<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Windows7でファイルの関連付け

新しく画像処理ソフトをインストールすると、画像ファイルがそのソフトに関連付けされてしまうケースが良くあり、
この関連付けを元に戻したい事があります。但し、Windows7の場合はファイルの関連付けの操作方法が
XPの場合と少し違うのです。
「.jpg」ファイルをすべて「ペイント」で開くように変更する方法について。

1. スタートメニューより「コントロールパネル」をクリック
2. 右上の表示が カテゴリ の場合はラジオボタンをクリックして大きいアイコンまたは小さいアイコンにする。
3. 「既定プログラム」-- 「既定のプログラムの設定」をクリック
f0070279_23262344.jpg

4. 「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け」をクリック
f0070279_23273495.jpg

5. 一覧より「.jpg」を選択し、「プログラムの変更」をクリックします
6. 「.jpg」ファイルを開くときに関連付けたいソフトを選択しOKをクリックして完了です。
   この場合は「ペイント」を指定します。
   指定したいソフトが表示されていない場合は、「参照」ボタンをクリックして指定します。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-26 23:31 | Windows7 | Comments(0)

デジタル放送が写らない

電気製品で、梅雨時になると発生するものに接点の接触不良がある。湿度の高い季節になると、接点に酸化
皮膜が出来て接触が悪くなるのが原因である。
テレビ放送のデジタル化まであと1年と啓蒙運動が盛んだが、その一方で従来のアナログ放送ではでなかった、
故障が出て来る。つまり、ある日突然デジタル放送が見えなくなり、画面には B-CAS カードを入れる様にと
指示が出る。アナログ放送の方は問題なく写っている。こんな時は、B-CAS カード?・・・で、パニック状態に
なり易いが、次の方法で簡単に修復出来る。
先ず、B-CAS カードは、機種にもよるが、本体の上部に収納場所がある。
f0070279_22473489.jpg

蓋の右の膨らんだ場所に指を当てて、蓋を上にあげると、カードが見える。
f0070279_22493560.jpg

テレビの電源を切ってから、このカードを指でつまんで引き上げて、接点が汚れていないか調べる。
接点が汚れている、ケース もある。下図の赤丸の処が接点なので不用意に触らない事。
f0070279_22541239.jpg

30秒ほどそのままにしてから、再度、カードを差し込み、電源を入れる。これで回復する筈である。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-25 22:58 | 家電 | Comments(1)

イメージファイルを Windows7 で書き込む

ubuntu の新しいバージョンをダウンロードしたが、ubuntu-ja-10.04-desktop-i386-20100512.iso
と言うCDのイメージファイルなのである。
以前にイメージファイルをCDに書き込むのに、Imgbarn を使った方法を上げたが、
Windows7 では、特別なツールなしで書き込むことが出来ると言う事なので試して見た。
先ず、書き込みたい、イメージファイルの上で右クリックし、プルダウンメニューの「プログラムから開く」から、
f0070279_042893.jpg

「Windows ディスクイメージ書き込みツール」をクリックする。
f0070279_093260.jpg

メディアをドライブに挿入して、「書き込み(B)」をクリックすれば良い訳である。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-15 00:12 | ソフト | Comments(0)

最近のパソコン事情

 1年ほど前に、パソコンの購入相談があった。丁度、秋には Windows7 が発売になると言う事が判って
いたので、Windows7 にアップデート出来る機種を薦めた処、富士通の FMV EK/D50 を購入された。
昨年の暮れに、Windows7 にアップデートした。詳細は、こちら をご覧下さい。
 今年の初めに、別件で同様の相談があったので、CPU=Core2Duo RAM=4GB 程度を目安とする様に
薦めた処、富士通の FMV FE60 を購入された。共に一体型デスクトップである。
昨今のメーカー製デスクトップパソコンは、ほとんどが一体型になってしまっている。
仕様は、先のEK/D50 の場合、当初OSが VISTA だった程度で殆ど同じだった。
FMV FE60
 OS:Windows7 Homepremium 32bit
ディスプレイ:20インチワイド型
 CPU:Core 2 Duo P8700
HDD:500GB
 RAM:DDR3/4GB
 ドライブ:スーパーマルチ
 無線LAN: 11n、b、g
 Microsoft Office 2007
f0070279_2310434.jpg

 今年の6月になって、又別件のパソコンの更新相談があったので、一緒に見に行ったが、2010年春型は、
ラップトップ型がデスクトップ型に迫る仕様になっていた。今回は、FMV NF/G70 に決定した。
 FMV NF/G70
 OS:Windows7 Homepremium 32bit(64bitのリカバリディスクが付属している)
ディスプレイ:15.6インチワイド型LEDバックライト
 CPU:Intel i5 430M
HDD:500GB
 RAM:DDR3/4GB
 ドライブ:Blue-rayスーパーマルチ
 無線LAN: 11n、b、g
 Microsoft Office 2007
 USB3、esata、IEEE1394
 映像出力:Dsub15pin、HDMI
 キーボードに、テンキーが付属
となかなかのものである。無線LAN内蔵なので、無線ルータを備えれば、インターネットや最近のプリンター
ならコードレスで使う事が出来る。
一般に最近のメーカー製のパソコンのOSは、64bit を使っているが、この機種では、それぞれを選択出来る
ので大変有り難いと感じた。
f0070279_23183475.jpg

今まで、VAIO のデスクトップを使っておられたが、ほとんど違和感なく使えていると言う事である。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-11 23:22 | ハード・ウエア | Comments(0)

Windows7 システム修復ディスク

Windows 7 で重大なエラーが発生した場合に備えて システム回復オプション という機能が用意されている。
この機能が利用できないほど重大なエラーが発生したり、あるいはメーカー製 PC でシステム回復オプション
が利用できないようになっている場合に備えて、システム修復ディスクを作成しておいた方が良い。
1.[コントロール パネル]-[システムとメンテナンス]-[バックアップと復元] を開く。
f0070279_11343747.jpg

2.左側の窓で、[システム修復ディスクの作成] をクリックし、
3.DVD-R のメディアを挿入して、画面下の「ディスクの作成」をクリックすると修復ディスクが作成される。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-10 11:39 | Windows7 | Comments(0)

古いパソコンをリカバリーしたが起動しない

2001年製の Sony Vaio PCV-LX33/BP デスクトップパソコンである。WindowsXP の初期製品だが、
最近、起動時に英文のメッセージが出て、F1を押さないと起動しなくなっていた。
そこで、リカバリーディスクを使ってリカバリーし、アプリケーションのリカバリーが済んでも、再起動すると、
F1を押さないと継続して呉れない。Windows のアップデートをしていると、遂にシステムエラーが出て、
全く起動しなくなってしまった。
これは、HDDの故障かと見当を付けて、同じ容量の別のHDDに換装した。この型のマシンの換装方法に
ついては、http://www.bunkai.jp/index.html を参考にした。
その上で、出荷時の状態にリカバリーして、WindowsXP SP2 も入れ、Office も入れて使う事が出来て
いる。
そこで、取り外したHDD Maxtor 80GB を別のデスクトップマシンに接続して、CrystalDiskInfo を使って
調べて見た結果が下図である。明らかに「異常」警告が出ているので、このHDDは引退させざるを得ない。
f0070279_0305524.jpg

次に、現在使用していない、別の HDD Maxtor 60GB も CrystalDiskInfo を使って調べて見た。
f0070279_142344.jpg

こちらは「注意」が出ており、代変処理セクターの数が随分増えているので、これも寿命が近いらしい。
[PR]
by pcog1212 | 2010-06-08 00:33 | ハード・ウエア | Comments(0)