 導入まで(3) Windows Live Mail

Windows7 にはメールソフトが付属してない為、あらかじめ旧PC上で Windows Live Mail を導入すると、
Outlook Express や Windows Mail からデータを取得出来る。
Windows Live Mail を導入するには、Microsoft のダウンロードセンターへ行き、製品グループの中から
Windows Live をクリックし、Windows Live おすすめパックをクリックする。下図が表示されるので赤丸
の「ダウンロード」をクリックして、wlsetup-web.exe を保存する。
f0070279_17563954.jpg

ダウンロード完了後、この wlsetup-web.exe を起動すると、7種類のソフトを選択する画面になるので、
インストールしたいソフトにチェックを入れて実行すれば、インストールされる。
Windows Live Mail を、最初に起動した時に、OutlookExpress なり、Windows Mail からアカウント、
アドレス帳、メールのデータを取り込んで、Live 形式のデータに変換する。これで Live Mail になった訳で、
この後で(1)の転送ツールを使うと、メールは従来のまま継続して使える事になる。
[PR]
by pcog1212 | 2009-10-21 18:06 | Windows7 | Comments(2)

Windows7 導入まで(2)Thunderbird のバックアップ

さて、Windows Vista では、Windows MAIL となり、今回の Windows7 ではメールソフトが付属して
いない。Windows XP では、OutlookExpress を便利に使って来ただけに困った事になった。
取り敢えず、Mozilla Thunderbird を使っていたのだが、エキスポートとかのバツクアップが見当たらない。
調べて行くと、Thunderbird用のメールデータ移行ツールとして、MozBackup1.4.9 があった。
このソフトを使って、Thunderbird のデータをバックアップ/リストアする事が出来る。
f0070279_23163948.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2009-10-19 23:14 | Windows7 | Comments(1)

Windows7 導入まで(1) 転送ツール MIGWIZ

Windows7 発売まであと1週間を切りました。OSは予約したので、22日に到着の予定なのだが、そろそろ
準備を始めなければならないかと、色々調べて見る事にした。VistaBusiness の入ったラップトップである。
先ず、現状のバックアップが必要なので、Windows7 RC のインストールDVD の中の "Supoport"の中の
"migwiz"フォルダの中にある、migwiz.exe を起動する。下図の項目の内容が転送対象になる。
f0070279_2321826.jpg

データの移行は、容量に余裕のある、外付けの HDD か、別のドライブにする。今回、Office ソフトなしでも
26.5GB 程度になった。
ユーザーの基本データと共有データに分かれるが、画像、動画、音楽データを含めると巨大なものになるので、
カスタマイズで選択が出来る様になっている。又、メールアカウントなどは転送されるが、パスワードは転送
されないので要注意である。
[PR]
by pcog1212 | 2009-10-16 23:32 | Windows7 | Comments(0)

蔵衛門スライドショーの画面効果について

デジカメ画像を使ったスライドショーの作成ソフトは色々と出ていますが、デジカメ画像を綺麗に再現する事
が出来るのは、Medi@show3 と蔵衛門だと思います。
但し、Medi@show3は、Windows Vista/7 ではBGMを付ける事が出来ません。蔵衛門2006は何とか
Vista/7 でも使える様です。
蔵衛門スライドショーの画面転換効果は、沢山の種類があり、デフォルトのままで使うと非常に煩わしい感じ
になっていまいます。
この画面効果を絞って行くと、カット切り替えに近い効果を出す事も出来る事が判りました。
f0070279_2340397.jpg

詳細は、こちら にUPしましたのでご覧下さい。この設定では、ほとんどカット切り替えになります。
[PR]
by pcog1212 | 2009-10-14 23:43 | Medi@Show | Comments(0)